キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??

徐晃




関羽のレベルアップ

 

三国志(演義)には様々な武器を使った武将が登場します。

例えば劉備(りゅうび)の義弟・関羽(かんう)は青龍偃月刀を使って劉備の敵をバタバタと倒しています。

また同じく劉備の義弟・張飛(ちょうひ)蛇矛(じゃぼう)を使用しています。

 

更に三国志正史・演義問わず、三国志最強の武将と呼ばれ

キングダムの主人公・信の子孫である李広(りこう)のあだ名「飛将軍」と呼ばれ、

三国志の時代に恐れられた呂布(りょふ)方天画戟を使っています。

 

この三人は某アクションゲームのキャラクターとなっていますが、

そのゲームの中でもふたりは青龍偃月刀と蛇矛を使って敵兵を倒しています。

このゲームには魏の名将と呼ばれる徐晃(じょこう)も登場しますが、

徐晃はゲームに登場するような武器を使っていたのでしょうか。

今回は三国志演義正史三国志を元に調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!

関連記事:徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将

 

 

某アクションゲームで使っている徐晃の武器とは!?

徐晃の武器

 

某ゲームで徐晃が使っている武器とは一体何なのでしょうか??

この某アクションゲームに登場する徐晃は大きな斧と書いて、大斧(おおおの)を使っています。

この大斧見た目はカッコいいのですがちょっと使いにくそうな感じがるのはレンだけでしょうか。

 

レンはこのアクションゲームをいくつかやっているのですが、

徐晃を実際に使ってみたことがあるんですが、イマイチ強そうに感じませんでした。

さて某ゲームで使われている徐晃の武器を紹介した所で、

三国志演義正史三国志でも徐晃は大斧を使って敵兵を打ち倒しているのでしょうか。

 

 

三国志演義の徐晃は大斧を使っていた!!

徐晃と許褚

 

まずは三国志演義の徐晃がどのような武器を使っていたのか紹介したいと思います。

三国志演義の徐晃はみなさん驚くなかれ、

某アクションゲームに登場する徐晃が使っている大斧を使っているのです。

という事は某アクションゲームで徐晃が使っている大斧は

三国志演義から引用されている可能性が高いかもしれません

 

もしかしたら三国志演義の徐晃は樊城の戦いで関平(かんぺい)関羽と一騎打ちをしていますが、

自分の得意な武器・大斧で一騎打ちをしていたかもしれませんね。

では正史三国志の徐晃は三国志演義のように大斧を使って敵兵をなぎ倒していたのでしょうか。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

正史三国志の徐晃の武器は大斧だった!?

徐晃と夏侯淵

 

三国志演義の徐晃は大斧を愛用の武器として戦場で使用していたそうです。

では正史三国志に登場する徐晃は三国志演義のように大斧を使用していたのでしょうか。

正史三国志魏書の徐晃伝を調べてみると武器に関する記載はされていませんでした。

そのため徐晃の愛用の武器は大斧ではなかった可能性が高いかもしれません

 

また正史三国志の徐晃は一騎打ちで敵将を討ち取ったり、

多くの敵兵をなぎ倒すような武勇一辺倒な人物ではありませんでした。

徐晃は悪く言えば臆病者の部類に入るかもしれません。

正史三国志でも徐晃は

「慎重な性格で負けた場合のことも常に考慮して戦っていた」

と記されています。

 

しかし徐晃はただの臆病者の将軍ではなく、

勝利が目前となっている戦いやチャンスに敏感な将だったそうです。

一例として、徐晃は勝利が近い戦いとなれば

寝ることも食事を取ることも部下や兵士へ禁止して敵兵に猛攻撃を仕掛けたそうです。

 

このことから勇猛果敢な将軍で前線で敵兵を打ち倒すことを得意と言うよりも

慎重でありながら、期を見るに敏感な将軍だったと言得るでしょう。

そして正史三国志の徐晃は三国志演義や某アクションゲームの徐晃とは

全然違う性格を持っていたと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

歴史の面白い所は断定できる部分が少ないことです。

上記で正史三国志の徐晃伝に大斧を使っていたと記載がないと記しましたが、

徐晃が大斧を使っていない可能性はゼロではありません。

 

もしかしたら正史三国志でも徐晃が大斧を使って戦場で大暴れしている可能性もあるので、

一概に徐晃が大斧を使っていないと言えないないとこが歴史の面白さと言えるのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

関連記事:徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  2. 賈詡(賈ク) 賈詡は歴史を陰から操る天才である!世界史上稀にいるタイプだよね
  3. 周瑜と孫策 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  4. 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  5. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由
  6. 夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  7. 袁紹 もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる…
  8. 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 父・関羽とともに亡くなる関平
  3. 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉)
  4. 尹夫人 曹操
  5. 韓信と劉邦
  6. 荊州争奪戦

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年11月6日〜11日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  3. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 夷陵の戦いで戦死した将軍や主要人物は誰なの?分かりやすく解説 夷陵の戦いで負ける劉備
  5. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  6. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法 大声を出す張飛

三國志雑学

  1. 生徒に勉強を教える盧植
  2. 苛ついている曹操
  3. 魏曹操と魏軍と呉軍
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  4. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  5. 曹丕

おすすめ記事

狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解説 晋の陳寿 キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い 五虎大将軍の趙雲 趙雲が最強イケメンだった3つの理由 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ 生徒に勉強を教える盧植 読書嫌いの劉備が学んだ盧植先生!クラスメイトは誰だったの? 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人 始皇帝 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP