ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説

鮮卑賊




鮮卑族

 

中国の歴史を学んでいると

必ず異民族の存在にぶち当たります。

犬戎(けんじゅう)北狄(ほくてき)匈奴(きょうど)などなど、

挙げればきりがないほどです。

 

その中でも特に有名なのは

五胡と称される

匈奴・(けつ)、・鮮卑(せんぴ)(てい)(きょう)といった

5つの異民族なのではないでしょうか。

 

今回はその中でも

鮮卑族に焦点を当てて

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

 

鮮卑族のルーツ

鮮卑族のルーツ

 

鮮卑族といえば中国北東部に

陣取っていた異民族という

印象を持っている人が多いと思います。

しかし、大昔から鮮卑族がその地に

存在していたというわけではありません

 

春秋戦国時代から秦代、

その場所には東胡(とうこ)

呼ばれる異民族が住んでいました。

 

東胡は秦の始皇帝

中華統一を成し遂げた頃に

全盛期を迎えます。

 

ちょうどその頃

お隣の異民族・匈奴では

単于(ぜんう)と呼ばれる首領が息子の冒頓(ぼくとつ)に殺されて

代替わりするというハプニングが勃発。

 

単于になりたての冒頓に対し、

東胡の首領は

「お前のパパの愛馬くれ!」と要求。

なんと冒頓単于はその要求をすんなり受け入れ、

千里を走るという馬を送ってきたのでした。

 

「コイツ、俺のことが怖いのかも…!」

そう思った北胡の首領は

「お前の嫁のうちの1人をくれ!」と要求。

またもすんなり

嫁を送ってくる冒頓単于。

 

北胡の首領はますます調子に乗って

今度は西の匈奴の領地に侵入して

「この千里四方の土地、今日から俺のだから!」と宣言。

 

これもスルーするかと思われた冒頓単于ですが、

「土地は絶対にダメェ!」とブチギレ。

匈奴の軍勢は北胡に猛然と襲い掛かり、

あっという間に北胡を

討ち滅ぼしてしまったのでした。

 

このとき命からがら逃げ延びた

北胡の生き残りが

烏桓(うがん)族や鮮卑族になったと伝えられています。

 

 

くっついては離れて…を繰り返す

袁術のもとを華麗に去る呂布

 

鮮卑族はしばらくの間

匈奴にくっついていたのですが、

漢との争いで匈奴の力が衰えてくると

今度は漢王朝にくっつくようになりました。

おそらく祖先の失敗に学んだのでしょう…。

 

鮮卑族の首領である大人(たいじん)

わざわざ洛陽の都に足を運んで貢物を献上し、

王として認めてもらうことによって

安定した地位を手に入れることに成功します。

 

そして、

漢王朝の手となり足となり、

烏桓や南匈奴を討伐。

鮮卑族は朝廷から

絶大な信頼を得るようになったのでした

 

ところがこの鮮卑族、

困ったことに度々漢の領内に侵入して

太守を殺すという事件を起こします。

 

なついてきたかと思ったら牙を剥く…。

そんな気まぐれな鮮卑族に

漢王朝は悩まされ続けたのでした。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

かつての匈奴を思わせるほど強大に

かつての匈奴を思わせるほど強大に

 

後漢時代にもなると

鮮卑族の勢いはますます強大になり、

かつての匈奴と同じか

それ以上の力を持つようになりました。

 

漢王朝は鮮卑族が

後顧の憂いになりそうだということで

討伐軍を送りますが、

鮮卑族の強大な軍事力を前に手も足も出ず…。

 

仕方が無く懐柔策として

鮮卑族に王位を与えて飼いならそうとするのですが、

これには鮮卑族の大人もブチギレ。

もうお前たちに飼いならされるような俺たちじゃねぇ!

といった具合に火が付いた鮮卑族の略奪行為は

ますます凄まじいものになってしまったのでした。

 

再び漢民族に朝貢するが…

曹操

 

勢力を拡大した鮮卑族でしたが、

人口が増えすぎたために

食い扶持が足りなくなってしまった上、

優秀な大人が死亡。

 

勢いが衰えてしまった鮮卑族は

後漢末期に至って

再び漢王朝への朝貢を開始します

 

しかし、相変わらず自由な鮮卑族の皆さん。

曹操(そうそう)に従って敵を討ち取ったかと思えば、

今度は曹操に背いて烏桓の見方をしてみるなどして

曹操を困らせます。

 

しかし、

曹丕(そうひ)が魏の文帝として即位した頃には

鮮卑族の中で内部分裂が起こり、

魏のことなどそっちのけで争いを繰り広げていた模様…。

しばらくの間

魏には平和が訪れます。

 

ところが、

曹叡(そうえい)が明帝として即位した頃に

内部分裂していたはずの

鮮卑族の2つの勢力が突然仲直りし、

魏に攻め入ってきます。

 

魏軍はすぐさまこの反乱を鎮圧。

以後しばらく

鮮卑族は大人しくなったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

恭しくすり寄ってきたかと思えば

突然殴ってきて

「あっかんべぇ!」をしてくる鮮卑族…。

 

なんとも扱いにくい

困った子どものような存在の彼らですが、

それが彼らの考えた

民族として生き残る方法だったのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?

関連記事:公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 多様化が進む蜀の国 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  2. 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  3. 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用し…
  4. 司馬懿 ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  5. 孔明 まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  6. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハ…
  7. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  8. 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 九品官人法を作った陳羣
  2. 郭嘉
  3. キングダム53巻
  4. 陸遜の部下の兵士
  5. 戦で功績をあげる王渾
  6. 近藤勇と関羽
  7. 于吉
  8. 亡くなる卑弥呼
  9. 孫権 弔い出陣
  10. 黄巾賊を撃退する太史慈

おすすめ記事

  1. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す 袁術君
  2. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 呂蒙の死因は?ホラー映画のような死を遂げた呉の偉人を考察 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  4. 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 孔明による出師の表
  6. 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女 鄒氏

三國志雑学

  1. 徐晃と許チョ
  2. 孟達からの手紙を開封する劉封
  3. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  4. 孫権
  5. 張遼・楽進・李典


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 西遊記
  3. 曹植は軟弱ではなかった
  4. 黒船(ミシシッピ号)
  5. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権
  6. キングダム
  7. おんな城主 直虎

おすすめ記事

鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何? 韓信と劉邦 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男 藏覇(臧覇)と孫権 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ 真田丸 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP