はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?

南蛮




烏桓族

 

中国の歴史を語る上で

欠かせないのが異民族の存在です。

彼らは漢民族の事情などお構いなし。

突然嵐のようにやってきては

国内を荒らしまわる迷惑な奴らと考えられていました。

 

このように迷惑な存在として語られる民族は

匈奴(きょうど)などに代表されるように

北方の異民族であることが多いのですが、

実は中国には南方にもちょっと困った異民族がいたのだとか…?

 

今回は中国の南にいたという異民族をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか

関連記事:【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者

 

 

北と南で異なる異民族模様

北と南で異なる異民族模様

(漢の時代の中国領土:国境線はいい加減です)

 

現代の中国の地図を見ると

北にはモンゴル高原、

西にはゴビ砂漠やタクラマカン砂漠が広がり、

南にはチベット高原とヒマラヤ山脈、

そしてヒマラヤ山脈の東の裾野には

ジャングルが広がっていることがわかります。

 

北方や西方は

農耕に適さない寒くて乾燥した地域であったため、

その地域に住む異民族たちは

狩猟や遊牧をすることによって生計を立てていました。

 

ところが、

狩猟や遊牧は農耕に比べると

食料を安定して供給することができません。

そのため、北方や西方に暮らす異民族は

食糧不足に度々悩まされることになります。

 

その結果、

北方や西方の異民族は

中国国内に侵入して略奪することを

繰り返していたというわけです。

 

それに比べ、南方の異民族は

比較的豊かな環境で過ごしていたために

わざわざ中国国内に食料を

掻っ攫いに出かける必要はありませんでした。

 

漢民族と同じように農耕牧畜に励みながら、

更に自然に実る果実なども大量に採集できたわけですから、

もしかすると食料面では中原よりも恵まれていたかもしれません。

 

しかし、

『三国志』では北方の異民族と同様に

煩わしい奴らとして描かれている南方の異民族。

彼らはなぜ

漢民族にとって鬱陶しい存在だったのでしょうか?

 

 

山越に手を焼いた呉

山越に手を焼いた呉

 

呉の孫策(そんさく)は亡き父の後を継いで

若くして孫家の頭首となったのですが、

彼はなかなかの野心家でした。

 

孫策は密かに中原進出を目論んでいたのですが、

まずは力を蓄えようと

その当時誰も目を向けていなかった

江東地方に目を付けます。

 

孫策は破竹の勢いで

江東地方を平定していったのですが、

そのときに立ちはだかったのが

山越(さんえつ)族という異民族でした。

 

江東地方といえば

今ではすっかり中国の一部になっていますが、

その当時はまだ完全に漢民族のもの

というわけではなかったのです。

 

突然襲ってきて居場所を奪った

孫氏に対する山越族の恨みはなかなか消えず、

孫策が死んで孫権(そんけん)の代になってしばらく経っても

山越族による反乱は後を絶ちませんでした。

 

しかし、反乱はいずれも呉軍によって鎮圧され、

山越族は徐々に漢民族と同化していったようです

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

西南夷の反乱を鎮圧した蜀

西南夷の反乱を鎮圧した蜀と孔明

劉備(りゅうび)が死んで劉禅(りゅうぜん)が皇帝に即位すると、

それまで従っていた西南の異民族と

その周辺の太守たちが

蜀に対して反乱を起こしました。

 

夜郎自大(やろうじだい)」なんていう

言葉を生んだ経歴のある

西南夷(せいなんい)と呼ばれる彼らは

やっぱり若造の劉禅に従うのは

気に食わなかったのでしょう。

 

諸葛亮(しょかつりょう)はすぐさまこれに対応したかったのですが、

まずは夷陵の戦いのために不安定になっていた

呉との関係修復に努めます。

 

しかし、蜀が呉と関係修復をしている間に

反乱軍には予想外の邪魔が入り、

更に内部分裂が勃発。

 

諸葛亮はこの混乱に乗じて

うまいこと戦を有利に進め、

反乱軍の首領とも言える存在である孟獲(もうかく)七縦七禽(しちしょうしちきん)

西南夷を心から蜀に従わせることに

成功したのでした

 

あれ?むしろ迷惑を被っていたのは…?

南蛮族

 

歴史に登場すると

「全く南の奴らったら困っちゃうよ…」

という調子で描かれている南の異民族ですが、

ちょっと「ん…?」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

むしろ、南の異民族は

いきなり押し掛けてきた漢民族に

「お前ら俺に従え!」

と言われて押さえつけられてきたわけですから、

迷惑を被っていたのは漢民族ではなく

南の異民族の方だったと考えるべきでしょう

 

そんな彼らが反乱を起こすというのは

至極当然のことですよね。

しかし、中国の歴史のほとんどは

漢民族の手によって描かれていますから、

南の異民族の心境なんて知ったこっちゃないですし、

反乱なんてただの迷惑行為でしかなかったというわけです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

誰もが心の中で大なり小なり

自分が1番優れていると思っているもの。

その思いが誇大になったものが

「漢民族は世界一イイイイ!」という

中華思想だと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

この思想は北の異民族の脅威に対抗すべく

培われたものだとも言われているようですが、

もしそうだとしたら

南の異民族は北の異民族のせいでとんだとばっちりを

受けたということになりはしないでしょうか…?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 魯粛 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの??
  2. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  3. 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ
  4. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  5. 唐周(とうしゅう) 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  6. 旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図
  7. 董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?
  8. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 姜維

おすすめ記事

  1. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  2. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  3. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか? 真田丸
  4. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  5. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  6. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人

三國志雑学

  1. 劉備 呂布 肉取り合い
  2. 曹操と夏侯惇
  3. 徐庶
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 三国志平話
  4. キングダム53巻

おすすめ記事

霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 西郷隆盛 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP