呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

孟獲

諸葛孔明

 

人気欲しさのメディアのヤラセが後を絶たない昨今ですが、

三国志の世界でも、新たなヤラセが発覚して波紋を広げています。

 

それが、あの孔明の南蛮征伐が孔明(こうめい)孟獲(もうかく)

ヤラセだったという演義ファンを裏切るような事実です。

三国志を扱う、はじさんでは、このようなスキャンダルをうやむやに

してはならずと、総力をあげて追及しました。

 

経歴詐称?実は漢族の血が入っていた孟獲

孟獲

 

三国志演義では、ヒゲボーボー胸毛もじゃもじゃの元祖ワイルドで

南蛮の雰囲気を独り占めする孟獲、自らをキングオブ南蛮と呼ぶ

彼ですが、実は純粋な異民族とは嘘であり漢族との混血である

という事実が明らかになりました。

 

それは、西暦355年に東晋の常璩(じょうきょ)が書いた

益州の風土について紹介した華陽国志の南中志に登場します。

 

建寧郡(けんねいぐん)滇池(てんち)県(雲南省昆明市)に産まれた

孟獲は、どうやらタイ族と漢族の混血であるようです。

しかも、演義とは違い南蛮の王でもなく普通の役人であった模様で、

すでに体臭がキツイ半裸のムキムキ男のイメージはありません。

幻滅です、悪役プロレスラーが実は礼儀正しいのを見てしまった時の

ような激しい幻滅を感じます、知りたくなかった(泣)

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

孟獲は実はインテリだった!!

孔明 司馬懿 役職

 

演義では、横暴な筋肉馬鹿で諦めが悪いという癒し系の孟獲、、

しかし、実際の彼は、かなりのインテリで諦めがいいという

衝撃の事実が発覚しました。

 

話によると、西暦225年頃、劉備が死んだ蜀を見限り、

呉の孫権について益州刺史の雍闓(ようがい)が反乱を起しました。

ところが、雍闓は煽動が下手らしく、味方が集まりません。

そこで雍闓に味方した孟獲が、益州の庶民にこう言いました。

 

「お偉い方は、お前達に、高さ9メートルの木材を

3千枚出せと言ってる、お前達にそれが出来ようか?」

 

実は南蛮では、木は真っ直ぐ伸びず、曲がりくねります。

ですから、6m真っ直ぐの材木さえ珍しいのです。

 

それを聴いた益州の民は、これは蜀は無理難題を自分達に

押し付けようとしていると思い、こぞって雍闓に味方しました。

 

どうでしょう?どこが脳筋なの?と思う位に頭が切れる

じゃあないですか!!

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

孟獲、孔明に捕まりあっさり敗北を認める???

諸葛孔明019

 

演義の孟獲と言えば、何度孔明に捕まっても負け惜しみを言い、

ついに7回捕まるまで負けを認めないど根性ガエルです。

 

しかし、華陽国志によると、現実はまるで違います。

反乱を起した雍闓を討伐すべく、孔明が兵を進めると、

益州でも内紛が起きて雍闓が高定(こうてい)に殺害されます。

 

その時、高定は、自分が王にならず孟獲を王に据えます。

ところが、孔明は孟獲が王になったと知ると高額な懸賞金を掛け

孟獲をあっさり捕えてしまうのです。

 

孔明は孟獲を連れて自分の陣営を見せて孟獲の感想を聴きました。

 

孟獲「知らなかったのが残念です、公はたやすく勝利なさるでしょう」

 

なんと、孟獲、あっさりと自分は孔明には勝てないと認めてしまうのです。

何て潔いんだ孟獲、7回どころか1回でKOなんて・・

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?…
  3. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  4. 王莽 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  5. 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介
  6. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  7. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  8. 曹操が遺言で見せた女性への愛情

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐晃と許チョ
  2. 司馬懿
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 幻の1940年の東京五輪 いだてん

おすすめ記事

  1. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  2. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは? 赤壁の戦いで敗北する曹操
  3. 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!? 張遼・楽進・李典
  4. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 董卓
  5. 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 明智光秀 麒麟がくる
  6. 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

三國志雑学

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 雷怖くない 能ある劉備
  3. 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 司馬朗と司馬防
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 西遊記 孫悟空

おすすめ記事

信陵君 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 合肥の戦いの満寵 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!? はじめての三国志からのお知らせ バナー 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 ヨイショをする曹操 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 陳寿(晋) 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP