孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛孔明

 

人気欲しさのメディアのヤラセが後を絶たない昨今ですが、

三国志の世界でも、新たなヤラセが発覚して波紋を広げています。

 

それが、あの孔明の南蛮征伐が孔明(こうめい)孟獲(もうかく)

ヤラセだったという演義ファンを裏切るような事実です。

三国志を扱う、はじさんでは、このようなスキャンダルをうやむやに

してはならずと、総力をあげて追及しました。


経歴詐称?実は漢族の血が入っていた孟獲

孟獲

 

三国志演義では、ヒゲボーボー胸毛もじゃもじゃの元祖ワイルドで

南蛮の雰囲気を独り占めする孟獲、自らをキングオブ南蛮と呼ぶ

彼ですが、実は純粋な異民族とは嘘であり漢族との混血である

という事実が明らかになりました。

 

それは、西暦355年に東晋の常璩(じょうきょ)が書いた

益州の風土について紹介した華陽国志の南中志に登場します。

 

建寧郡(けんねいぐん)滇池(てんち)県(雲南省昆明市)に産まれた

孟獲は、どうやらタイ族と漢族の混血であるようです。

しかも、演義とは違い南蛮の王でもなく普通の役人であった模様で、

すでに体臭がキツイ半裸のムキムキ男のイメージはありません。

幻滅です、悪役プロレスラーが実は礼儀正しいのを見てしまった時の

ような激しい幻滅を感じます、知りたくなかった(泣)

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介


孟獲は実はインテリだった!!

孟獲キャッチコピー

 

演義では、横暴な筋肉馬鹿で諦めが悪いという癒し系の孟獲、、

しかし、実際の彼は、かなりのインテリで諦めがいいという

衝撃の事実が発覚しました。

 

話によると、西暦225年頃、劉備が死んだ蜀を見限り、

呉の孫権について益州刺史の雍闓(ようがい)が反乱を起しました。

ところが、雍闓は煽動が下手らしく、味方が集まりません。

そこで雍闓に味方した孟獲が、益州の庶民にこう言いました。

 

「お偉い方は、お前達に、高さ9メートルの木材を

3千枚出せと言ってる、お前達にそれが出来ようか?」

 

実は南蛮では、木は真っ直ぐ伸びず、曲がりくねります。

ですから、6m真っ直ぐの材木さえ珍しいのです。

 

それを聴いた益州の民は、これは蜀は無理難題を自分達に

押し付けようとしていると思い、こぞって雍闓に味方しました。

 

どうでしょう?どこが脳筋なの?と思う位に頭が切れる

じゃあないですか!!

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった


孟獲、孔明に捕まりあっさり敗北を認める???

諸葛孔明019

 

演義の孟獲と言えば、何度孔明に捕まっても負け惜しみを言い、

ついに7回捕まるまで負けを認めないど根性ガエルです。

 

しかし、華陽国志によると、現実はまるで違います。

反乱を起した雍闓を討伐すべく、孔明が兵を進めると、

益州でも内紛が起きて雍闓が高定(こうてい)に殺害されます。

 

その時、高定は、自分が王にならず孟獲を王に据えます。

ところが、孔明は孟獲が王になったと知ると高額な懸賞金を掛け

孟獲をあっさり捕えてしまうのです。

 

孔明は孟獲を連れて自分の陣営を見せて孟獲の感想を聴きました。

 

孟獲「知らなかったのが残念です、公はたやすく勝利なさるでしょう」

 

なんと、孟獲、あっさりと自分は孔明には勝てないと認めてしまうのです。

何て潔いんだ孟獲、7回どころか1回でKOなんて・・

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 亡くなる黄忠
  2. 土安(南蛮族)
  3. 賈詡
  4. 荀攸
  5. 魯粛

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP