ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?

燃える本能寺


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)のイメージは本能寺の変の以前と後で大きく異なります。

本能寺で首尾よく主君信長を討った鮮やかな手際を見せながら討ち取った後はなんだかぼんやりグズグズとしており、

味方も集まらない間に羽柴秀吉(はしばひでよし)に敗れてしまい三日天下に終わったイメージがあるからです。

でも、本当に光秀は信長を討った後、急にボンクラになったのでしょうか?

 

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 


 

本能寺の変とは?

本能寺の変とは?

 

本能寺の変は1582年6月2日の未明に起こりました。

明智光秀は中国地方の毛利輝元(もうりてるもと)を攻めるために亀山城から出雲・伯耆(ほうき)(いずれも現在の島根県)に向かうはずでした。

光秀は京都の沓掛で、休息をとります。近くの神社で大吉が出るまでくじを引きました。

大河ドラマなどでは光秀が「敵は本能寺にあり」と叫ぶシーンがあり、あたかも実際にあったかのように伝えられています。

しかし、実際、光秀は「敵は本能寺にあり」と言っていません。

江戸時代の『明智軍記』に書かれた内容で俗説ですが、誤って実際にあったと伝えられたと考えられます。

光秀の軍が本能寺を包囲すると、信長を襲います。

信長は森蘭丸(もりらんまる)から明智の軍勢と見受けられるという報告を受けると、是非に及ばずという言葉を残して、本能寺に火を放ち自害しました。

この記録は太田牛一(おおたぎゅういち)が当時本能寺にいた女中らに話を聞いて、『信長公記』にまとめました。

 


 

想定外の山崎の戦い

 

明智光秀は本能寺の変の後に起こった山崎の戦いで豊臣秀吉に負けました。三日天下といわれています。

光秀は本能寺の変の後についてどのようにシミュレーションをしていたのでしょうか。ここでは、明智光秀にとって山崎の戦いの想定外の

内容について取り上げます。

 

明智光秀は本能寺の変で信長を自害に追い込むと、安土城を占領しました。安土城に火を放ち落城したといわれています。

光秀は細川忠興と筒井順慶らに味方につくように書状を送りました。細川忠興については娘の玉(後の細川ガラシャ)が嫁いでいることから

味方になってくれるだろうという期待があったと考えられます。

大和国の筒井順慶についても味方になってくれるだろうと期待していたと考えられます。

しかし、細川忠興は父幽斎ともに光秀の軍に従わないことを決めました。筒井順慶らも光秀に賛同しませんでした。

賛同しなかった要因として、主君を裏切ったということが心証を悪くしたと考えられます。

細川藤孝(ほそかわふじたか)

 

本能寺の変後、ぼんやりしているように見える光秀のイメージは実際には、味方につく筈の大名たちが日和見し

急によそよそしくなった事に対する光秀の打つ手無しの焦燥感が産みだしたものなのです。

 

おまけに光秀が半月以上は掛かると楽観していた毛利攻めの最中の豊臣秀吉は信長の仇を討つとして備中(現在の岡山県)の高松城から

わずか2日間で京に引き返しました。この秀吉の引き返しのことを中国大返しと呼んでいます。

大河ドラマなどでは、マラソンやトライアスロンのように走りながら給水または食事を摂っているシーンを思い出す人がいると思います。

山崎で秀吉の軍と光秀の軍が衝突します。この戦いのことを山崎の戦いといいます。

秀吉による中国大返しと光秀に兵が集まらなかったことにより、山崎の戦いは秀吉の軍が勝利しました。

この戦いの場所が天王山であったことから、この天下分け目の戦いのことを「天王山」と呼ぶようになりました。

現代でも野球やサッカーの試合で優勝を決める重要な戦いのことを「天王山」という言葉を使うことがあります。

 

明智光秀三日天下のイメージは光秀が信長を討った後、なーにも考えていないのではなく味方がそっぽを向いた事、そして常識外れの速さで

舞い戻った秀吉というイレギュラーで不幸にも演出されたものだったと言えます。

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は本能寺の変と山崎の戦いについて取り上げました。山崎の戦いで豊臣秀吉が勝利すると、秀吉は天下統一に向けて動きます。

秀吉の死後、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利家康は江戸幕府を開き、約260年続く長期政権となりました。

風雲児信長、天下人秀吉、三百年の太平を築いた徳川家康、この3人に挟まれると僅か三日天下の明智光秀は、なおさらぼんやりイメージが

際立ってしまいますね。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 上杉謙信 武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い!
  2. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…
  3. 北条早雲 北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの?
  4. 織田信長 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  5. 真田丸 「真田丸」の明智光秀と「麒麟がくる」の明智光秀の違いとは?
  6. 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺…
  7. 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  8. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 華雄と呂布
  3. 徐庶をゲットする曹操
  4. 亡くなる卑弥呼
  5. 唐周(とうしゅう)黄巾賊
  6. 孔明と司馬懿
  7. 2つの持論を展開する費禕

おすすめ記事

  1. 【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの? タングート族
  2. キングダム最新599話合併号スペシャル「信の独り勝ちはヤバくない?」 キングダム54巻amazon
  3. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 孔明と姜維
  4. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月19日実施) 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  5. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 典韋にボコボコにされる成廉
  6. 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中!

三國志雑学

  1. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  2. 魯粛
  3. 李儒
  4. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽 3つの条件
  2. お互いに歌を交わす趙雲と劉備
  3. 曹植
  4. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  5. 李カク、献帝
  6. 三国志のモブ 反乱
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

おすすめ記事

宦官たち  十常侍ってなんぞや? 孔明 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 董卓 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか? 曹操にコテンパにされる袁紹 袁紹が負けた原因はオトモダチ軍閥だったから?官渡の戦いを考察 皇帝曹奐 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの? 徐庶 徐庶の生涯、後年でかなり評価された劉備最初の軍師 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました コーノヒロさん(はじめての三国志ライター) 【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測した未来とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP