三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?




劉禅

 

三国志の中でもダメ君主の代表格としてその名を挙げれば必ずトップ3に入る劉禅(りゅうぜん)

そんなダメ君主・劉禅の父は三国志の英雄として名高い劉備(りゅうび)で多くの名言を残した人物です。

劉備が英雄なんだからもしかしたらダメ君主と言われてバカにされている劉禅だってみんなが知らないだけすごい人物なのかもしれません。

そこで今回は劉禅の名言から彼が本当はダメ君主だったのか。

それともダメ君主と言われているのはただの風聞(ふうぶん)で、本当はすごい名君だったのか。

ちょっと探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!

関連記事:諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?

 

 

劉禅の名言から探ってみる!!

劉禅と董允

 

「政治は葛氏に任せる。私は祭祀を行おう」

この名言は正史三国志蜀書劉禅伝にある魏略(ぎりゃく)に書かれている劉禅の言葉です。

劉禅は諸葛亮(しょかつりょう)丞相(じょうしょう)に任命した際に諸葛亮へ述べた言葉です。

劉禅の言葉の中でも名言と呼べる部類の言葉だと言えるでしょう(正史三国志劉禅伝にはほとんど劉禅の言葉が載っていないため)。

今回はこの劉禅の名言から彼の事を探ってみたいと思います。

 

 

斉の桓公ばりの名君だった劉禅!?

斉の桓公ばりの名君だった劉禅!?

 

ここでちょっと劉禅の話から逸れますがご容赦ください。

みなさんは(せい)桓公(かんこう)という君主をご存知でしょうか。

この人物は三国志よりももっと前の時代に登場した中国古代の国・斉を治めた人です。

桓公が君臨した斉の国はあまり強くない国でしたが、ある人物に国政を任せた事で国を大きく拡大することに成功。

桓公が起用したある人物とは管仲(かんちゅう)です。

 

管仲は桓公から宰相として起用されると政治改革を次々に行っていき国力増加に成功し、斉の国が中華の覇者として君臨するほどの

大きな国へと成長することになるのです(詳しい話はいずれその内)。

ついでにこの管仲ですが、三国時代の名宰相として名高い諸葛亮が目標とした人物の内の一人です。

すいません話が長々と続いてしまいましたが、どうしてレンは桓公と管仲の話を出したのか。

それにはしっかりと理由があります。

それは劉禅が桓公ばりの名君であることを強調したかったからです。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

国政を全て諸葛亮に預けた名君主・劉禅

国政を全て諸葛亮に預けた名君主・劉禅

 

劉禅は劉備の跡を継いで皇帝の位に即位した時、自らは政治のなんたるかを知りませんでした。

そのため劉禅は皇帝に即位すると諸葛亮を丞相の位へ任命。

その後劉禅は諸葛亮へ

「政治は葛氏(諸葛亮の事)に任せるよ。僕は政治が分からないから祭祀(皇帝の先祖達を祀る事)をやるよ」と言って諸葛亮に国政を任せてしまいます。

普通の君主であれば劉禅のようなやり方は絶対にしません。

なぜしないのか。

 

それは家臣が国政の全てを取り仕切ってしまうと全ての権力を自分に集めることができ、君主を追放して自分の国を建てることができるからです。

他にも自分に権力を集める事によって政治をやりたい放題することができるからです。

このため国政を家臣へ任せっきりにすると国が衰弱したり滅んでしまったりしてしまいます。

このように大きな弊害を生んでしまうので普通の君主は家臣に国政の全てを任せてしまうようなことをしないのです。

 

しかし劉禅は自己診断を行い、政治を行うことができない事を知っていたため諸葛亮に国政の全てを委ねて任せてしまうのです。

劉禅の決断はかなり思い切ったやり方ですが、この決断のおかげで蜀の国は国力を高めることに成功するのです。

まさに名君・桓公が管仲に国政の全てを任せたやり方と同じ方法を取ったと言え、劉禅が桓公に匹敵するほどの名君と呼べるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉禅の幼少期は阿斗(あと)と呼ばれていましたが、成長してダメ君主となってしまったため、どうしようもない人物=阿斗

後世に残ってしまうほどの人でした。

そんな劉禅ですが、諸葛亮死後も有能な人材である蒋琬らに政治を委ねることで国政を衰弱させることなく、

蜀の国を大国・魏から守っていくことに成功しています。

これらの事から劉禅は古の名君主・桓公と同じ決断ができ、名君であった証左と言えると思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書・魏略等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

関連記事:劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  2. ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  3. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  4. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…
  6. 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご…
  7. 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった
  8. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓
  2. 海賊時代の孫堅と孫策

おすすめ記事

  1. 三国夢幻演義 龍の少年 第4話「地獄の淵で」配信日が決定しました
  2. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  3. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  4. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  5. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  6. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる! 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる! 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 孫権の妻たちは意外と知られてない? 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった? 【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  2. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話
  3. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  4. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  5. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  6. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  7. 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP