三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?

この記事の所要時間: 230




劉禅

 

三国志の中でもダメ君主の代表格としてその名を挙げれば必ずトップ3に入る劉禅(りゅうぜん)

そんなダメ君主・劉禅の父は三国志の英雄として名高い劉備(りゅうび)で多くの名言を残した人物です。

劉備が英雄なんだからもしかしたらダメ君主と言われてバカにされている劉禅だってみんなが知らないだけすごい人物なのかもしれません。

そこで今回は劉禅の名言から彼が本当はダメ君主だったのか。

それともダメ君主と言われているのはただの風聞(ふうぶん)で、本当はすごい名君だったのか。

ちょっと探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!

関連記事:諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?

 

 

劉禅の名言から探ってみる!!

劉禅と董允

 

「政治は葛氏に任せる。私は祭祀を行おう」

この名言は正史三国志蜀書劉禅伝にある魏略(ぎりゃく)に書かれている劉禅の言葉です。

劉禅は諸葛亮(しょかつりょう)丞相(じょうしょう)に任命した際に諸葛亮へ述べた言葉です。

劉禅の言葉の中でも名言と呼べる部類の言葉だと言えるでしょう(正史三国志劉禅伝にはほとんど劉禅の言葉が載っていないため)。

今回はこの劉禅の名言から彼の事を探ってみたいと思います。

 

 

斉の桓公ばりの名君だった劉禅!?

斉の桓公ばりの名君だった劉禅!?

 

ここでちょっと劉禅の話から逸れますがご容赦ください。

みなさんは(せい)桓公(かんこう)という君主をご存知でしょうか。

この人物は三国志よりももっと前の時代に登場した中国古代の国・斉を治めた人です。

桓公が君臨した斉の国はあまり強くない国でしたが、ある人物に国政を任せた事で国を大きく拡大することに成功。

桓公が起用したある人物とは管仲(かんちゅう)です。

 

管仲は桓公から宰相として起用されると政治改革を次々に行っていき国力増加に成功し、斉の国が中華の覇者として君臨するほどの

大きな国へと成長することになるのです(詳しい話はいずれその内)。

ついでにこの管仲ですが、三国時代の名宰相として名高い諸葛亮が目標とした人物の内の一人です。

すいません話が長々と続いてしまいましたが、どうしてレンは桓公と管仲の話を出したのか。

それにはしっかりと理由があります。

それは劉禅が桓公ばりの名君であることを強調したかったからです。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

国政を全て諸葛亮に預けた名君主・劉禅

国政を全て諸葛亮に預けた名君主・劉禅

 

劉禅は劉備の跡を継いで皇帝の位に即位した時、自らは政治のなんたるかを知りませんでした。

そのため劉禅は皇帝に即位すると諸葛亮を丞相の位へ任命。

その後劉禅は諸葛亮へ

「政治は葛氏(諸葛亮の事)に任せるよ。僕は政治が分からないから祭祀(皇帝の先祖達を祀る事)をやるよ」と言って諸葛亮に国政を任せてしまいます。

普通の君主であれば劉禅のようなやり方は絶対にしません。

なぜしないのか。

 

それは家臣が国政の全てを取り仕切ってしまうと全ての権力を自分に集めることができ、君主を追放して自分の国を建てることができるからです。

他にも自分に権力を集める事によって政治をやりたい放題することができるからです。

このため国政を家臣へ任せっきりにすると国が衰弱したり滅んでしまったりしてしまいます。

このように大きな弊害を生んでしまうので普通の君主は家臣に国政の全てを任せてしまうようなことをしないのです。

 

しかし劉禅は自己診断を行い、政治を行うことができない事を知っていたため諸葛亮に国政の全てを委ねて任せてしまうのです。

劉禅の決断はかなり思い切ったやり方ですが、この決断のおかげで蜀の国は国力を高めることに成功するのです。

まさに名君・桓公が管仲に国政の全てを任せたやり方と同じ方法を取ったと言え、劉禅が桓公に匹敵するほどの名君と呼べるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉禅の幼少期は阿斗(あと)と呼ばれていましたが、成長してダメ君主となってしまったため、どうしようもない人物=阿斗

後世に残ってしまうほどの人でした。

そんな劉禅ですが、諸葛亮死後も有能な人材である蒋琬らに政治を委ねることで国政を衰弱させることなく、

蜀の国を大国・魏から守っていくことに成功しています。

これらの事から劉禅は古の名君主・桓公と同じ決断ができ、名君であった証左と言えると思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書・魏略等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

関連記事:劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  2. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  3. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  4. 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件
  5. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  6. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  7. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  8. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  2. 『三国志演義』の諸葛亮像は明代の英雄を模してつくられた!?
  3. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  4. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  6. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽はお金の神様?風水における関羽像について 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 kawausoって、何者? まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう) 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!? はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?

おすすめ記事

  1. 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  4. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  6. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介
  7. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  8. 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP