三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

読者の声

読者の声(2018年11月6日〜11日)

この記事の所要時間: 434




 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。

いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

今回は、はじ三編集部に届いた読者の声をご紹介します。

(集計期間:2018年11月6日〜11日)

 

この記事の目次

読者の声 紹介

 

以下はこれまでに寄せられた皆様のご意見・ご感想です。

40代女性
 ドラマを見ていて不明な点が出てきたら見ています

kawauso編集長

有難う御座います。

三国志をドラマで楽しみ、疑問点をはじ三で確認する。

ファンの皆様のお役に立てるサイトを目指し続けます。


30代男性

小学生の頃にKoeiの三国志ゲームに出会い、横山漫画、小説三国志と推移し現在に至っております。

はじめての三国志で初めて知った事も多々あり、非常に良いサイトだと思っております。

また、自分とは違う解釈や分析などが面白く読ませて頂いています。


kawauso編集長

私も三国志はゲームから入った人間です。

ゲームのように自由な解釈で好きなように楽しめる

はじめての三国志でありたいと思います。


30代女性

武将たちの日常を生活を知りたいです。

武将たちは長屋みたいなところに住んでいた、と 初めての三国志で知りましたが、

戦のないときも長屋に住んでいたのでしょうか。

お気に入り武将は長屋に住んでいて、そうでもない人はどこかから通ってきたのでしょうか。

 

 


kawauso編集長

ご質問有難う御座います。

秦から唐の時代までは、中国の役人は中央から地方まで役所に泊まり込みであったようです。

しかし、いつまでも缶詰には出来ないので、5日に1回、髪を洗うという名目で休暇がありました。

これを洗沐(せんもく)と言っています。

ただ、当時からブラック上役はいたようで、僅か5日に1日の休暇も与えなかったり、

貧しい下級役人は、自分の休暇をお金持ちの仲間に売って、

シラミだらけの頭で勤務したりしていたのだそうです。

 


女性20代

文章がわかりやすい。 親しみやすく、読みやすい。

また、長過ぎず完結で、たくさんの記事を飽きずに読める。


kawauso編集長

お褒め頂き有難う御座います。

敷居が高いと言われがちな三国志を読みやすく分かりやすくをモットーに

今後も記事を更新し続けます。


40代男性
内容だが、楽しい(呉除く) 

りくそん

えーーーーっ!!どうして呉だけ楽しくないんですか・・

まさか、いつも威張っている公瑾先輩や酒乱の殿のせいですか(泣)


40代男性
まだこのサイトを見つけたばかりで出来れば、スムーズに前の方の記事も読みたい 

kawauso編集長

はじめての三国志に興味を持って頂き有難う御座います。

現在、はじめての三国志のデータベースには4000以上の記事が蓄積されていて、

なかなか全ての記事をリンクで網羅できない状態ですが、

ピンポイントに読みたい記事に繋げられるようなシステムの構築を模索中です。


30代女性

三国演義好きな人は理屈っぽく話が終わらないという悪印象を持っていましたが、

忌憚なくざっくりわかりやすくまとめられていて、記事ひとつひとつがとても読みやすいです。


そうそう

いるな、そういうウンチクばかりでまとまらないヤツ・・

なんでもそうじゃが、一つの事を5分以内で説明できんと

わしの部下としては採用せん。


40代男性

個人的な要望で大変恐縮ですがー もしよければ いつか、官職と将軍の詳しい解説を見てみたいです

たとえばー 三国志時代で、九品官制や孫呉の官職で 上公の大司馬、大将軍と、下位である三公の太尉が並立した場合、

それぞれの職務職責はどのように分担されるのか?

3官職が並立した場合、だれが軍政.統帥軍令を担当して責任を負うのか?

大司馬や大将軍で加官録尚書事兼帯の場合は、軍政.統帥軍令は太尉が一括して担当するのか?…とか

大将軍(軍政に限らず政治全般)驃騎将軍(元は驃騎兵の統率?)車騎将軍(元は車騎兵の統率?)は由来や職責が何となく解るのですが

衛将軍の由来職責がわからず難儀していて『衛』の文字から察するに禁軍の光禄勲.衛尉.執金吾を隷下に指揮統率する官職かなー?

それとも別の由来職責があるのか?…とか

三公九卿制と九品官制で、九卿と前後左右将軍には、幕府開府権はあるのか? 開府権はどの官職以上から付与されるのか?

2千石以上?三品官以上?それとも朝議に参与できる資格がある官職だけなのかな?

(確か九卿は幕府を開けたよーな… 昭烈帝劉備は、左将軍府と行?大司馬府の両方の幕府を開府してたよーな… 遥かかなた昔の記憶で曖昧、…汗)

漢書百巻公卿表訳注や正史三国志の官職付録をざざっと斜め読みして(すっ飛ばし過ぎて答えを見落としていると思いますが)あまり要領を得なくて

気になってます

もし、機会があればお願いします


kawauso編集長

長文のご意見を有難う御座います。

三国志の時代は、後漢の時代の職制を受け継いだ国もあれば、

政権の性質や君主との関係性によって適宜に変化している場合もあり、

一概に、こうとは言えないのが難しい所です。

ですが、面白い話であるので、ちゃんと集中的に取り上げてみたいと思います。

すぐとは言えませんので、気長に待って頂けると幸いです。

 

おわりに

 

以上「はじめての三国志の読者アンケート」の声に感謝です!

1人1人の声が励みになります。

読者アンケートに回答して頂いた方に感謝しつつ、頂いた要望や感想をもとに

はじめての三国志に反映させていただきます。

 

今後ともはじめての三国志をよろしくお願いします。

 

また次週も皆様の声を紹介させていただきます。

よろしければ、読者アンケートにご協力のほどお願いします。

 

【読者アンケートのお願い】
読者アンケートの願い

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 読者の声(9月30日〜10月6日)
  2. 読者の声(2018年11月29日〜12月4日)
  3. 読者の声(2018年10月22日〜27日)
  4. 読者の声(2018年9月22日〜29日)
  5. 読者の声(2018年9月1日〜21日)
  6. 読者の声(10月14日~10月21日)
  7. 読者の声(2018年11月12日〜18日)
  8. 読者の声(2018年12月5日〜12月14日)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 異議ありと叫ぶ司馬懿

おすすめ記事

  1. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  2. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう
  3. 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう 明智光秀 麒麟がくる
  4. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  5. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  6. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 横井小楠

おすすめ記事

赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ? 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明 涙なしには語れない桃園の結義

おすすめ記事

  1. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  2. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  3. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  4. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  5. 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?
  6. 阿部正弘は本当にイケメン?本当の事を教えます!
  7. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち
  8. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP