三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札




董卓

 

董卓(とうたく)鋳潰(いつぶ)してしまった事で有名な五銖銭(ごしゅせん)、実は紀元前118年から西暦621年まで739年、歴代王朝で使われ続けてきた

中国史上最も長期間発行されつづけた貨幣でした。

では、この五銖銭、一体、どんな目的で鋳造されたのでしょうか?

物々交換を脱して、円滑な商業活動を促進する為?実は、理由はそればかりではなく、漢帝国の都合による部分が多かったようです。

11月の特集「三国志とお金」は五銖銭が発行された本当の目的について紹介します。

 

※今回の記事は五銖銭の発行にまつわる説の一つです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!

 

 

五銖銭鋳造の目的は?

五銖銭鋳造の目的

 

五銖銭鋳造の最大の目的は、漢帝国の税収の安定の為でした。

では、どうして五銖銭の鋳造が税収の安定に繋がるのでしょうか?

 

それは、農作物を物納するような経済だと、その年の作物の出来不出来により税収が大きく変化してしまうからです。

豊作なら良いのですが、不作の場合には出来のよくない農作物が出回る事になりそれが事実上、漢帝国の税収を目減りさせたのです。

 

しかし、五銖銭によって税金を取るようになれば、金属貨幣は改鋳(かいちゅう)したり、流通量を激増させない限りは、ほぼ価値は一定という事になります。

逆に、庶民は凶作や豊作で穀物価格が下落しても、これを売って五銖銭に代えないと税金が支払えないので、

市場の影響をもろに受ける事になりました。

五銖銭による納税は、国家に有利で庶民にとっては不利だったのです。

 

 

帝国に流通する280億枚の五銖銭

帝国に流通する280億枚の五銖銭

 

前漢の末期の財政によると、当時の中国では280億銭という五銖銭が流通していました。

しかし、その中で五銖銭による徴収対象の総額は92億銭にもなりました。

およそ、3分の1の五銖銭が税金として国庫に戻ってきていた事になります。

こうして見ると、五銖銭の第一の機能は市場を円滑にして貨幣経済を発展させるより一定額の税金を毎年徴収するという意味合いが

強い事が分かります。

 

実際、漢帝国においては、貨幣に相当するものとして、穀物や塩、絹や帛、銀、黄金というようなモノも流通していました。

当時の漢帝国全体の経済規模だと銅銭が1000億枚ほど存在しないと経済が回らないからで、280億枚ではとても間に合わず、

それを補う形で補助貨幣としての穀物や塩、絹や帛、銀、黄金があったのです。

 

ですが、穀物や絹や帛は金属である五銖銭より品質の劣化が早く、絹や帛は使う分だけを切ったり裂いたりするものですから、

使う度に価値が下がります。

逆に黄金や銀は永久不変の価値がありますが、希少であり広く流通しない事そして、高価すぎて、納税に使うには不向きでした。

そのような事から、漢帝国は納税については、価値が変わりにくくまとまった量がある銅で出来た五銖銭による納税を庶民に求めたのです。

 

※もっとも、漢の時代は前後で400年あるので、後漢の時代になると、五銖銭が徴税の為の貨幣から市場通貨へと性質が変化した可能性はあります。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

少額貨幣も高額貨幣もない五銖銭

ローマコイン Wikipedia

(画像:ローマコインWikipedia)

 

前後漢帝国が繁栄している間、大陸の西でもローマ帝国が栄えていました。

こちらも貨幣経済に移行していて、主な貨幣としては、アウレウス(金貨)、デナリウス(銀貨)、セステルティウス(青銅貨)、

デュポンディウス(青銅貨)アス(銅貨)という複数の金属貨幣が発行されていました。

 

複数の貨幣が発行されている理由は、説明不要かとは思いますが、多様な金額の支払いに対応する為でした。

日本で言えば、チロルチョコ1個を買うのに、1万円札を出すような事は、両替目的でない限りは、普通あり得ないのと同じです。

 

ところが五銖銭は、税金を徴収するのに都合が良いという名目で鋳造されたのでたった一種類の五銖銭しかありませんでした。

これは、現在で言えば買い物をするのに、100円硬貨しか使えない事になります。

100円通貨しか使えない状態で3万円の買い物をするとすると、100円を300枚用意しないといけません。

 

100円玉の重さは、4・8グラムなので300枚だと1・4キロになります。

財布への収納は、まず無理でしょうね。

もちろん、後漢から三国時代にかけても庶民は大口の買い物をする時には大量の五銖銭を紐に通して持ち歩いていました。

納税には使えても、買い物には割合不便というのが五銖銭だったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

五銖銭が納税の為に鋳造されたというのは意外な事実ではないでしょうか?

てっきり、商業を円滑化させる為に鋳造されたと思っていましたが、調べてみると意外な歴史があるものなのですね。

 

参考文献:後漢 ・ 三 国時代貨幣史研究古代 か ら中世へ の 展開等  山田 勝芳

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?

関連記事:金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった!

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  2. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  3. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  4. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  5. 郭嘉を採用する曹操 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  6. 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明
  7. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  8. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  4. 周瑜くやしい 呉
  5. 親バカな諸葛孔明

おすすめ記事

  1. 涙なしには語れない桃園の結義 桃園の誓012
  2. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  3. 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?
  4. キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー
  5. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 孟嘗君
  6. 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 周瑜はナルシスト

三國志雑学

  1. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  2. 桃園兄弟
  3. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 甘寧 ゆるキャラ 三国志
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 冒頓単于と劉邦
  4. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した

おすすめ記事

劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2 魏延の謀反を察する孫権 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP