黄巾賊




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

この記事の所要時間: 248




bba00438dd7a3f5054c1d78da908ba5d_m

 

2012年12月に成立した第2次安倍内閣は、それまで15年にわたって続いてきたデフレからの脱却を目指す経済政策アベノミクスを掲げ、

その名は連日新聞の紙面を賑わせています。

 

三国時代の中国はハイパーインフレ状態にありました。

その元凶をつくったのは、あの董卓(とうたく)でした。




最古の王朝、殷(いん)の時代から貨幣は存在してた

殷の時代 紙幣

 

中国における貨幣経済は、その実在が確認されている最古の王朝、殷(いん)の時代……

紀元前17世紀にはすでに成立していましたが、当時貨幣として使われていたのは貝殻でした(貝貨)。

 

紀元前700年代以降、春秋戦国時代になると青銅による鋳造貨幣が作られるようになり、貨幣経済は大きく発展しました。

紀元前118年、前漢の武帝の時代に発行された五銖銭(ごしゅせん)は唐の時代に廃止されるまで700年以上の間流通した、中国史上最も長く使われた貨幣です。

 

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?




五銖銭(ごしゅせん)って何?

五銖銭

五銖銭(ごしゅせん)は中国の古代に流通した貨幣。

五銖銭は、それまで鋤や包丁のような形など、大きさ、重さもまちまちだった貨幣ではなく、

円形で中央に正方形の穴を開けた環銭(かんせん)と呼ばれる貨幣で、その寸法・重量・金属配合が厳密に決められていました。

 

189年、政権を掌握した董卓(とうたく)は、五銖銭の改鋳を命じ、従来の五銖銭を削って小型化したものを発行します。

この五銖銭は『董卓五銖銭』と呼ばれ、薄くて軽く、水に浮いてしまう程の粗悪なシロモノだったと言われています。

 

なぜ、董卓がこのような貨幣の改悪を行ったの?

董卓紙幣

 

背景には、董卓が実権を握った当時の後漢王朝の財政状態がありました。

かねてから続いていた財政の悪化に加え、黄巾の乱以降も戦乱が重なり、国家財政はほとんど破綻してしまっていたのです。

 

根っからの軍人であり、政治経済に関する資質に欠けていた董卓は、安直な方法でこの状況を打開しようとしました。

つまり、「金が無いなら作ればいい」と考えたのです。

 

既存の五銖銭を削って鋳造しなおしたのは、五銖銭の原材料である青銅の、

当時最大の産地であった漢中との交通路を、益州の牧(長官)であった劉焉(りゅうえん)が遮断していたことも影響したかもしれません。

 

結果として『董卓五銖銭』は貨幣としての信用を完全に失い、貨幣経済自体が破綻。

物価は恐ろしい程の上昇を見せ、『董卓五銖銭』は穴に紐を通して棒状にまとめたもので取り引きされるようになったと言うことです。

 

関連記事:劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

 

董卓の愚策・後の三国時代にも影響を及ぼす

董卓戦上手なの?

 

董卓の愚策によって起こった貨幣経済の破綻は、三国時代を通じて影響し続けます。

魏・呉・蜀はそれぞれに貨幣経済の立てなおし策を打ち立てましたが、その再建には長い時間がかかりました。

 

その中でも、蜀は良質な銅山を国内に持ち、比較的安定した貨幣の鋳造が行えたようです、

もし、董卓によって中央の貨幣経済が破綻させられていなければ、蜀の貨幣はもっと高い価値を得られたかもしれません。

 

そうなっていれば、歴史の流れに大きな影響を与えたことは確かです。

 

 

関連記事:菫卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓

関連記事:菫卓を変貌させた権力と武官差別

関連記事:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

呂布と董卓の最強タッグ

 

関連記事:菫卓を守った最強のボディーガード呂布

 

呂布 あっけない 最後

 

よく読まれてる記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

 

董卓&呂布

 

よく読まれてる記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  2. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…
  3. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  4. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  5. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…
  6. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  7. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  2. 90話:張任によって龐統討たれる
  3. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  4. よかミカンって、何者?
  5. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  6. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介

おすすめ記事

  1. 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!
  2. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士
  3. 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?
  4. 三国志演義の「卵」登場シーンとピータン豆腐の作り方
  5. 大久保利通紀尾井坂の変は自業自得?斬奸状に記された暗殺の理由
  6. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  7. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  8. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP