ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先

袁家をイジメる董卓


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

お金

 

11月のはじめての三国志は、kawausoが「三国志とお金」と題してお金をテーマに色々語ります。

第一回は、三国志の時代と通貨、有名な五銖銭(ごしゅせん)董卓(とうたく)の改鋳により粗悪になり後漢末期の経済が大混乱した事は以前の記事でも書きましたが、

では、それにより当時の庶民は、どうやって生活物資を買うようになったのでしょう?

そして、董卓の改鋳を免れた良質の五銖銭はその後どうなったのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略

関連記事:規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

 


 

衝撃董卓の改鋳以前から悪貨は増大していた

衝撃董卓の改鋳以前から悪貨は増大していた

 

後漢の末期、董卓の改鋳以前の庶民はどんな貨幣を使っていたのでしょうか?

それを端的に表す遺物が1981年に北京で発見されました。

後漢末の陶罐(とうかん) に入れられた重さ100キログラムの窖蔵銭(こうぞうせん)が出土したのです。

※窖蔵というのは、戦乱などを免れる為に、銭貨を甕に入れて穴倉などに入れておく事を言います。

 

さて、この100キログラムの窖蔵銭を分析しますと、後漢後期の純正の五銖銭は20%、剪輪五銖銭(せんりんごしゅせん)が50%、綖環五銖銭(えんかんごしゅせん)が30%でした。

ちなみに、剪輪五銖銭は、五銖銭の外側を削ったもので、綖環五銖銭は五銖銭の内側を削ったものを意味します。

※綖環五銖銭はそのまま流通する事は少なく、新しく五銖銭を鋳造する原材料として使用されました。

 

こちらの窖蔵銭は100キログラムに過ぎず、当時の富豪が埋めたにしては、少なすぎる事から、貧民とまではいかなくても、

都市生活を送っていた普通の庶民が埋めたものだと考えられています。

つまり、当時の中国の市場では純正の五銖銭は全体の20%しかなく大半は五銖銭を削って水増しした悪貨だったのです。

 

董卓が五銖銭を改鋳する以前からすでに悪貨が増えていた事がここから明らかになりました。

 


 

粗雑な董卓小銭が流通し、貨幣経済が崩壊に

粗雑な董卓小銭が流通し、貨幣経済が崩壊

 

こうして、良銭が少なくなっている所に追い打ちをかけたのが董卓でした。

後漢書董卓伝によると、

 

「悉く銅人鐘虡を椎破し及び五銖銭を壊す。

更めて鋳て小銭と為し大きさ五分文章無く肉好輪郭無く磨鑢 せず是において貨軽にして物貴く穀一斛(いっこく) 数十万に至 る 。

是より後銭貨 行されず」

 

翻訳してみると、

銅人(どうじん)(銅で造られた巨人像)や鐘虡(しょうりょ)(同じく銅で造られた獣の像)と純正の五銖銭を鋳つぶしてこれを小銭にした。

大きさは五分、文字は刻まれず、薄っぺらで輪郭も彫らず、研磨もしなかった。

このせいで貨幣の価値は暴落し、物価は暴騰し穀物一石で数十万銭に至る。

以後、貨幣は鋳造される事がなかった。

こんな風な意味になります。

 

董卓は、ちゃんとした五銖銭を鋳つぶしてゴミみたいな貨幣を造ったんですね、そりゃあ、経済は大混乱するでしょう。

この為に、董卓五銖銭は単体では無価値になり、庶民は五銖銭を100枚紐で括り、それで買い物をするようになります。

同時に貨幣ばかりでなく、絹や帛、あるいは穀物のような現物が以前以上に多用されるようになりました。

 

実際、曹丕(そうひ)曹洪(そうこう)に借金を申し込む逸話では、曹丕が絹を借りようとしています。

三国時代の(きょ)で出土した窖蔵銭では、すでに後漢時代の純正の五銖銭は2・55%で三国時代のモノを含めても良貨は僅か4%しかなく、

残り96%は、董卓小銭も混じる悪貨でした。

 

魏では通貨の絶対量が減少していましたが、銅不足でいかんともしがたく、荀悦(じゅんえつ)

「これを(たっと)ぶもこれを廃するもやむを得ず、なんぞ憂えんや」と言い鋳造作業を投げだしてしまいました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの


 

純正五銖銭は退蔵されて消えていった

純正五銖銭は退蔵されて消えていった

 

悪貨は良貨を駆逐(くちく)するという言葉がありますが、三国志の時代にも同じ事が起きました。

つまり、悪貨については、物価が暴騰(ぼうとう)する一方で純正の五銖銭は価値が高まったのです。

これにより純正五銖銭は、貨幣であると同時に財物の性質を帯びるようになり、純正五銖銭を持つ富豪は、これを使わないで退蔵し

価値がさらに上がるのを待つようになり、ますます市場からは純正五銖銭が消えていき、悪貨が増えるという悪循環が発生していくのです。


  

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

記録によると、西暦263年と280年、帝都洛陽では銭ブームが起きています。

その理由はとりもなおさず、蜀と呉の滅亡でそれらの帝国が所蔵する銅銭と貨幣鋳造設備が曹魏、続いて西晋にもたらされた為でした。

それぞれの時期にもたらされた貨幣は恩賞として王侯貴族にバラまかれ、これにより貨幣の贈答合戦が起きて銭ブームに繋がったのです。

もっとも、呉と蜀でも銭不足は変わらず、多少良貨が増えた所でそれが、社会に還元されて貨幣経済が復活する程ではありませんでした。

 

精々、洛陽周辺の王侯貴族によるブームで終わり、そしてそんな銭からも富豪により良貨は()り抜きされて退蔵され、

庶民は粗悪な銭を使うしかない状態は変わらなかったようです。

 

参考文献:後漢 ・ 三 国時代貨幣史研究古代 か ら中世へ の 展開 山田 勝芳

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  2. 五虎大将軍の黄忠 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いて…
  3. 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  4. 撃剣を使う曹丕 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  5. 袁術 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  6. 陸遜 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  7. 馬超の兜にフォーカス 馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍…
  8. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布VS劉備三兄弟
  2. 張良と始皇帝
  3. 孫権と張昭
  4. 徐庶をゲットする曹操
  5. 張魯の漢中王に反対する閻圃
  6. 過労死する諸葛孔明
  7. 劉備を警戒する王粲
  8. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  2. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった? 呉の孫権は皇帝
  3. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード
  4. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  5. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  6. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 諸葛瑾

三國志雑学

  1. 結婚を喜ぶ孫策
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 太史慈
  4. 姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  2. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  3. 解煩督 呉
  4. 亡くなる周瑜
  5. 孫策軍をコテンパンにする陳登軍
  6. 劉備
  7. 年を取った司馬懿

おすすめ記事

はじめての三国志からのお知らせ バナー 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志! 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介! 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家 秦の旗を掲げる兵士 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 【明智光秀 vs 豊臣秀吉】山崎の戦いのゆかりの地をめぐる キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP