キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)





長安

 

三国志の時代にも市場というものがありました。

そこでは、様々なお店がジャンルごとに区分けされて軒を連ねていて、

お金さえあれば、様々なサービスを受ける事が出来ました。

そこで、今回の「三国志とお金」では、当時の市場にはどんな店があったのか?

何が食べられたのかを紹介致します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

関連記事:名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?

 

 

列肆ごとに区画整理された市

居酒屋

 

中国の都市は、その設計段階から市場を組み込んでいました。

その伝統は戦国時代まで遡るようで、前漢の都長安には九市が存在していたらしい事が張衡(ちょうこう)西京賦(さいきょうふ)や漢書の編纂者、班固(はんこ)の記録に出てきます。

もちろん、長安に九市があったのは、長安がとりわけ大きな都市だったからですが、県や郷のような最小の行政単位だと少なくとも一つ、

郡なら東西二つの市があるのが普通だったようです。

この市は、列肆(れっし)と呼ばれ占い師、肉屋、衣服、魚屋、棺桶屋、酒屋、食堂のような商店が、十字の通りを挟んでジャンル別に軒を連ねていました。

つまり、一つの通りは、全て同じジャンルの店が並んでいた事になり、これは現在の中国の商店街でも見かける事が出来ます。

 

 

市場の食堂ではどんな物が食べられたの?

膾

 

では、当時の市場の食堂では何が食べられたのでしょうか?

前漢の武帝期に戦わされた世界最初の経済論争である塩鉄論(えんてつろん)には、

人々の外食を嘆く儒者の言葉として以下のような市場の料理の記述が並びます。

 

1豚肉と(にら)と玉子の炒め物

2犬の薄切り肉と馬のスープ

(あぶ)った魚と入り肝

4羊の漬け肉と鶏肉の塩辛

馬乳酒(ばにゅうしゅ)

6羊の胃の煮干

7煮た子羊の肉と豆入り飴

8ひな鳥や(かり)のスープ

 

馬乳酒があるのは、これがシルクロードの玄関である長安だからでしょう。

羊の胃の煮干(ホルモン風味か?)や犬の薄切り肉は、ちょっと抵抗がありますがそれ以外は概ね、今の日本人でも食べられそうですし、

豚肉と韮と玉子の炒め物なんか、朝食にピッタリじゃあないですか?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

市場の品物の値段は幾ら?

五銖銭

 

では、そんな市場の物価はどの程度なのでしょうか?

下記のサイトを参考にしますと、以下の感じのようです。

 

酒屋の軽食30銭

雑酒   10銭

牛肉 一斤40銭

猪・羊 一斤20銭

占い費用 1回100銭

麻の靴一足30~40銭

シャツ一枚350~700銭

白米一石400銭

 

※引用サイトはこちらです。

WEB小説投稿サイトハーメルン

 

因みに、当時の最下級の役人の月給は600~400銭で当時の庶民の平均年収が6000銭くらいのようです。

それで考えると、最下級の役人や庶民でも月に一度位は酒屋で一杯飲んで何か食べて帰るくらいの事は出来そうですね。

もちろん、漢の時代を通して物価は変動してますし、大規模な遠征があったり、異常気象で農作物や家畜に被害が出ると、

物価は暴騰(ぼうとう)する事になるので、この限りではありません。

 

大儲けした外食業の商人達

大儲けした外食業の商人達

 

こうした、外食はかなりの繁盛をしたようです。

史記の記述によると、獣脂を商って大儲けした擁伯(ようはく)という人物や、調味料を商って千金を稼いだ張氏、羊の胃や肉ホルモンを担いで売って

財産を築いた濁氏(だくし)の事を記述しています。

つまり、当時、食事を家で済ますのではなく、外食で済ませる人が大勢いた事を史記は記しているのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

いかがだったでしょうか?

後漢の時代というと、ほとんどの人が自給自足だったようなイメージですが、実際には、市場が大きく発達しており、お金があるなら、

市場で買い物を済まし余った時間を自身の余暇や生産活動に宛てるような気風が見て取れますね。

三国志といえば、はじ三で全裸男として有名な禰衡(でいこう)も、仕官の為に許に来た時いつまでも有力者に面会しようとしないで、だらだら過ごしているので、

ある人が心配して、司馬朗(しばろう)陳羣(ちんぐん)を尋ねてはどうかと親切心で聞くと

(きょう)は私を()(豚の解体業者)や()(酒売り)の児輩(じはい)(小僧)に従わせようと言うのか?」と悪態をついた事が

魏志荀彧(ぎしじゅんいくでん)に引く平原禰衡伝(へいげんでいこうでん)に見えます。

 

これを素直に取ると、西暦196年頃の許にも精肉業や酒屋はちゃんと存在し、食堂や酒場も普通に存在していたのではないかと思いますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

関連記事:気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  3. 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは
  4. 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望
  5. 科挙の参考書に載った諸葛亮のヘタうま名文
  6. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  7. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  8. 呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の周瑜、孫策、程普
  2. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  2. 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀?
  3. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  5. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  6. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

三國志雑学

  1. 蜀の劉琦
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由 もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった? 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 反対する賈充 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  2. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  3. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!
  4. 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督
  5. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?
  6. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  7. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 西遊記
  8. 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 韓非の本を熟読して感銘を受ける政

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP