英雄の死因
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)





長安

 

三国志の時代にも市場というものがありました。

そこでは、様々なお店がジャンルごとに区分けされて軒を連ねていて、

お金さえあれば、様々なサービスを受ける事が出来ました。

そこで、今回の「三国志とお金」では、当時の市場にはどんな店があったのか?

何が食べられたのかを紹介致します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

関連記事:名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?

 

 

列肆ごとに区画整理された市

居酒屋

 

中国の都市は、その設計段階から市場を組み込んでいました。

その伝統は戦国時代まで遡るようで、前漢の都長安には九市が存在していたらしい事が張衡(ちょうこう)西京賦(さいきょうふ)や漢書の編纂者、班固(はんこ)の記録に出てきます。

もちろん、長安に九市があったのは、長安がとりわけ大きな都市だったからですが、県や郷のような最小の行政単位だと少なくとも一つ、

郡なら東西二つの市があるのが普通だったようです。

この市は、列肆(れっし)と呼ばれ占い師、肉屋、衣服、魚屋、棺桶屋、酒屋、食堂のような商店が、十字の通りを挟んでジャンル別に軒を連ねていました。

つまり、一つの通りは、全て同じジャンルの店が並んでいた事になり、これは現在の中国の商店街でも見かける事が出来ます。

 

 

市場の食堂ではどんな物が食べられたの?

膾

 

では、当時の市場の食堂では何が食べられたのでしょうか?

前漢の武帝期に戦わされた世界最初の経済論争である塩鉄論(えんてつろん)には、

人々の外食を嘆く儒者の言葉として以下のような市場の料理の記述が並びます。

 

1豚肉と(にら)と玉子の炒め物

2犬の薄切り肉と馬のスープ

(あぶ)った魚と入り肝

4羊の漬け肉と鶏肉の塩辛

馬乳酒(ばにゅうしゅ)

6羊の胃の煮干

7煮た子羊の肉と豆入り飴

8ひな鳥や(かり)のスープ

 

馬乳酒があるのは、これがシルクロードの玄関である長安だからでしょう。

羊の胃の煮干(ホルモン風味か?)や犬の薄切り肉は、ちょっと抵抗がありますがそれ以外は概ね、今の日本人でも食べられそうですし、

豚肉と韮と玉子の炒め物なんか、朝食にピッタリじゃあないですか?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

市場の品物の値段は幾ら?

五銖銭

 

では、そんな市場の物価はどの程度なのでしょうか?

下記のサイトを参考にしますと、以下の感じのようです。

 

酒屋の軽食30銭

雑酒   10銭

牛肉 一斤40銭

猪・羊 一斤20銭

占い費用 1回100銭

麻の靴一足30~40銭

シャツ一枚350~700銭

白米一石400銭

 

※引用サイトはこちらです。

WEB小説投稿サイトハーメルン

 

因みに、当時の最下級の役人の月給は600~400銭で当時の庶民の平均年収が6000銭くらいのようです。

それで考えると、最下級の役人や庶民でも月に一度位は酒屋で一杯飲んで何か食べて帰るくらいの事は出来そうですね。

もちろん、漢の時代を通して物価は変動してますし、大規模な遠征があったり、異常気象で農作物や家畜に被害が出ると、

物価は暴騰(ぼうとう)する事になるので、この限りではありません。

 

大儲けした外食業の商人達

大儲けした外食業の商人達

 

こうした、外食はかなりの繁盛をしたようです。

史記の記述によると、獣脂を商って大儲けした擁伯(ようはく)という人物や、調味料を商って千金を稼いだ張氏、羊の胃や肉ホルモンを担いで売って

財産を築いた濁氏(だくし)の事を記述しています。

つまり、当時、食事を家で済ますのではなく、外食で済ませる人が大勢いた事を史記は記しているのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

いかがだったでしょうか?

後漢の時代というと、ほとんどの人が自給自足だったようなイメージですが、実際には、市場が大きく発達しており、お金があるなら、

市場で買い物を済まし余った時間を自身の余暇や生産活動に宛てるような気風が見て取れますね。

三国志といえば、はじ三で全裸男として有名な禰衡(でいこう)も、仕官の為に許に来た時いつまでも有力者に面会しようとしないで、だらだら過ごしているので、

ある人が心配して、司馬朗(しばろう)陳羣(ちんぐん)を尋ねてはどうかと親切心で聞くと

(きょう)は私を()(豚の解体業者)や()(酒売り)の児輩(じはい)(小僧)に従わせようと言うのか?」と悪態をついた事が

魏志荀彧(ぎしじゅんいくでん)に引く平原禰衡伝(へいげんでいこうでん)に見えます。

 

これを素直に取ると、西暦196年頃の許にも精肉業や酒屋はちゃんと存在し、食堂や酒場も普通に存在していたのではないかと思いますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

関連記事:気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  2. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  3. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  4. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?
  5. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  6. 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの?
  7. 孫権に諫言する陸瑁 陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介
  8. 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  2. チャーチル
  3. 後宮にいる美女の階級事情

おすすめ記事

  1. 【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編
  2. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  3. 【三顧の礼】演義の諸葛亮は居留守を使って自分を高く売った!?
  4. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は?
  5. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  6. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー

三國志雑学

  1. 曹操と羊
  2. 李儒
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 奮闘する黄蓋
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  3. 東京五輪のボランティア いだてん

おすすめ記事

明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の墓はどこにある?2箇所ある明智光秀の墓へのアクセス方法 曹操 詩 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何? 司馬懿と魏延 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ) 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!? 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP