よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介

この記事の所要時間: 322




ハンバーガー

 

三国時代といえば、

今から千数百年も昔。

現代日本人が平安時代の日本語とは

違う日本語を話しているように、

現代中国人も

三国時代とは似て非なる言葉を話しています。

 

洋服も住居も習慣・習俗も

その当時のものとはかけ離れています。

時代が下れば

何もかも変わっていってしまうのは

仕方がないことですよね。

 

しかし、意外と変化が少ないものもあります。

それは食文化。

「おふくろの味」なんていう言葉があるように、

おいしいと思われるものだけは

なかなか変わらないのでしょう。

 

最近ではファストフードがよく食べられるようになり、

人々の健康を害しているだの

食文化が崩壊するだのと

専門家たちが警鐘を鳴らしていますが、

実はファストフードの代表選手・ハンバーガーだって

三国時代には既に中国で食べられていた

伝統ある料理かもしれませんよ…?

 

今回は、三国時代に既に食べられていたらしい

ハンバーガーの原型とも言える料理を

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部

 

 

三国時代のハンバーガーっぽいものとは…!?

呂布

 

ハンバーガーらしきものは

どこに載っているのかというと、

太平御覧(たいへいぎょらん)』に引かれている『英雄記』に

それらしき記述を見ることができます。

 

李叔節(りしゅくせつ)と弟とは先に進みて乗氏の城中に在り。

呂布(りょふ)(じょう)氏の城下に詣づ。

叔節城中()り出でて布に詣づるも、

先に進みて出づることを(がえん)ぜず。

(ため)に叔節数頭の肥牛を殺し、

数十石の酒を提げ、

万枚の胡餅(こべい)を作り、

先づ持って客を(いたわ)る。

 

李叔節とその弟の李進(りしん)は先に軍を進めて

乗氏(現代の山東省あたり)の城の中に入っていった。

すると呂布が乗氏の城下を訪ねてきた。

李叔節は城から出てきて呂布に挨拶をしたが、

先に進んで出ていくことを許さなかった。

呂布を引き留めるために李叔節は数頭の肥えた牛を殺し、

数十石の酒を用意して1万枚の胡餅(こべい)を作り、

とにかく一生懸命客をねぎらった。

 

…どこにハンバーガー?

そう思う人が多くても仕方がないでしょう。

実は、このエピソードに出てくる

「胡餅」こそがハンバーガーの

あの部分だと思われるのです…

 

 

霊帝が流行らせた胡餅

霊帝が流行らせた胡餅

 

「胡餅」とは何ぞや?

そう思った人は少なくないでしょう。

この「胡餅」というのは、

所謂パンです。

 

パンと言えば

私たちはふわふわのものを思い浮かべがちですが、

「胡餅」はパリパリとした食感の薄いパンです。

ゴマがたくさん振られた丸い形のナンのようなものを

想像すればわかりやすいのではないでしょうか。

 

「胡餅」といえば

一般的に唐代に西域からもたらされたという

イメージが強いようですが、

実は霊帝(れいてい)が好んで食べていたということで

後漢末期には胡餅ブームが巻き起こっていたのだそう

 

当時の胡餅ブームについては

『太平御覧』に引かれている

『続漢書』に見られるのですが、

「胡餅」なんて食べていたから

董卓(とうたく)が引き連れてきた胡兵によって

不幸が起こったなんて調子で書かれちゃってます。

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

当時の人は胡餅に牛肉を挟んで食べていた?

牛

 

平らで丸いパンなんて

ハンバーガーのバンズにピッタリですよね。

しかも、ゴマが振られていたわけですから、

イメージにピッタリ。

 

しかし、『太平御覧』の記述を見ても、

胡餅に牛肉を挟んで

食べていたかどうかは書かれていませんから、

呂布がハンバーガーのように

胡餅と牛肉を食べていたかどうかは

はっきりとはわかりません。

 

それでも、

胡餅はもちろん

あらゆるものに肉を挟んで

ハンバーガーのようにして食べるということは

現代中国でもよく見られる風景ですし、

中国にとって西域であるトルコには

ハンバーガーに似ているドネルケバブなんてものがありますから、

やっぱり呂布たちも

胡餅に牛を挟んでハンバーガーのようにして

食べていたと考えることができるのではないでしょうか?

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

ハンバーガーといえば

アメリカのイメージが強いですが、

欧米人がそのおいしさに気づく遥か昔から、

アジアの人たちは

ハンバーガーのおいしさを知っていたのかもしれません。

 

ただ、それをハンバーガーと

認識して食べていたかといえば

決してそうでは無かったでしょう。

 

それでも、時代に先駆けて

ハンバーガーを食べていたと考えられる

三国時代の人々は

まさに時代の最先端を行く

存在だったのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

 

【三国志をより深く知る】
はじめての三国志をより分かりやすく

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  2. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  3. ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  4. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  5. 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版
  6. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  7. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  8. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です!
  2. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  3. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  4. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  5. 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 五虎大将軍の馬超
  6. 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 考える諸葛亮孔明
  2. 羊コ 羊祜 魏と晋

おすすめ記事

51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学! 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 前原一誠は超がつく真面目人間だった! 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介

おすすめ記事

  1. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  2. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  3. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  4. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  5. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  7. 蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?
  8. 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP