呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった

羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜




陸抗

 

孫呉後期の名将としてその名を歴史に刻んだ・陸抗(りくこう)

妻は夏侯覇(かこうは)・義弟は司馬昭(しばしょう)と名将ぞろいの親族を持つ羊祜(ようこ)

この二人は孫呉と(しん)の敵対する勢力に仕えていましたが、領土を接することになります。

そしてこの二人が互いが治める地域に接した時、あることが無くなるのです。

それはいったい何が無くなったのでしょう。

またどうして無くなったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?

関連記事:孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

 

 

近隣に陸抗羊祜がいるとどうなったのか?

羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜

 

陸抗は荊州一帯を治める軍事都督として就任し、晋に対してにらみを利かせていました。

晋は荊州北部に羊祜を荊州都督に任命し、陸抗に対する備えに配置します。

こうして両者は荊州で対峙することになりますが、激しく戦争を行って領土を奪うような真似をしませんでした。

むしろ陸抗と羊祜が就任してから戦争が孫呉と晋の国境で発生せず平穏な日々が続いたそうです。

三国志(魏・呉・蜀)が鼎立してから蜀・魏国境や孫呉・魏の国境で戦が無かった事なんてほとんどありません(小競り合いを含む)。

しかし陸抗と羊祜がこの地に赴任してから、戦争を行うことをしないで平穏な日々が続くことになります。

どうして敵対している国同士なのに戦いが発生しなかったのでしょうか。

 

 

互いの実力が拮抗しているのを知っていたから

羊コ 羊祜 魏と晋

 

陸抗と羊祜はどうして戦うことをしなかったのでしょうか。

それは正史三国志呉書などの資料によれば、孫呉の陸抗も晋の羊祜もそれぞれ相手と変わらない実力を持っていると認識していたからだそうです。

そのため陸抗も羊祜も互いの領土へ攻撃を仕掛けることを一切禁じるのでした。

しかし両者は相手に負けない為にあることで競い合っていました。

二人はいったい何で競い合っていたのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

両者が競い合っていたのは徳

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

陸抗は晋の荊州都督である羊祜と実力が拮抗しているのを知っていたので戦争を仕掛けるような事をしませんでした。

しかし陸抗は羊祜に負けない為にあることで晋に優位に立とうと考え、実行に移します。

陸抗が考えたのは晋の領土よりも自分たちの領土の方が徳を持って治めている事を晋の領民へアピールすることでした。

 

陸抗は国境警備をしている自分の守備兵たちへ「領民はもっぱら徳をもって治めるべきだ、敵が力づくで領民にむごい統治をしているようであれば、俺たちは目先の利益を追求するのをやめて、相手よりも徳で勝ろうではないか」と命令。

陸抗は国境守備兵へ上記のように言っていますが、一体どのような事なのでしょうか。

上記の命令に関してこのエピソードが残っています。

 

孫呉と晋の国境地帯には漢水が流れているのですが、この流域で狩りを行った際、晋の兵士が先に獲物に傷を負わせた場合でもその獲物が孫呉の領土内へ入ってくれば、晋の兵士達へ獲物を返還するようにと命令を下します。

また晋の領土内から牛が孫呉の領土へ逃亡してきた時は、

必ず晋の領土へ牛を追い返すようにとの布令も出します。

 

このように陸抗は晋よりも孫呉の方が徳において勝っている事をアピールすることで自分と同じ実力の相手よりも勝っていることを証明する作戦を展開するのでした。

しかし羊祜も陸抗と同じような作戦を展開した為、両者の作戦も拮抗してしまいます。

そして陸抗と羊祜の作戦が拮抗した事で国境付近で戦が無くなり平穏な時間が生まれることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

また陸抗と羊祜は互いに親友同士でした。

二人にはこのような逸話が残っています。

陸抗が風邪をひくと羊祜が心配して薬を送ります。

陸抗は部下たちが「敵からの薬なんて飲まない方がいいですよ」と注意したにもかかわらず、彼らの注意を気にしないで羊祜からもらった薬を飲んでいます。

また陸抗も羊祜へ酒を送ったりしています。

羊祜も部下から「陸抗から送られた酒を飲むのをやめた方がいい」と注意されますが、彼も気にせず陸抗からもらった酒をガブガブ飲んで酔いしれたそうです。

このようにかなり稀有な親友関係を築いた陸抗と羊祜でした。

参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

関連記事:【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. パワハラをする張飛 どうして張飛は士大夫に卑屈なの?
  3. 雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  4. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!
  5. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  6. 周倉 周倉にはモデルとなった人物がいた!?漢の高祖・劉邦に関係が?
  7. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  8. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. 金栗四三の足袋 いだてん
  3. 秦明
  4. 曹操と張繍
  5. 美化された袁紹に羨む袁術
  6. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  7. 諸葛孔明
  8. 呂布のラストウォー 呂布
  9. 美女を集めた曹叡
  10. 五虎大将軍の馬超

おすすめ記事

  1. 明智光秀の性格はマジ○○だった!?裏切りや密会を好んだ男の性格分析 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  3. 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!? 幕末 魏呉蜀 書物
  4. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) カバ&関羽
  5. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 曹操50万の兵
  6. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?

三國志雑学

  1. ヘソにろうそくを刺される董卓
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 結婚を喜ぶ孫策


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  3. 顔良と関羽
  4. 劉備 結婚
  5. 織田信長
  6. 五虎大将軍の関羽

おすすめ記事

過労死する諸葛孔明 【有料記事】諸葛亮は陣中ではなく村で死んでいた 夏侯惇 夏候惇と言えば独眼竜? 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 はじめての三国志編集長 kawauso 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 キングダム 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? はじめての三国志 画像準備中 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 キングダム53巻 キングダム590話最新ネタバレ「攻めの偏重」レビュー 愛馬に乗る張遼 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP