キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった

羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜




陸抗

 

孫呉後期の名将としてその名を歴史に刻んだ・陸抗(りくこう)

妻は夏侯覇(かこうは)・義弟は司馬昭(しばしょう)と名将ぞろいの親族を持つ羊祜(ようこ)

この二人は孫呉と(しん)の敵対する勢力に仕えていましたが、領土を接することになります。

そしてこの二人が互いが治める地域に接した時、あることが無くなるのです。

それはいったい何が無くなったのでしょう。

またどうして無くなったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?

関連記事:孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

 

 

近隣に陸抗羊祜がいるとどうなったのか?

羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜

 

陸抗は荊州一帯を治める軍事都督として就任し、晋に対してにらみを利かせていました。

晋は荊州北部に羊祜を荊州都督に任命し、陸抗に対する備えに配置します。

こうして両者は荊州で対峙することになりますが、激しく戦争を行って領土を奪うような真似をしませんでした。

むしろ陸抗と羊祜が就任してから戦争が孫呉と晋の国境で発生せず平穏な日々が続いたそうです。

三国志(魏・呉・蜀)が鼎立してから蜀・魏国境や孫呉・魏の国境で戦が無かった事なんてほとんどありません(小競り合いを含む)。

しかし陸抗と羊祜がこの地に赴任してから、戦争を行うことをしないで平穏な日々が続くことになります。

どうして敵対している国同士なのに戦いが発生しなかったのでしょうか。

 

 

互いの実力が拮抗しているのを知っていたから

羊コ 羊祜 魏と晋

 

陸抗と羊祜はどうして戦うことをしなかったのでしょうか。

それは正史三国志呉書などの資料によれば、孫呉の陸抗も晋の羊祜もそれぞれ相手と変わらない実力を持っていると認識していたからだそうです。

そのため陸抗も羊祜も互いの領土へ攻撃を仕掛けることを一切禁じるのでした。

しかし両者は相手に負けない為にあることで競い合っていました。

二人はいったい何で競い合っていたのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

両者が競い合っていたのは徳

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

陸抗は晋の荊州都督である羊祜と実力が拮抗しているのを知っていたので戦争を仕掛けるような事をしませんでした。

しかし陸抗は羊祜に負けない為にあることで晋に優位に立とうと考え、実行に移します。

陸抗が考えたのは晋の領土よりも自分たちの領土の方が徳を持って治めている事を晋の領民へアピールすることでした。

 

陸抗は国境警備をしている自分の守備兵たちへ「領民はもっぱら徳をもって治めるべきだ、敵が力づくで領民にむごい統治をしているようであれば、俺たちは目先の利益を追求するのをやめて、相手よりも徳で勝ろうではないか」と命令。

陸抗は国境守備兵へ上記のように言っていますが、一体どのような事なのでしょうか。

上記の命令に関してこのエピソードが残っています。

 

孫呉と晋の国境地帯には漢水が流れているのですが、この流域で狩りを行った際、晋の兵士が先に獲物に傷を負わせた場合でもその獲物が孫呉の領土内へ入ってくれば、晋の兵士達へ獲物を返還するようにと命令を下します。

また晋の領土内から牛が孫呉の領土へ逃亡してきた時は、

必ず晋の領土へ牛を追い返すようにとの布令も出します。

 

このように陸抗は晋よりも孫呉の方が徳において勝っている事をアピールすることで自分と同じ実力の相手よりも勝っていることを証明する作戦を展開するのでした。

しかし羊祜も陸抗と同じような作戦を展開した為、両者の作戦も拮抗してしまいます。

そして陸抗と羊祜の作戦が拮抗した事で国境付近で戦が無くなり平穏な時間が生まれることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

また陸抗と羊祜は互いに親友同士でした。

二人にはこのような逸話が残っています。

陸抗が風邪をひくと羊祜が心配して薬を送ります。

陸抗は部下たちが「敵からの薬なんて飲まない方がいいですよ」と注意したにもかかわらず、彼らの注意を気にしないで羊祜からもらった薬を飲んでいます。

また陸抗も羊祜へ酒を送ったりしています。

羊祜も部下から「陸抗から送られた酒を飲むのをやめた方がいい」と注意されますが、彼も気にせず陸抗からもらった酒をガブガブ飲んで酔いしれたそうです。

このようにかなり稀有な親友関係を築いた陸抗と羊祜でした。

参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

関連記事:【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  2. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  3. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた
  4. 曹丕 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  5. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  6. 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  7. 関帝廟 関羽 関羽はお金の神様?風水における関羽像について
  8. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. 陸抗
  3. 苦肉の策(笑)
  4. 関帝廟 関羽

おすすめ記事

  1. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 魯粛
  2. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  3. 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー
  4. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 李儒と三国志
  5. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  6. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう! 始皇帝

三國志雑学

  1. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 李儒と三国志
  4. 幕末 大砲発射
  5. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3】 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!? kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」

おすすめ記事

  1. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  2. 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王 河上彦斎 wikipedia
  3. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!? 曹叡
  4. 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで 篤姫
  5. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  6. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  7. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 蜀の馬超
  8. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP