三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!?

後継者を決めた劉表




曹植と曹丕に期待する曹操

 

三国志の乱世では国を継ぐ後継者を決める時、非常に難しい決断を求められることになります。

例えば曹操(そうそう)の例を挙げてみましょう。

曹操曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらを後継者にするべきか最後の最後まで迷っていたそうです。

最終的に曹操の跡を継いだのは曹丕で、一応自分が生きている間に後継者を決めた事で国を保つことができました。

 

後継者を決めずにダラダラする袁紹

 

しかし名門・袁紹(えんしょう)は、生前に後継者を決めておかなったせいで、彼の死後、彼が治めていた領土が乱れてしまい、滅亡してしまいます。

このように後継者問題は非常に繊細かつ決断力が必要な問題で、一歩間違えば国が亡くなってしまうことだってありえるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

 

 

後継者を決めなかった劉表(りゅうひょう)

後継者を決めるのに困っている劉表

 

三国時代の前半・荊州(けいしゅう)は非常に平和な土地でした。

この土地を治めていたのは、劉表(りゅうひょう)という人で若い頃から優秀な人物でした。

劉表は優秀で行政手腕も卓越しており、群雄割拠の時代で各地が戦乱で荒れていた時も荊州だけは平和で豊かな土地でした。

 

そんな劉表には長男の劉琦(りゅうき)劉琮(りゅうそう)、もう一人息子がいましたが、後継者をはっきりと決めませんでした。

どうして劉表は後継者をはっきりと決めなかったのでしょうか。

 

 

後継者をはっきりと決めなかった理由とは?

後継者をまだ決めれない劉表

 

劉表はどうして後継者をはっきりと決めなかったのでしょうか。

それは劉琮と蔡氏が原因です。

劉表は自分が可愛がっていた側室・蔡氏の産んだ劉琮を非常に可愛がっていました。

蔡氏も劉琮を劉表の後継者にしたいと考え、劉表に事あるごとに劉琮を後継者にするようにアドバイス。

 

蔡氏は自分の言葉だけでは劉表を動かすことができないかもしれないと考え、

自分の弟で重役となっている蔡瑁や甥っ子である張允に「劉琮を後継者にするように劉表殿へ進言してくれ」とお願いします。

二人は蔡氏のお願いを聞いて劉表へ「劉琮を後継者にするように」と何度も進言を重ねます。

 

その結果、劉表は劉琮を後継者にしてしまおうか迷い始めていた事もあり、長男・劉琦をとりあえず自分の元から離れさせてしまうのでした。

しかし劉表は依然として後継者を決めず、月日だけが過ぎていき、後継者を定める前に亡くなってしまうのです。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

後継者を決めなかった事で国を失くしてしまう

困る劉表

 

劉表が後継者を決めなかったせいで、劉表が亡くなると国が大きく混乱してしまいます。

劉琦は劉表死後、劉琮に反発している家臣を集めて劉琮から離れ、劉備と手を結んでしまいます。

 

劉琮は劉表死後荊州の主に君臨しますが、大軍を率いて荊州へ向けて進軍してきた曹操軍に対しての方針を決められなかった事が原因で降伏してしまいます。

劉琮や劉琦は生まれ故郷であった国を亡くしてしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

劉表がしっかりと後継者を定めなかったせいで、劉琦や劉琮、劉表の大勢の部下達は国を失くしてしまうのです。

もし劉表が側室に惑わされることなく、長幼の例に則って劉琦を後継として定めていればだいぶ違った結末を迎えたのではないのでしょうか。

例えば劉表が早い時期に劉琦を後継者として定めていれば、

 

劉琦に実績を付け、家臣達から信頼を得ていれば、自分の死後劉琦が家臣達をしっかりと統率し、国を保つこともできたのではないのでしょうか。

ほかにも劉表が劉琦を後継者に定めていれば、曹操軍の大軍に対してどのような方針を取るのがベストなのかしっかりと考える時間を作ることが出来たのではないのでしょうか。

 

このようにもしもを語れば色々と出てくるのですが、劉表がしっかりと後継者を定めていれば、もう少し違った三国志の世界が見えてくるのではと考えてしまうのはレンだけでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

関連記事:狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  2. ツンデレ曹丕 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  3. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  4. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  5. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  7. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  8. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫策 頬
  2. 海賊時代の孫堅
  3. 三国志大学で勉強する公孫瓚

おすすめ記事

  1. 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン
  2. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  3. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  4. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  5. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

三國志雑学

  1. 孔明による出師の表
  2. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教

おすすめ記事

勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟? 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】 ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった! なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪ 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP