魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【意外】戦国時代は城が玉砕するまで戦う事は少なかった

安土城 織田信長が作らせた城




安土城 織田信長が作らせた城

 

戦国時代には、川中島の合戦や関ケ原のように野戦で勝敗が決するケースもありました。
しかし、全体でみると、それは少なく、ほとんどの戦いは、城や砦を取り合うという地味な消耗戦だったのです。

 

関連記事:戦国時代の武士にも出席簿があった!軍忠状

関連記事:戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触

 

 

実は攻める側の被害が大きかった城攻め

日本戦国時代の鎧

 

戦国時代の映画のイメージだと、私達は攻撃側が優勢で城を守る側は苦しい戦いを強いられる、そんなイメージがあります。

ですが、実際は、城や砦は非常に強力な防御力を備えていて、攻める側の被害もかなり甚大なものになる事が多かったようです。

防御側は、大量の矢や投石で、城壁や土塁をよじのぼる攻撃サイドを狙い撃ちし攻撃側は甚大な被害を覚悟しないといけませんでした。

孫子の兵法にもある城攻めは最も下策は、日本の戦国時代も同じだったのです。

例えば、1540年の毛利元就(もうりもとなり)vs尼子晴久(あまごはるひさ)郡山城(こおりやまじょうしゅ)の攻防戦は、尼子勢が3万の大軍で4か月も城を包囲しながら

遂に落とす事が出来なかったのです。

それは毛利元就の采配が上手かったのだ、とも言えますが例え小さな城でもこれを攻め落とすのは、大変であった事情がうかがい知れます。

 

 

頻繁に行われた開城の為の調略

 

攻撃サイドは、城攻めに多大な犠牲を強いられるので、最後まで力攻めせずにふんだんに調略を仕掛けて、自発的に開城するように働きかけました。

城が炎上してラストを迎えたり、攻撃サイドが死屍累々の有様で敗走するような事は皆無ではありませんが、実際には少なかったのです。

そんな城のサイドの苦境が分かる書状を紹介しましょう。

永禄十一年(1568年)末、武田軍の乱入を受けた今川氏真(いまがわうじざね)遠江(とうおうみ)懸川に逃れて再起を図りますが、徳川家康(とくがわいえやす)の軍勢に押され

遠江の今川の拠点はどこも危機的状態でした。

今川義元

 

堀江の城もそんな一つでしたが、城主の大沢基胤(おおさわもとたね)等は、今川氏の重臣、朝比奈(あさひな)に以下のような書状を出しています。

「兵糧は配当があれば2、3か月は持つだろうがどこからも兵糧を入れてくれる所もないのでもう限界です。

敵方からも色々な調略が入っていますが、難題を押し付けるので落着する事はないと思います。

今、このような状況ですが、もしお考えがありましたら、下知に従います」

これを受け取った朝比奈は、以下のような返答を返しています。

 

「これまでの忠節、誠に立派で御座います、この上は状況によっては、どのように落着させてもかまいません」

そうです!朝比奈は大沢の忠勤を褒めた上で、救援出来ないので、どのような対応をしてもいい、つまり降伏しても構わないと返事を出したのです。

この手紙を受けて、翌日には堀江城は徳川家康の勧告を受けて開城しました。

徳川家康は、大沢の奮闘を讃えて所領を安堵し城もそのまま任せています。

つまり堀江城はオセロがひっくり返るように今川から徳川に鞍替えしたのです。

徳川家康も器量が大きいとは言えますが朝比奈もあっさりというか、どこまでも城を死守せよなんて言わないんですね。

玉砕のぎょの字もないのが、不思議と言えば不思議です。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

負けたのに恩賞を貰えた城主もいた

真田昌幸

 

堀江城のケースを見るように、戦国の城主は玉砕するまで戦おうとはせずに、ちょうど良い所で開城して、

相手に自分の力量を高く売りつける事がありました。

1580年、武田勝頼(たけだかつより)真田昌幸(さなだまさゆき)を先鋒とする軍勢を上野(こうづけ)沼田に差し向けました。

当時の沼田は後北条氏の支配下にあり、藤田能登守信吉(ふじたのとのかみのぶよし)という城主が守備していました。

ここで藤田は真田の攻撃をよく防ぎ、ようやく城を明け渡すのに同意して開城されましたが、藤田には利根川東郡300貫文の知行を受けました。

これは、藤田が開城の条件として城は明け渡してもいいが、代わりに知行が欲しいと言った条件が通った結果でした。

このように攻城戦は、守備側の城主にとり自分の能力を攻撃側の君主に知らしめる絶好の機会でした。

そして、開城の条件さえあえば、降伏するのは少しも恥ではなかったのです。

 

日本軍事史:吉川弘文館 165p~168p

戦国時代ライター編集長の独り言

 

戦国時代の城攻めと言えば、大阪城の落城や、小谷城の落城のように、最後は城を枕に討ち死にという壮絶ながら潔いシーンが思い浮かびます。

しかし、そういうのは、どうしても助からない最終局面の話であり、それ以外の攻城戦では、そこそこ抵抗して相手に自分の能力を売り、

さっさと鞍替えする事で、生き延びた武士たちも大勢いたのです。

 

関連記事:【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?

関連記事:【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 織田信長 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  2. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  3. 織田信長 織田信長はなぜ尊敬されるのか?
  4. 燃える本能寺 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い!
  5. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日…
  6. セミナリオ(教会) 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関…
  7. 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている!
  8. 本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺への…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備 呂布 裏切り
  2. スーパーDr華佗
  3. 孔明
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 李カク、献帝
  6. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  7. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  8. 過労死する諸葛孔明

おすすめ記事

  1. 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 明智光秀 麒麟がくる
  2. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 弓矢を構える李広
  3. キングダム休載ネタバレ予想575話「王賁vs堯雲、亜花錦vs馬南慈」W一騎打ちか!
  4. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 于禁を虐める曹丕
  5. 赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった? 疫病が流行った村
  6. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る 陸遜

三國志雑学

  1. 甘寧と凌統と呂蒙
  2. 曹操と劉備
  3. 袁術
  4. 法正
  5. 赤壁の戦い
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 董卓を倒す呂布
  3. 逃げる劉備追う曹操
  4. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  5. 阿部正弘

おすすめ記事

武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの? 袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 蜀の劉琦 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織? 韓信vs孔明 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの? 馬謖の陣形に笑う張コウ 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP