ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

李典と楽進の仲って本当に悪かったの!?

張遼・楽進・李典


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李典

 

李典(りてん)楽進(がくしん)張遼(ちょうりょう)との仲は最悪で全く協調しませんでした。

しかし李典楽進張遼の三人が合肥城(がっぴじょう)を守備している時、孫権(そんけん)軍が襲来。

この時、李典楽進は日ごろの張遼と仲が悪かった事を一時的に仲直りをし、協力して孫権軍に立ち向かっていきますが、

李典と楽進の仲はどうだったのでしょう。

今回はこの二人の仲について紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

関連記事:楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!

 


 

楽進と李典は仲悪い!?

楽進

 

楽進と李典の仲は悪いのでしょうか。

正史三国志によれば、李典と楽進の二人は一緒にコンビを組んで戦に臨んでいる時が度々あります。

一体どの戦で二人はコンビを組んで戦ったのでしょうか。

 


 

李典と楽進のコンビ結成

 

李典と楽進はコンビを組んで戦った時がありますが、いつ頃どの戦で一緒にコンビを組んで戦ったのでしょうか。

二人がコンビを結成したのは官渡(かんと)の戦いで袁紹(えんしょう)軍の大軍に曹操軍の本隊が勝利した後でした。

李典と楽進は官渡の戦いの後、袁紹軍の残りが統治している河北を曹操の勢力で統一するため、曹操から命令を受けてコンビを組んで戦うことになりま

す。

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

高幹討伐戦で活躍する二人

仲の悪い李典と張遼と楽進

 

李典と楽進は袁紹の甥・高幹(こうかん)が領有している并州(へいしゅう)を攻略するため出陣。

李典と楽進はコンビを組んで出陣すると高幹が領有していた城や町を軽々と攻略し、二人の息はぴったりでした。

そして李典と楽進のコンビは高幹が壺関(こかん)に籠城していることを知ると壺関を包囲。

曹操はこの二人が戦で功績を残したことを喜び、李典と楽進を褒めたたえています。

その後二人は壺関の包囲戦から海岸線を拠点としている海賊討伐の命令を受け出陣。

李典と楽進の軍勢は海岸線を拠点としている海賊を各地で打ち破って海賊たちの討伐に成功します。

李典はこの海賊討伐戦での功績が曹操に認められることになり、侯の位を授与されることになります。

このように二人のコンビは息がぴったりで、ふたりの仲が悪そうには見えませんよね。


 

戦では息ピッタリだけど…

李典を助ける于禁

 

李典と楽進は戦では息がピッタリで名コンビと言える戦いぶりを見せます。

しかし正史三国志の李典伝では李典と楽進、そして張遼それぞれ仲が悪いと書いておりますので、李典と楽進もそれなりに仲が悪かったのでしょう。

どうして二人の仲は悪かったのでしょうか。

 

李典と楽進の出身の違いに秘密がある!?

三国志ライター黒田レン

 

正史三国志には李典と楽進の仲が悪かったとしか、記載がなく二人の仲が悪かったのか分かりません。

そのためここからは推測になります。

レンは李典と楽進の仲が悪かったのは、出身の違いが原因だと考えます。

李典は大豪族出身の武将で一族郎党合わせて一万人以上もいる裕福な将で、曹操軍に加入した後もとんとん拍子で出世していきます。

対する楽進は曹操軍の一兵士から始まり、初めは記録係からスタート。

その後楽進は記録係から軍人へ転向し、一番下っ端の校尉から始まり、各地の戦場でコツコツと戦功を重ねていった武将です。

 

そのため楽進が李典の出世スピードや豪族出身の裕福な武将であったことに嫉妬(しっと)していたと考えられると思われます。

そして李典は楽進の悪意ある意思(嫉妬)に気づいて、楽進との仲が悪くなったのではないのでしょうか。

あくまでレンの推論ですので断定はできませんが、皆さんはどのように思いますか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は李典と楽進の仲について紹介しました。

普通仲が悪かったら戦場もプライベートも嫌いあっているはずです。

しかし李典と楽進は戦場という非日常ではしっかりと協力して、敵軍を蹴散らし息がぴったりな二人ですが、プライベートでは関わり合いが一切無く、

とても仲の悪かった二人。

李典と楽進のようにはっきりと戦場とプライベートを区別した極端な武将も三国志の世界では珍しいのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介

関連記事:2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較し…
  2. 呂蒙が病気になり心配する孫権 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  3. 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  4. 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  5. 曹操&袁紹花嫁泥棒 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  6. 陸遜 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  7. 魏延の謀反を察する孫権 魏延は忠誠心溢れる将?それとも不忠の将?不忠のイメージはどこから…
  8. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  3. キングダム
  4. 徐晃と許チョと曹操
  5. 裴松之(歴史作家)
  6. 荀彧
  7. 過労死する諸葛孔明

おすすめ記事

  1. キングダム539話 ネタバレ予想「壁は死ぬのか?徹底追及」
  2. 【検証】聖徳太子は地球儀を作り得なかった?【HMR】 聖徳太子の地球儀
  3. 金栗四三の母校・筑波大学は金栗四三のマラソン生活の出発点となった? 金栗四三 いだてん
  4. キングダム585話最新ネタバレ「雷獄」レビュー キングダム52巻
  5. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 孫権に煽られて憤死する陸遜
  6. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 劉備

三國志雑学

  1. 馬良って何した人だっけ
  2. 関羽に無視される孫権
  3. 宦官VS外威 三国志


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛のヨメ
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  3. 黄巾賊を撃退する太史慈
  4. 高杉晋作
  5. 旅 バイク
  6. 剣を持って戦う徐庶

おすすめ記事

燃える本能寺 明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか? 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 孔明 諸葛亮孔明はどんな人物像を考察してみた。正史と三国志演義では違う? 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 函谷関 キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP