典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと

2018年12月17日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

典韋

典韋

 

曹操(そうそう)の護衛として有名な武将と言えば許褚(きょちょ)典韋(てんい)でしょう。典韋は初代の曹操親衛隊を率いた長です。典韋死後、許褚が曹操の親衛隊隊長として曹操の命を守る役目を任されることになります。

 

さて典韋と言えば三國無双が影響しているのか、武器のイメージが斧って感じがします。三國無双の典韋は斧をぶんぶん振り回して敵兵を倒していますが、正史三国志ではほとんど斧を振り回していないのです。みなさん知っていましたか。では典韋はどんな武器を使っていたのか紹介したいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



典韋は斧を武器として使っていなかった!?

 

典韋は三国無双のイメージが強くみなさんの中では彼の武器=斧となっていると思います。しかし正史三国志では典韋が斧を使って敵兵をなぎ倒しているシーンが記載されていませんが、斧を使っているシーンもあります。典韋が敵兵をなぎ倒さないで何に斧を使っていたのか。

 

それは曹操の護衛をしている時ですが、毎回斧を持っているわけではありません。正史三国志によると典韋は張繍(ちょうしゅう)が降伏してきた時の宴会で使っています。曹操は張繍が降伏してくると彼の居城・宛に向かいます。張繍は曹操がやってくると彼を迎えて大宴会を催し、曹操自ら張繍の幕僚達へ酒をついでまわったそうです。この時典韋は曹操の後ろに斧を持って立っていたそうです

 

張繍としては宴会が全く面白くなかったでしょう。だってプロレスラーみたいな体つきをしたムキムキマッチョの典韋が斧を持って曹操の後ろに立って張繍や彼の幕僚達を睨みつけて立っているんですから。

 

そして典韋が斧を使ったのはこの一回きりです。では典韋は斧を使わないでどんな武器を使っていたのでしょうか。

 

 

 



典韋が使っていた武器は矛や戟

典韋が使っていた武器は矛や戟

 

典韋は斧を武器に使っていませんでした。典韋が戦場で使っていた武器は主に矛や戟で、正史三国志によれば典韋は好んで「双戟を使っていた」との記載があります。典韋の武器は斧ではなく双戟または矛をメイン武器として使っていたのです。ではどの戦場で典韋が戟を使って大暴れしていたのか紹介しましょう。

 

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

 

 

呂布を退かせた戟マスター

呂布を退かせた戟マスター

呂布

 

曹操は呂布(りょふ)に兗州が奪われた時、濮陽近辺に駐屯している呂布軍の陣営を陥落させるために夜襲を決行。曹操が行った夜襲は大成功し、呂布の陣を陥落させることに成功します。しかし夜襲が成功し朝日が昇り始めた頃、呂布の援軍が到着し、夜襲が終わったばかりの曹操軍へ激しい攻撃を行います。

 

曹操は呂布軍を退かせるため彼の本陣へ攻撃を仕掛ける決死隊を募集します。典韋は決死隊に名乗りを挙げて、数十人の兵士を率いて突撃。典韋が決死隊を率いて進み始めると呂布軍の本陣から雨のように矢が放たれてきます。そして呂布軍本陣の兵士が突撃を開始。典韋は目をつぶって近くの兵士へ「呂布軍の兵士が5歩に近づいてきたら教えろ」と言って黙ってしまいます。

 

典韋に命令された兵士は呂布軍の兵士が5歩に近づくと大声で「きました!!」と叫びます。典韋は兵士の叫びを聞くと立ち上がって数十本の戟を大声を挙げて投げ込みバタバタと兵士をなぎ倒し敵兵が退いていきます。その後呂布軍は夕暮れと共に撤退していくことになります。典韋がただ一人で戟を振り回して大暴れしたら、勇猛果敢な呂布軍さえも逃げていくのです。まさに戟マスター典韋だからこそできた活躍ではないでしょうか。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

ついでに典韋が好んで使った双戟の重さが17キロだそうです。ということは17キロの超重量級の重さの武器を使って敵兵をバッタバッタとなぎ倒したと言うことになります。もしかしたら三國無双で典韋が使っている斧よりも双戟の方が強力な武器だと思うのはレンだけでしょうか。

 

参考 【正史三国志魏書】等

 

関連記事:【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

関連記事:『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-典韋
-,