ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと

典韋にボコボコにされる成廉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

典韋

典韋

 

曹操(そうそう)の護衛として有名な武将と言えば許褚(きょちょ)典韋(てんい)でしょう。

典韋は初代の曹操親衛隊を率いた長です。

典韋死後、許褚曹操の親衛隊隊長として曹操の命を守る役目を任されることになります。

 

さて典韋と言えば三國無双が影響しているのか、武器のイメージが斧って感じがします。

三國無双の典韋は斧をぶんぶん振り回して敵兵を倒していますが、正史三国志ではほとんど斧を振り回していないのです。

みなさん知っていましたか。

 

では典韋はどんな武器を使っていたのか紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

関連記事:【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!

 


 

典韋は斧を武器として使っていなかった!?

 

典韋は三国無双のイメージが強くみなさんの中では彼の武器=斧となっていると思います。

しかし正史三国志では典韋が斧を使って敵兵をなぎ倒しているシーンが記載されていませんが、斧を使っているシーンもあります。

 

典韋が敵兵をなぎ倒さないで何に斧を使っていたのか。

それは曹操の護衛をしている時ですが、毎回斧を持っているわけではありません。

正史三国志によると典韋は張繍(ちょうしゅう)が降伏してきた時の宴会で使っています。

 

曹操は張繍が降伏してくると彼の居城・宛に向かいます。

張繍は曹操がやってくると彼を迎えて大宴会を催し、曹操自ら張繍の幕僚達へ酒をついでまわったそうです。

この時典韋は曹操の後ろに斧を持って立っていたそうです

 

張繍としては宴会が全く面白くなかったでしょう。

だってプロレスラーみたいな体つきをしたムキムキマッチョの典韋が斧を持って曹操の後ろに立って張繍や彼の幕僚達を睨みつけて

立っているんですから。

 

そして典韋が斧を使ったのはこの一回きりです

では典韋は斧を使わないでどんな武器を使っていたのでしょうか。

 


 

典韋が使っていた武器は矛や戟

典韋が使っていた武器は矛や戟

 

典韋は斧を武器に使っていませんでした。

典韋が戦場で使っていた武器は主に矛や戟で、正史三国志によれば典韋は好んで「双戟を使っていた」との記載があります。

 

典韋の武器は斧ではなく双戟または矛をメイン武器として使っていたのです。

ではどの戦場で典韋が戟を使って大暴れしていたのか紹介しましょう。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 


 

呂布を退かせた戟マスター

呂布を退かせた戟マスター

呂布

 

曹操は呂布(りょふ)に兗州が奪われた時、濮陽近辺に駐屯している呂布軍の陣営を陥落させるために夜襲を決行。

曹操が行った夜襲は大成功し、呂布の陣を陥落させることに成功します。

 

しかし夜襲が成功し朝日が昇り始めた頃、呂布の援軍が到着し、夜襲が終わったばかりの曹操軍へ激しい攻撃を行います。

 

曹操は呂布軍を退かせるため彼の本陣へ攻撃を仕掛ける決死隊を募集します。

典韋は決死隊に名乗りを挙げて、数十人の兵士を率いて突撃。

典韋が決死隊を率いて進み始めると呂布軍の本陣から雨のように矢が放たれてきます。

 

そして呂布軍本陣の兵士が突撃を開始。

典韋は目をつぶって近くの兵士へ「呂布軍の兵士が5歩に近づいてきたら教えろ」と言って黙ってしまいます。

 

典韋に命令された兵士は呂布軍の兵士が5歩に近づくと大声で「きました!!」と叫びます。

典韋は兵士の叫びを聞くと立ち上がって数十本の戟を大声を挙げて投げ込みバタバタと兵士をなぎ倒し敵兵が退いていきます

 

その後呂布軍は夕暮れと共に撤退していくことになります。

典韋がただ一人で戟を振り回して大暴れしたら、勇猛果敢な呂布軍さえも逃げていくのです

まさに戟マスター典韋だからこそできた活躍ではないでしょうか。

 

  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

ついでに典韋が好んで使った双戟の重さが17キロだそうです。

ということは17キロの超重量級の重さの武器を使って敵兵をバッタバッタとなぎ倒したと言うことになります。

もしかしたら三國無双で典韋が使っている斧よりも双戟の方が強力な武器だと思うのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志魏書】等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

関連記事:『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  
 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!…
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の逸話を追うほど真実がわからなくなっていく!結局誰の評価が正…
  3. 郭嘉の本 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】
  4. 三国志ライター よかミカンさん 蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?
  5. 趙雲子龍 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  6. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  7. 周瑜 周郎 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  8. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 苦肉の策(笑)
  2. 羅貫中
  3. 曹操と荀彧
  4. 魯粛、孫権、孔明
  5. 小松帯刀
  6. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 子供時代の桃園三兄弟
  2. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! ネズミで人生を変えた李斯
  3. キングダムネタバレ568話「絶望の崖を飛び越えろ」レビュー解説
  4. 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった? 孔明 vs 司馬懿
  5. 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】

三國志雑学

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 孔明による出師の表
  3. 趙雲と毛利勝永


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藤原京
  2. 関帝廟 関羽
  3. 英雄曹操とナポレオンを比較
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 小松帯刀
  6. 曹休
  7. 呉蜀赤壁の戦い

おすすめ記事

趙の旗 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 韓信vs孔明 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 kawauso編集長のぼやきVol.32「本格レストラン」 徳川家康をボコボコにする武田信玄 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 西郷隆盛(ゆるキャラ) 劉備と西郷隆盛の共通点って何? 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命 北伐を結構する孔明 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP