コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽)

玉璽




呉の勢力を率いる孫策

 

江東の小覇王として知られ、いくつもの戦いに勝利してきた孫策(そんさく)

孫策は剣や(げき)、弓矢など色々な武器を戦で使ってきたと思いますが、孫策の最強の武器ってみなさん何か知っていますか。

それは・・・・言葉とハンコだったんです!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説

関連記事:周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

 

 

孫策の最強の武器一つ目は言葉!?

孫策、陸遜、顧邵、他

 

孫策の最強の武器は言葉です。

江東の小覇王と呼ばれた孫策の最強武器がどうして言葉なのでしょうか。

 

 

一世一代の大勝負!!

袁術と孫策

 

孫策は袁術(えんじゅつ)の元に到着すると袁術へ「どうか私に叔父を助けさせていただけないでしょうか。

もし叔父を助けることに成功すれば、すぐに故郷へ戻り、三万の兵士を手に入れてみせましょう。

三万の兵士を手に入れることができれば、あなた様を大いに助けたいと思います」と言葉を尽くして説得。

 

袁術は孫策の叔父が劉繇の部下に苦戦している事を知っていたので、彼に孫堅(そんけん)軍の兵士数千を与える決断を下します。

こうして孫策は袁術から父の軍勢を取り返すことに成功し、江東へと出陣していくことになるのです。

孫策にとって袁術を説得したときが彼の生涯の中で一番弁舌を振るった時だと言えるでしょう。

 

ここで孫策が必死に袁術を説得したことで、孫策は父・孫堅の軍勢をある程度ではありますが、

取り戻すことができ、ここから孫策が袁術の元を離れて独立勢力としてのし上がっていくことになるのです。

 

このことを考えれば孫策にとって一世一代の大勝負だったのではないのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

孫策の最強武器はハンコ!?

呉の小覇王・孫策

 

上記は正史三国志でのお話ですが、三国志演義の孫策の最強の武器はまた違ったものになります。

では三国志演義における孫策の最強武器は一体何なのでしょうか。

 

それはハンコですが、ただのハンコではなく特別製のハンコです。

ハンコでは敵兵を倒すこともできないのに、どうして孫策の武器が特別製のハンコなのでしょうか。

 

特別製のハンコは玉璽(ぎょくじ)!!

玉璽

 

孫策が持っていた特別製のハンコは玉璽(ぎょくじ)です。

この玉璽ですが皇帝だけしか持つことが許されない特別製のハンコです。

 

どうして孫策はこのハンコを持っていたのか。

 

玉璽を見つけた孫堅

 

それは孫策の父・孫堅が洛陽の井戸から見つけ出し、孫堅の死後、孫策が形見として持っていたからです。

そして孫策はこの父の形見として持っていた玉璽をある物と交換するのです。

 

玉璽と兵士を交換

玉璽に興奮する袁術

 

孫策は袁術の元に身を寄せていましたが、父の軍を返してもらうことができずに袁術軍の武将としてこき使われていました。

孫策は袁術の元から父の軍勢を取り戻すため、袁術に父の形見である玉璽をあげるから父が保有していた軍を返してくれとお願いします。

 

すると袁術は孫策の要請を受け入れて、彼に父の軍勢の一部を返還。

孫策は袁術のセコさに怒りを覚えますが、グッとこらえて父の軍勢を率いて江東へ向けて出陣することになります。

孫策は玉璽と兵士を交換することで袁術の元から離れることに成功。

 

孫策はその後、江東全域に勢力を拡大することになり、一大勢力に変貌を遂げることになるのです。

もし孫策が孫堅軍の兵士を返還してもらうため、玉璽を手放すことをしなければ、一生袁術軍の武将だったかもしれません。

このように考えれば三国志演義における孫策の最強の武器は玉璽であると言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は孫策の最強の武器を紹介しました。

意外だと思った方も多くいるかもしれません。

 

でも孫策が袁術から孫堅軍の兵士を返してもらうことができなければ、三国志を形成した孫呉の勢力が生まれることはなく、魏が天下統一していたかもしれません。

このことを考えれば孫策の武器は武力や国力ではなく、正史三国志においては言葉。

三国志演義では玉璽が最強の武器と言えるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

関連記事:孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀の姜維 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!
  2. 黄蓋 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  3. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!
  4. 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音…
  5. 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  6. 逃げる夏侯覇 なぜ夏侯覇は蜀に亡命したの?魏期待の星のナゾに迫る
  7. 皇帝いっぱい ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話
  8. 兵士と禰衡 やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権
  2. 呉の孫権
  3. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  4. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  5. おんな城主 直虎
  6. 水滸伝って何? 宋江
  7. 玉璽
  8. 孟獲
  9. 合肥の戦いの満寵

おすすめ記事

  1. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 法正が亡くなり悲しむ劉備
  2. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介
  3. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  4. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より
  5. 【11/23】朝まで三国志第2弾の電子書籍が出版されるよ!
  6. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!

三國志雑学

  1. 魏の夏侯淵
  2. 周瑜と孫策


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城の前を掃除する孔明
  2. 董卓と呂布
  3. 千利休
  4. 上杉謙信
  5. 袁紹にお茶を渡す顔良
  6. 韓信vs孔明

おすすめ記事

韓非子を読む劉禅 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本? 本当は蜀と同名を結びたい孫権 【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!? 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰? 郭嘉 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら? どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実 張燕 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう) 袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送った袁燿 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP