ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

永倉新八とはどんな人?新選組への加入から剣術の逸話まで解説

幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

 

永倉新八(ながくらしんぱち)新選組の中で剣術の名人として知られています。

また、新撰組の隊士の中で明治以降も生き残った数少ない隊士の1人です。今回は永倉新八について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

関連記事:新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!

 

 

永倉新八とは?

永倉新八 wikipedia

画像 : 永倉新八 wikipedia

 

永倉新八は1839年に松前藩に生まれました。松前藩を脱藩後、江戸で後に新撰組隊士となる島田魁と出会い、その後に近藤勇(こんどういさみ)の道場試衛館の食客となりました。

江戸に滞在しているとき、新選組の前身である壬生浪士組に加わります。新選組では二番隊組長と撃剣師範を務めました。新選組九番隊組長を務めた鈴木三樹三郎(すずき みきさぶろう)は剣術が下手だったので、永倉が指導していたといわれています。

 

1864年の池田屋事件では、近藤勇や沖田総司(おきたそうじ)らとともに池田屋に突入しました。池田屋事件では、沖田総司が病気で倒れたり、藤堂平助(とうどう へいすけ
)
が重傷で離脱したりするなど壮絶な戦いとなりました。永倉は傷を負いながらも最後まで戦いました。

 

油小路事件では、永倉は原田左之助(はらださのすけ)らとともに伊東甲子太郎(いとう かしたろう
)
ら御陵衛士の暗殺に関わります。1868年の鳥羽伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい
)
にも加わりました。鳥羽伏見の戦いで敗退後、江戸に戻ると近藤勇と袂を分かち、北関東で明治新政府軍に抵抗し続けました。東北地方で会津藩の降伏を知ると江戸に帰還し、脱藩した松前藩への復帰が認められました。

 

永倉新八は杉村家の養子となり、杉村義衛と改名します。新選組での剣術の腕が買われ、樺戸集治監で剣術師範を務め、看守に剣術の指導をしました。樺戸集治監を退職してから道場や大学などで剣術に指導をしました。1915年、永倉は小樽で死亡しました。

 


 

永倉新八の剣術の逸話

 

永倉新八の愛刀は「播州手柄山氏繁」でした。この刀の特徴は、刃長約70センチで、江戸後期の1801年頃に造られました。池田屋事件では、切っ先の波紋部分が折れてしまいました。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん


 

永倉新八と斉藤一―剣術の腕はどちらが上?―

 

永倉新八は撃剣師範を務めたので剣術の腕はあったと思われます。実戦では、池田屋事件で、藤堂平助らが怪我で隊士が離脱する中、近藤勇とともに最後まで戦い抜きました。

 

斉藤一は新選組で永倉と同じ撃剣師範を務めましたが、実戦で永倉より上かもしれません。新選組の中で最も多くの人を斬ったとされ、かすり傷ひとつも負わなかったといわれています。新選組の中でスパイや暗殺といった特殊な任務もこなしていました。実戦や特殊な任務では永倉よりも上かもしれません。


  

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は永倉新八について取り上げました。ここでは永倉新八の逸話について取り上げます。逸話として、晩年に映画館を出てヤクザに絡まれると眼光と一喝だけでヤクザを退散させたことがあります。

 

永倉の逸話の中で、酒に酔うとふんどし1枚になって体の戦傷を自分の子孫に自慢していたといわれています。紙に傷の記録を残しました。紙に書かれた傷の中には池田屋事件や禁門の変など有名な事件で負った傷があります。

 

有名な事件以外では、鉄砲の撃ち合いで銃弾が当たった跡、大阪力士乱闘事件で新撰組隊士の島田魁の脇差しで負った腕の傷、酒に酔ったときに負った目の下の傷があります。

 

永倉新八の墓は小樽市中央墓地、札幌市里塚霊園、東京都北区滝野川の寿徳寺境外墓地の3箇所があります。小樽市中央墓地へは小樽駅からバスで移動することができます。この墓は杉村家の墓で普段は立ち入ることができないようです。

 

札幌市里塚霊園は大谷地神社にあります。アクセスは札幌市営地下鉄福住駅よりバスに乗って17分の場所にあります。

東京都北区滝野川にある寿徳寺は新撰組隊士の供養塔で有名です。毎年4月に新撰組隊士の供養祭が行われています。アクセスは都営三田線新板橋駅または西巣鴨駅より徒歩8分、JR埼京線・板橋駅東口より徒歩10分の場所にあります。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ?

関連記事:桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 関羽 男だち 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  2. 朝まで三国志2017 ka、周瑜、陸遜、郭嘉、荀、法正、孔明、司馬懿、袁術 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部
  3. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  4. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  5. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  6. 荀彧と曹操 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  7. 孔明 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  8. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた
  2. 関銀屏
  3. 酒を飲む曹操と劉備と呂布
  4. 司馬懿
  5. キングダム 戦国七雄地図
  6. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  7. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  8. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲

おすすめ記事

  1. 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  5. 【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり オオクニヌシ(日本神話)
  6. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

三國志雑学

  1. 馬車
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
  5. 甄氏(しんし)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. おんな城主 直虎
  4. キングダム54巻amazon
  5. 王異

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 赤鎧を身に着けた曹操 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな 袁紹VS袁術(犬猿) 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計 肝っ玉の太い凌操(りょうそう) 凌操とはどんな人?肝っ玉の太い孫呉の突撃隊長であり凌統の父を紹介 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの? 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP