キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

沙摩柯




異民族

 

三国志』はその内容をまるで知らない人には()(しょく)()の三つ(どもえ)合戦が延々と続く物語だと思われがちですが、

実際には決してそうではありませんよね。

序盤ではそれぞれ天下を狙う他の勢力と戦っていたりたまには同盟を組んでみたり、そうかと思えば異民族討伐に精を出したり…。

こうして見るとけっこう色々な要素が詰め込まれています。

 

ところで、異民族といえばなんとなく「敵」のイメージがありますが、味方として戦ってくれることもしばしば。

敵としてはやっかいな存在ですが、味方にすると頼りになるのが異民族です。

今回は、蜀の味方として大いに活躍した異民族の王・沙摩柯についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説

関連記事:潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?

 

 

劉備関羽の弔い合戦を強行

劉備、関羽の弔い合戦を強行

 

ことのはじまりは劉備(りゅうび)の義兄弟・関羽(かんう)が呉の呂蒙(りょもう)に討ち取られてしまったことでした。

荊州を返す返さないでのらりくらり身をかわしていたらとんでもないしっぺ返しを食らった蜀。

 

関羽を失ったと知った劉備は我を忘れて大憤怒、呉の討伐を強行してしまいます。

夷陵(いりょう)の戦いの幕開けです。

 

 

胡王?蛮王?沙摩柯参戦

沙摩柯

沙摩柯(しゃまか)

 

「絶対に関羽の仇を取るぞ!」と息巻く劉備の前に何とも奇妙な助っ人が現れました。

 

顔はまるで鮮血を注いだように真っ赤。

 

しかし、その顔の色と対照的な碧眼をギラつかせた散切り頭の大男。

左右の腰には弓を備え、鉄疾黎骨朶(てつしつれいこつだ)という鬼の金棒を思わせるような武器を手に持ち素足で現れた彼の名は沙摩柯でした。

いかにも蛮族という風体の彼はやはり蛮族の王だったようです。

 

ただ、どこの異民族の出身かは明らかになっておらず、正史『三国志』では胡王、『三国志演義』では蛮王と称されています。

このように正体不明の沙摩柯ですが、劉備にとっては見るからに心強い助っ人だったことでしょう。

 

 

三国志演義』では甘寧を射殺

『三国志演義』では甘寧を射殺

 

正史『三国志』では沙摩柯の活躍ぶりはあまり描かれていませんが、『三国志演義』では華々しい活躍を見せてくれています。

 

甘寧一番乗り~!」で有名な元ヤクザの親分・甘寧を腰に引っさげていた弓で見事射殺。

呉軍を激しく動揺させます。

甘寧は病気をおして出陣していたとはいえ歳をとっても暴れ馬のようだった甘寧を討ち取った沙摩柯は

なかなかの剛の者という設定だと考えられるでしょう。

『三国志演義』はやっぱり創作ですからね。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

陸遜の火攻めにより討ち取られる

陸遜の火攻めにより討ち取られる

 

実は、沙摩柯の夷陵の戦いでの様子は正史では陸遜の火攻めに遭って斬首されたという残念なことしか書いてありません。

蜀軍ははじめこそ有利に戦を進めていましたが、遠征疲れが出始めたところを陸遜によって見破られ、火攻めによって退路を断たれて

壊滅させられてしまいます。

 

その際、沙摩柯も逃げ遅れて呉軍につかまり処刑されてしまったとのことです。

ただ、やはり『三国志演義』では沙摩柯はもう少し格好良く描かれています。

一騎で逃げていたところ追撃してきた周泰に追いつかれて一騎打ちの様相に。

 

20合あまり打ち合った末、沙摩柯は討ち取られてしまったということになっています。

 

正史と『三国志演義』でなぜこうも違うのか?

正史と『三国志演義』でなぜこうも違うのか?

 

陳寿が著した正史『三国志』と『三国志演義』とでそのキャラクターが全く異なる人物というのはけっこういますが、

沙摩柯のキャラ変は結構著しいものですよね。

しかし、なぜこんなに違うのでしょうか?

 

それはおそらく『三国志演義』は劉備が主人公だからでしょう。

 

正義の主人公・劉備の味方は正義の人でなければいけませんし、正義の人は強くなくてはいけません。

だから、『三国志演義』の沙摩柯は正史よりも強く格好良い人物として描かれることになったのでしょう。

主人公・劉備を持ち上げるために、自然と沙摩柯も持ち上げられたというわけです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

謎多き異民族の王・沙摩柯は正史『三国志』では陸遜伝にちょっぴり顔を出すくらいの存在です。

それなのに『三国志演義』で大抜擢されているのは異民族の王というキャラクターがおいしかったのかもしれません。

異民族の王まで味方に付ける正義の劉備という構図は劉備万歳の『三国志演義』には好都合ですからね。

もし沙摩柯が劉備の味方ではなく呉の味方についていたならば沙摩柯は『三国志演義』に登場することすら叶わなかったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

関連記事:裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  2. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  3. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?
  4. 呂布に暗殺される董卓 これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?…
  5. 中国四大美女のひとり貂蝉
  6. 周瑜はナルシスト 周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬…
  7. 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  8. 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. キングダム 3巻
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良
  5. 魯粛と周瑜
  6. 呉の孫権は皇帝
  7. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  8. 三国志 麻雀

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」 吉田松陰(極悪顔)
  3. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説! 張昭
  4. 明智光秀の家臣にはどんな人がいたの? 細川ガラシャ
  5. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!
  6. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?

三國志雑学

  1. 曹操の墓
  2. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  3. 馬超の兜にフォーカス
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権
  2. 順調に将軍まで出世する陳武
  3. 司馬懿から頼まれる孫礼
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  5. 織田信長

おすすめ記事

キングダム53巻 キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー 何進 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 全世界800万ダウンロード突破の大ヒットゲーム「三国志タクティクスデルタ」に国民的ヒーロー『ウルトラマン』が登場するコラボレーションイベントを開催 皇帝になった徳川慶喜 もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった? 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 スサノオノミコト(日本神話) 邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうなったの? 蒼天航路 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP