はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

戦国時代の伊賀・甲賀は明治維新を先取りした先進地域だった!




 

戦国時代の伊賀(いが)甲賀(こうが)といえば忍者の里のイメージの方が強いと思います。

しかし、最近の研究により、この忍者の里では国土防衛の必要から身分と階層を越えた軍隊が結成され、惣国一揆と呼ばれる

合議制の連合組織が生まれていた事が分かっています。

封建制を越えて、すべての構成員が団結して戦う国民国家のような枠組みは、一体、どのようにして誕生したのでしょうか?

 

関連記事:戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介

関連記事:戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった?

 

 

十二人の評定衆を選んで政治を運営する伊賀惣国一揆

 

古来より伊賀は山がちの土地で小規模な国人領主が根を張る荘園地(しょうえんち)でした。

荘園ごとに同族の運営がされる間に、やがて伊賀の国中から十二人の有力な評定衆を選び合議によって伊賀の治安を維持するシステムが確立していきます。

これを当時、伊賀惣国一揆(いがそうこくいっき)と言いました。

 

一揆というと農民一揆のような武装蜂起に思えますが、実際は同志的な集団を指します。

また惣国とは、地域社会の構成員が階級の違いを越えて連帯し自治的な運動を展開する一揆をの事を指しています。

伊賀惣国一揆は、自治を認めてもらう代わりに各大名に軍事協力していました。

忍者もこのような軍事協力の一形態だったようです。

 

 

伊賀惣国の軍事体制

日本戦国時代の鎧

 

では、伊賀惣国の軍事体制はどのようなものだったのでしょうか?

惣国一揆掟書によると敵の侵入には、惣国一味同心で防衛する事が決められました。

村々は鐘を鳴らして、ただちに防戦体制に入り、武者大将の指揮の下で17歳から50歳の人間が村単位で組織されます。

主力は侍ですが、農民も足軽として戦争に参加し手柄を立てると褒美を与えて侍の階級に引き上げられるという実力主義を採用していました。

 

ここに見られるのは、祖国の防衛の為に身分と階層を乗り越えて組織された国民軍とも呼べる概念だったと言えるでしょう。

伊賀惣国一揆は、小規模ながら明治維新(めいじいしん)を先取りした組織だったのです。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

甲賀が組織した郡中惣

六角氏家紋

画像:六角氏家紋Wikipedia

 

隣接する甲賀でも、同じく郡内の地域秩序の維持の為に郡中惣(ぐんちゅうそう)が組織されました。

郡中惣は掟に基づき、郡中奉行という組織によって運営され、村同士の境界争いなどの調停を行っていました。

甲賀で郡中惣の行動が活発になった背景には、当地の守護六角氏(ろっかくし)が織田信長に敗れてしまい、その統治力が低下した不安がありました。

政情不安を乗り切る為に甲賀郡の国人領主は結束を強める必要があったのです。

 

伊賀と甲賀が手を組んだ野寄合

 

自治傾向を強めた伊賀と甲賀は、織田信長の侵略に対して共同して防衛にあたろうとします。

これを野寄合(のよりあい)と言い、選出された評定衆と郡中奉行が集まり連携を深め軍事や経済について、様々な掟を定めていきました。

意見が割れた時には多数決により決定していたそうです。

戦国時代という時期を考えると、かなり民主的なシステムと言えますね。

 

しかし、元亀元年(1570年)に六角氏が信長に大敗すると甲賀も信長に降伏、以後、国人領主は「甲賀衆」として信長に付き従いました。

こうして、野寄合も自然消滅してしまったのです。

 

最後まで信長に抵抗した伊賀も1581年に降伏

織田信長

 

甲賀の脱落後も、伊賀惣国一揆は独立を維持し、信長に抵抗しつづけます。

その団結力で織田信雄(おだのぶかつ)の軍勢を撃退した事もありましたが、織田信長は、戦争のプロである侍の集団を敗北させた伊賀惣国一揆に脅威を感じ

天正9年(1581年)に5万の軍勢で伊賀に攻め寄せて非戦闘員を含めて30000人を殺戮、伊賀を破壊し尽しました。

 

参考文献:最新研究が教えてくれるあなたの知らない戦国史

 

戦国時代ライターkawauso編集長の独り言

 

明治維新を身分制を廃棄して四民平等を実現しすべての国民が政治に関与できる体制を目指したものと定義するならば、

伊賀惣国一揆も、複雑な身分制を越えて全ての構成員が国防に参加し、それぞれの惣村で選んだ代表の評定衆が協議して政治を行う等は、

維新の国民国家のモデルを先取りしたものであると言えます。

その先進的な政治体制を同じく改革者と呼ばれた織田信長が破壊するのは歴史の皮肉を感じずにはいられません。

 

関連記事:戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く

関連記事:【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  2. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  3. 真田丸 武田信玄 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介!
  4. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何?
  7. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる?
  8. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. 陸遜
  3. 劉禅
  4. 劉備 呂布 肉取り合い

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】
  2. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  3. 西郷従道と西郷隆盛兄弟の関係は? 大山巌
  4. ゴシップ満載!夏目漱石もペンネームを取った世説新語とは?
  5. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相

三國志雑学

  1. 劉禅 韓非子
  2. 夏侯惇と呂布
  3. 孔明による出師の表
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽 関索
  2. 沙摩柯
  3. 陸遜
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 船冒険する諸葛直 船
  6. 渋沢栄一

おすすめ記事

陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!? 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?! 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった! 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP