呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻

秦の旗を掲げる兵士




戦国七雄の地図

 

諸侯(しょこう)たちが王を名乗り「我こそは真の王だ!」としのぎを削っていた戦国時代。

お飾りとなってしまった(しゅう)をしり目に諸侯たちは暴れまくっていました。

 

その中でも特に力が強かったのが中国大陸の西方に陣取っていた(しん)です。

そんな最強ともいえる秦を支えていたのもやっぱり遊説家(ゆうぜいか)たちでした。

今回は秦での遊説家たちの活躍ぶりをご紹介しましょう。

 

関連記事:【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

関連記事:秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?

 

 

棚ぼたで土地をゲット

 

楚が秦を攻めた際、遊説家・張儀(ちょうぎ)が秦王・恵文君(けいぶんくん)に次のように勧めました。

 

「魏に味方をしてあげると良いでしょう。

魏が戦に勝てば魏は秦に従うようになり、西河の外の地を寄越すに違いありません。

また、魏が負けたとしても魏には西河の外の地を守れずに秦のものになることでしょう。」

 

そこで恵文君は兵を1万人と戦車百乗を魏の犀首(さいしゅ)将軍に与えました。

 

その結果魏は楚に勝利しましたが、兵は疲れ切ってしまい、秦に襲撃されることを恐れて西河の外の地を献上してきたのでした。

 

ただ兵を貸すだけで土地をゲットした秦。

魏が勝っても負けても棚からぼたもちが落ちてくることを見抜いていた張儀の先見の明にも驚かされますね。

 

 

百里を行く者は九十里を半ばとす

 

戦国の七雄の中でも特に強大な力を誇っていた秦。

しかし、その強さを鼻にかけ、秦の武王は他国を(ないがし)ろにしていたようです。

そのことを憂いた者が秦の武王に次のような話をしました。

 

「私は武王様が斉を軽んじ、楚を侮って韓を属国扱いしていることをとても心配しております。

 

私は『王兵は勝ちて(おご)らず、伯主は約して忿(いか)らず』と聞いています。

勝っても驕らないからこそ世を従わせることができ、窮地に陥っても恨まないからこそ隣をなびかせることができるのです。

驕ったり恨んだりということは覇王のすることではございません。

 

また、『詩経』には『初めあらざるは()く、よく終わりあるは(すく)なし』とあります。

古の聖王が重んじたのはただ初めと終わりなのです。

 

今、武王さまは宜陽を破り、韓の三川の地を踏みにじり、天下の国々の交わりを断ち切り、東西両周の国境を(うつ)し、

楚の黄棘(こうきょく)を取りました。その結果、韓・楚の軍は進もうとしませんでした。

武王様がここで有終の美を収めれば天下の覇王となれるでしょう。

 

しかし、武王様がここで有終の美を収めることができなかったら天下の物笑いになってしまうのではないかと心配でなりません。

『詩経』に『百里を行く者は九十里を半ばとす』とあります。

これは、最後の道程の険しさを言っているのです。

今武王様にはいつにもまして驕色が見えます。

 

天下の覇業は世の諸侯たちの心次第。

楚が討たれるのでなければ、討たれるのは必ず秦でしょう。

 

秦は魏を助けて楚を防ぎ、楚は韓を助けて秦を防いでおり、四国の兵力が釣り合っているために戦が起こらない状態です。

しかし、秦・楚のうちどちらかが斉・宋を手に入れれば、その均衡が崩れて秦・楚のどちらかが必ず打たれてしまいます。

万が一楚・秦が斉・宋を手に入れようと争えば、秦・楚両国は天下の物笑いとなってしまうでしょう。」

 

長い説教に恐れ入ります…。

 

昔話や『詩経』の言葉を巧みに使いながら武王の驕りを戒めています。

 

有名な故事成語である「百里を行く者は九十里を半ばとす」は

現在見ることができる『詩経』には見られないため、『戦国策』のこちらのエピソードが出典とされています。

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

「奇貨居くべし」の別バージョン

呂不韋

 

秦の始皇帝の父親が趙に人質となっていて、呂不韋(りょふい)によって見出されたという話は『史記』にも載っているということで有名ですが、

『戦国策』にも似て非なるエピソードが。

商人であった呂不韋が趙の邯鄲(かんたん)に行商に出かけたところ、後に始皇帝(しこうてい)の父となる異人(いじん)を見かけます。

 

呂不韋は帰宅して父に次のように尋ねました。

「田畑を耕すと利益は何倍になるでしょうか?」

「十倍だ。」

と答える呂不韋の父。

 

今度は

「真珠のもうけは何倍でしょうか?」

と尋ねる呂不韋。

 

「百倍だ。」

と答える呂不韋の父。

 

「国君を盛り立てることによるもうけは何倍でしょうか?」

と尋ねる呂不韋。

 

「はかり知れないな…」

と答える呂不韋の父。

 

これを聞いた呂不韋は

「あくせく野良仕事に精を出しても暖かい服も食料もまともに手に入らない。

しかし、ここで国を建てて君を立てれば子孫にたくさんのものを遺してやれます。」

と言って異人の元に出かけて行ったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

秦は強国なので、秦策に収められているエピソードにもどことなく余裕が感じられます。

 

強国ならではの王の驕りを諫めるエピソードが多い秦策ですが、遊説家たちが歴代の王をうまくコントロールしてきたからこそ

秦は天下統一の覇業を成し遂げられたのだということを窺い知ることができますね。

 

関連記事:阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!?

関連記事:【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  2. ネズミで人生を変えた李斯 便所のネズミから蔵のネズミに!李斯の華麗なる転身
  3. はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  4. キングダム26巻 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  5. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…
  6. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  7. 始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  8. キングダム 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやって…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張飛と劉備
  2. 袁燿(袁耀)えんよう
  3. 宋銭 お金と紙幣
  4. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  5. 丸木舟(弥生時代)
  6. 廃仏毀釈
  7. 劉備を警戒する陳羣

おすすめ記事

  1. 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  2. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった? かぼちゃと孫権
  3. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 大政奉還した徳川慶喜
  6. 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!? 曹操を逃す関羽

三國志雑学

  1. 劉備
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 呂雉(りょち)
  3. 強くなる関羽
  4. 田中角栄
  5. 徐晃
  6. 呂不韋
  7. 空を飛ぶスーパーマン袁術

おすすめ記事

魏の曹操孟徳 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 北伐する孔明 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは? 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 織田信長 織田信長は金平糖にメロメロだった!スイーツ男子は甘いお菓子を手作りしていた 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る 甘寧 裏切る ゆるキャラ 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP