キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻




戦国七雄の地図

 

諸侯(しょこう)たちが王を名乗り「我こそは真の王だ!」としのぎを削っていた戦国時代。

お飾りとなってしまった(しゅう)をしり目に諸侯たちは暴れまくっていました。

 

その中でも特に力が強かったのが中国大陸の西方に陣取っていた(しん)です。

そんな最強ともいえる秦を支えていたのもやっぱり遊説家(ゆうぜいか)たちでした。

今回は秦での遊説家たちの活躍ぶりをご紹介しましょう。

 

関連記事:【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

関連記事:秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?

 

 

棚ぼたで土地をゲット

 

楚が秦を攻めた際、遊説家・張儀(ちょうぎ)が秦王・恵文君(けいぶんくん)に次のように勧めました。

 

「魏に味方をしてあげると良いでしょう。

魏が戦に勝てば魏は秦に従うようになり、西河の外の地を寄越すに違いありません。

また、魏が負けたとしても魏には西河の外の地を守れずに秦のものになることでしょう。」

 

そこで恵文君は兵を1万人と戦車百乗を魏の犀首(さいしゅ)将軍に与えました。

 

その結果魏は楚に勝利しましたが、兵は疲れ切ってしまい、秦に襲撃されることを恐れて西河の外の地を献上してきたのでした。

 

ただ兵を貸すだけで土地をゲットした秦。

魏が勝っても負けても棚からぼたもちが落ちてくることを見抜いていた張儀の先見の明にも驚かされますね。

 

 

百里を行く者は九十里を半ばとす

 

戦国の七雄の中でも特に強大な力を誇っていた秦。

しかし、その強さを鼻にかけ、秦の武王は他国を(ないがし)ろにしていたようです。

そのことを憂いた者が秦の武王に次のような話をしました。

 

「私は武王様が斉を軽んじ、楚を侮って韓を属国扱いしていることをとても心配しております。

 

私は『王兵は勝ちて(おご)らず、伯主は約して忿(いか)らず』と聞いています。

勝っても驕らないからこそ世を従わせることができ、窮地に陥っても恨まないからこそ隣をなびかせることができるのです。

驕ったり恨んだりということは覇王のすることではございません。

 

また、『詩経』には『初めあらざるは()く、よく終わりあるは(すく)なし』とあります。

古の聖王が重んじたのはただ初めと終わりなのです。

 

今、武王さまは宜陽を破り、韓の三川の地を踏みにじり、天下の国々の交わりを断ち切り、東西両周の国境を(うつ)し、

楚の黄棘(こうきょく)を取りました。その結果、韓・楚の軍は進もうとしませんでした。

武王様がここで有終の美を収めれば天下の覇王となれるでしょう。

 

しかし、武王様がここで有終の美を収めることができなかったら天下の物笑いになってしまうのではないかと心配でなりません。

『詩経』に『百里を行く者は九十里を半ばとす』とあります。

これは、最後の道程の険しさを言っているのです。

今武王様にはいつにもまして驕色が見えます。

 

天下の覇業は世の諸侯たちの心次第。

楚が討たれるのでなければ、討たれるのは必ず秦でしょう。

 

秦は魏を助けて楚を防ぎ、楚は韓を助けて秦を防いでおり、四国の兵力が釣り合っているために戦が起こらない状態です。

しかし、秦・楚のうちどちらかが斉・宋を手に入れれば、その均衡が崩れて秦・楚のどちらかが必ず打たれてしまいます。

万が一楚・秦が斉・宋を手に入れようと争えば、秦・楚両国は天下の物笑いとなってしまうでしょう。」

 

長い説教に恐れ入ります…。

 

昔話や『詩経』の言葉を巧みに使いながら武王の驕りを戒めています。

 

有名な故事成語である「百里を行く者は九十里を半ばとす」は

現在見ることができる『詩経』には見られないため、『戦国策』のこちらのエピソードが出典とされています。

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

「奇貨居くべし」の別バージョン

呂不韋

 

秦の始皇帝の父親が趙に人質となっていて、呂不韋(りょふい)によって見出されたという話は『史記』にも載っているということで有名ですが、

『戦国策』にも似て非なるエピソードが。

商人であった呂不韋が趙の邯鄲(かんたん)に行商に出かけたところ、後に始皇帝(しこうてい)の父となる異人(いじん)を見かけます。

 

呂不韋は帰宅して父に次のように尋ねました。

「田畑を耕すと利益は何倍になるでしょうか?」

「十倍だ。」

と答える呂不韋の父。

 

今度は

「真珠のもうけは何倍でしょうか?」

と尋ねる呂不韋。

 

「百倍だ。」

と答える呂不韋の父。

 

「国君を盛り立てることによるもうけは何倍でしょうか?」

と尋ねる呂不韋。

 

「はかり知れないな…」

と答える呂不韋の父。

 

これを聞いた呂不韋は

「あくせく野良仕事に精を出しても暖かい服も食料もまともに手に入らない。

しかし、ここで国を建てて君を立てれば子孫にたくさんのものを遺してやれます。」

と言って異人の元に出かけて行ったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

秦は強国なので、秦策に収められているエピソードにもどことなく余裕が感じられます。

 

強国ならではの王の驕りを諫めるエピソードが多い秦策ですが、遊説家たちが歴代の王をうまくコントロールしてきたからこそ

秦は天下統一の覇業を成し遂げられたのだということを窺い知ることができますね。

 

関連記事:阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!?

関連記事:【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  2. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなか…
  4. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と…
  6. 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻
  7. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  8. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 坂本龍馬 幕末
  2. 近藤勇 新選組

おすすめ記事

  1. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介
  2. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官
  5. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  6. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 原田左之助とはどんな人?池田屋事件での逸話や薄桜鬼での原田左之助 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない? 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

おすすめ記事

  1. 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)
  2. 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!?
  3. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  4. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?
  5. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  6. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  7. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  8. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP