三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!?



楽進

 

戦においては常に先鋒で戦ってきた楽進(がくしん)

魏の将軍の中でトップクラスの勇将と言われた張遼(ちょうりょう)

知将としていくつもの戦いで活躍した李典(りてん)

この三人はチョーがつくほど仲が悪かったのですが、三人がタッグを組むと三国志最強と言える強さを発揮するのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

 

 

協調性ゼロの三人

楽進と李典と張遼

 

李典楽進張遼の三人はチョー仲が悪い三人でした。

この三人はどうして仲が悪かったのか描かれていませんが、それぞれ性格が合わなかったのではないのでしょう。

楽進張遼は一回だけ一緒の戦線で戦ったことがありましたが、二人とも協力しないで自由気ままに戦っていたそうです。

この時は人間関係の調整のプロフェッショナル・趙嚴(ちょうげん)が二人の仲を取り持ったため何とかなりました。

また李典と張遼も一緒の戦線で戦ったことがありますが、この時も趙嚴が李典や張遼、他の将軍たちをまとめていたため、何事もありませんでした。

このように全然協調性の無い組み合わせ最悪な三人が、ある時曹操(そうそう)の命令で三人一緒の城を守備することになるのです。

 

 

一緒の城内に駐屯した三人

銅雀台

 

楽進・李典・張遼の三人は曹操の命令によって合肥の城に駐屯することになります。

この時、この三人は曹操の命令に従いますが、城内に入ると会議を開いたりすることなくここでも協調性ゼロでした。

しかし孫権(そんけん)軍10万の軍勢が迫ってくることになると、薛悌(せつてい)という人物が三人を仲介して会議を開きます。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

曹操の命令書を見るが…

曹操

 

薛悌は三人が会議に来ると曹操から預かっていた秘密の命令書を開封。

この命令書には

 

孫権軍がやってきたら、李典と張遼が一緒に城外に出て孫権軍を攻撃するべし。

楽進は薛悌と一緒に城内にこもって孫権軍の攻撃から城を守るべし」

と記されていました。

 

楽進・李典・張遼の三人はこの命令書を見て、苦い顔をしていました。

張遼は城外で戦う事に賛成しますが、今までいがみ合っていた李典・楽進が協力するのか不安でした。

李典は張遼の不安を感じたのか

「ここは国家の一大事というべき出来事が発生している。

だから今までの恨みを忘れて協力するよ。

この戦いは君の計略で孫呉の軍勢を打破できるのかどうかにかかっているのだぞ」

と張遼へ活を入れます。

張遼と楽進は李典の言葉に同意し、協調性ゼロの三人は協力して孫権軍と戦うことを誓い合うのでした。

 

三国志最強のトリオ結成

張遼

 

楽進・李典・張遼は今まで協調性ゼロでしたが、初めて協力して戦うことに。

楽進と薛悌は曹操の命令書にあった通り、合肥城(がっぴじょう)の守備に回ることにします。

そして李典と張遼の二人は孫権軍が合肥城へ攻撃を仕掛ける前に奇襲攻撃を行う作戦を立案します。

李典と張遼は協力して孫権軍へ奇襲攻撃を仕掛けた結果、孫権を討ち取る一歩手前まで追いつめることに成功し、孫呉の軍勢を大混乱に陥れて、

合肥城へ帰還します。

 

孫権軍は張遼と李典の奇襲攻撃を受けた後、合肥城へ総攻撃をかけますが、楽進達の鉄壁の守りに阻まれて、合肥城を落とすことができずに撤退。

張遼は孫権軍が撤退する時も諸将を率いて出陣し、孫権を討ち取る寸前まで追いつめ、大勝利で戦いの幕を閉じるのでした。

こうして三人が協力したことによって孫権軍はかつてない大敗北をすることになり、楽進・李典・張遼の三人こそ、三国志最強のトリオチームと

言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

魏の国内でも一番仲の悪い三人でしたが、国家が危機的状況に陥れば日ごろの仲の悪さを忘れて協力できた楽進・李典・張遼。

この三人は7000ほどの兵力しかありませんでしたが、10万の孫権軍を撃退しています。

このことからこの三人のトリオチームこそ三国志最強のチームだと思うのですが、皆さんはどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?

関連記事:永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  2. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  3. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  4. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の…
  5. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を…
  8. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?
  2. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  3. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  4. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】
  6. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

張郃は不死身のゾンビ将軍だった!? 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 聖徳太子の地球儀 【検証】聖徳太子は地球儀を作り得なかった?【HMR】 記録が乏しい孫堅の妻たち 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  2. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  3. 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ
  4. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11/5】
  6. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  7. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  8. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP