コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!?

張遼・楽進・李典



楽進

 

戦においては常に先鋒で戦ってきた楽進(がくしん)

魏の将軍の中でトップクラスの勇将と言われた張遼(ちょうりょう)

知将としていくつもの戦いで活躍した李典(りてん)

この三人はチョーがつくほど仲が悪かったのですが、三人がタッグを組むと三国志最強と言える強さを発揮するのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

 

 

協調性ゼロの三人

楽進と李典と張遼

 

李典楽進張遼の三人はチョー仲が悪い三人でした。

この三人はどうして仲が悪かったのか描かれていませんが、それぞれ性格が合わなかったのではないのでしょう。

楽進張遼は一回だけ一緒の戦線で戦ったことがありましたが、二人とも協力しないで自由気ままに戦っていたそうです。

この時は人間関係の調整のプロフェッショナル・趙嚴(ちょうげん)が二人の仲を取り持ったため何とかなりました。

また李典と張遼も一緒の戦線で戦ったことがありますが、この時も趙嚴が李典や張遼、他の将軍たちをまとめていたため、何事もありませんでした。

このように全然協調性の無い組み合わせ最悪な三人が、ある時曹操(そうそう)の命令で三人一緒の城を守備することになるのです。

 

 

一緒の城内に駐屯した三人

銅雀台

 

楽進・李典・張遼の三人は曹操の命令によって合肥の城に駐屯することになります。

この時、この三人は曹操の命令に従いますが、城内に入ると会議を開いたりすることなくここでも協調性ゼロでした。

しかし孫権(そんけん)軍10万の軍勢が迫ってくることになると、薛悌(せつてい)という人物が三人を仲介して会議を開きます。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

曹操の命令書を見るが…

曹操

 

薛悌は三人が会議に来ると曹操から預かっていた秘密の命令書を開封。

この命令書には

 

孫権軍がやってきたら、李典と張遼が一緒に城外に出て孫権軍を攻撃するべし。

楽進は薛悌と一緒に城内にこもって孫権軍の攻撃から城を守るべし」

と記されていました。

 

楽進・李典・張遼の三人はこの命令書を見て、苦い顔をしていました。

張遼は城外で戦う事に賛成しますが、今までいがみ合っていた李典・楽進が協力するのか不安でした。

李典は張遼の不安を感じたのか

「ここは国家の一大事というべき出来事が発生している。

だから今までの恨みを忘れて協力するよ。

この戦いは君の計略で孫呉の軍勢を打破できるのかどうかにかかっているのだぞ」

と張遼へ活を入れます。

張遼と楽進は李典の言葉に同意し、協調性ゼロの三人は協力して孫権軍と戦うことを誓い合うのでした。

 

三国志最強のトリオ結成

張遼

 

楽進・李典・張遼は今まで協調性ゼロでしたが、初めて協力して戦うことに。

楽進と薛悌は曹操の命令書にあった通り、合肥城(がっぴじょう)の守備に回ることにします。

そして李典と張遼の二人は孫権軍が合肥城へ攻撃を仕掛ける前に奇襲攻撃を行う作戦を立案します。

李典と張遼は協力して孫権軍へ奇襲攻撃を仕掛けた結果、孫権を討ち取る一歩手前まで追いつめることに成功し、孫呉の軍勢を大混乱に陥れて、

合肥城へ帰還します。

 

孫権軍は張遼と李典の奇襲攻撃を受けた後、合肥城へ総攻撃をかけますが、楽進達の鉄壁の守りに阻まれて、合肥城を落とすことができずに撤退。

張遼は孫権軍が撤退する時も諸将を率いて出陣し、孫権を討ち取る寸前まで追いつめ、大勝利で戦いの幕を閉じるのでした。

こうして三人が協力したことによって孫権軍はかつてない大敗北をすることになり、楽進・李典・張遼の三人こそ、三国志最強のトリオチームと

言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

魏の国内でも一番仲の悪い三人でしたが、国家が危機的状況に陥れば日ごろの仲の悪さを忘れて協力できた楽進・李典・張遼。

この三人は7000ほどの兵力しかありませんでしたが、10万の孫権軍を撃退しています。

このことからこの三人のトリオチームこそ三国志最強のチームだと思うのですが、皆さんはどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?

関連記事:永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは…
  2. 司馬懿 司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析!
  3. 孔明 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてく…
  4. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう…
  5. 華雄(かゆう) 華雄は孫堅の引き立て役に過ぎない、三国志演義と正史三国志を比較
  6. 趙雲 三尖刀 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  7. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  8. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 年を取った司馬懿
  2. 孔明
  3. 呂布に従う陳宮
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  2. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! ネズミで人生を変えた李斯
  3. 劉琦が劉備と諸葛亮に利用されていた理由とは? 車に乗る諸葛亮
  4. 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!??? 郭嘉
  5. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 邪馬台国と魏の兵士
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 曹操は女性の敵なの?もじのみ

三國志雑学

  1. 疫病が流行った村
  2. 孔子と儒教
  3. 孔融と曹操
  4. 劉禅と孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜の魅力
  2. 司馬懿
  3. 夏侯惇
  4. 渋沢栄一

おすすめ記事

司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物 孔明 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう! 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった! 司馬炎(はじめての三国志) 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP