呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

太史慈vs許褚どっちが強いか今夜比べてみた!?

徐晃と許チョ




太史慈

太史慈

 

太史慈(たいしじ)は孫呉の武将の中でも武勇に優れた将軍として知られていると思います。

そして曹操(そうそう)の親衛隊隊長・許褚(きょちょ)曹操のボディガードを何十年も務め、武勇においてもかなりの強さを持っていた人物です。

今回はそんな太史慈許褚のどちらが強いのか、黒田レンの独断と偏見で今夜勝手に比べて決めたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

関連記事:許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

 

 

接近戦なら許褚!?

徐晃と戯れる許褚

許楮と徐晃

 

一騎打ちには互いに武器をぶつけ合って戦う接近戦があります。

三国志のゲームではよく見る光景ですが、一騎打ちをした場合、太史慈と許褚ではどちらの方が強いのでしょうか。

黒田レンの独断ですが、多分許褚の方が太史慈よりも強いと思われます。

ここで許褚が太史慈よりも強いエピソードを紹介しましょう。

許褚は曹操の配下として加わる前、賊徒から村を守る護衛団として戦っていましたが、賊徒の大軍に村が包囲され、食糧不足になってしまいます。

 

許褚は賊徒から食料をもらうため牛と交換する条件を提示すると賊徒は許褚の提案をすんなり受け入れます。

許褚は賊徒に牛を届け食料を手に入れることに成功するのですが、牛が賊徒の元から脱走してしまいます。

 

許褚は賊徒の元から牛が脱走してきたことを知ると牛の尻尾を引っ張って賊徒の元へ連れて行きます。

この光景をみた賊徒は許褚の化物じみた怪力にびっくりして逃走し、村の包囲を解除することに成功します。

許褚の怪力にはさすがの太史慈も勝つことができず、許褚と一騎打ちをすれば討ち取られてしまうでしょう。

そのため接近戦では太史慈よりも許褚の方が強いと言えると思います。

 

 

遠距離戦では太史慈の方が強い!!

太史慈

 

接近戦では太史慈よりも許褚の方が強いと言えるでしょう。

しかし一騎打ちは接近戦だけでなく、弓矢などの遠距離からの攻撃で敵を射抜いて倒すパターン想定されます。

この場合太史慈と許褚のどちらが強いのでしょうか。

弓矢などの遠距離戦の場合は太史慈の方が強いと言えるでしょう。

ここで太史慈の弓術についてのエピソードを紹介しましょう。

 

太史慈は孫策(そんさく)の配下へと加わった後、孫策と一緒に賊徒討伐戦に参加。

この時太史慈は砦の中に篭城している賊徒が悪口を言われてしまいます。

太史慈は賊徒の悪口を聞くと素早く弓矢を構え、悪口を浴びせかけてきた賊徒の手にめがけて弓矢を放ちます。

すると弓矢は賊徒の手を見事打ち抜くことに成功し、包囲していた孫策軍は大いに彼の弓矢の妙技に拍手をもって称えるのでした。

孫策軍に悪口を言った賊徒は砦の上にいます。

 

太史慈は砦を包囲しているので、砦の規模にもよりますが、悪口を言った賊徒がいる場所から太史慈の距離は百メートル以上あったと思われ、

賊徒の手なんて肉眼で見えるかどうかといったところでしょう。

太史慈はこの肉眼で確認できるか分からない小さい的を射抜く弓矢の妙技を用いれば、許褚も防ぐことができずに

やられてしまうかもしれないでしょう。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

今回の勝負のまとめ

三国志ライター黒田レン

 

接近戦において太史慈と許褚が一騎打ちを行えば、太史慈の方が不利と言えます。

しかし遠距離戦からの攻撃であれば、太史慈の方が許褚よりも有利であると言えるでしょう。

よって今回の勝負は引き分けということでよろしいでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は太史慈と許褚が一騎打ちを行ったパターンをシミュレーションしてみました。

三国志の世界で両者は戦うことがありませんでしたが、このようにシミュレーションしてみるのも三国志の楽しみ方としてはありだと思います。

しかし今回のシミュレーションはあくまで黒田レンの独断が混じっているので実際に二人が戦った場合、どのような結末を迎える事になるのかは

全くの未知数です。

 

戦場においては何が起きるかわからないので、もしかしたら接近戦で太史慈が許褚を討ち取ってしまうかもしれません。

また遠距離戦でも弓矢で太史慈を許褚が打ち抜いてしまうかもしれません。

そのためあくまで今回のは黒田レンの独断ということをご承知しながら楽しんでもらえると幸いです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  2. 酔いつぶれる劉備玄徳 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
  3. 張コウ 張郃 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!?
  4. 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう
  5. 周瑜と陸遜 もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】
  6. 劉禅を説得する張嶷 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  7. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  8. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  2. 高順が呂布に疎んじられた理由
  3. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  4. ロバ顔の諸葛瑾
  5. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  7. 陸遜

おすすめ記事

  1. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? キングダム45
  2. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!
  4. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・ 司馬朗と司馬防
  6. 後北条家氏の武将達を紹介!

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の馬超
  2. 呂布に暗殺される董卓
  3. 雨の中進軍する曹真
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 「魏」の旗を持った兵士
  2. 法正
  3. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  4. 平野国臣

おすすめ記事

法正 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!? 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! キングダム 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP