はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?




京劇の趙雲

趙雲

 

劉備(りゅうび)に生涯忠誠をささげてきた五虎将軍の趙雲(ちょううん)

そして孫策(そんさく)に忠誠をささげてきた孫呉の名将・太史慈(たいしじ)

彼ら二人に共通しているのは忠誠心ですが、どちらの方が忠誠心を持って君主に仕えていたのでしょうか。

今夜は二人の忠誠心を比べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?

関連記事:五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

 

 

劉備を支えた忠誠心はここから始まる

劉備と趙雲

 

趙雲の忠誠心の高さを伺う事の出来るエピソードと言えば長坂での戦いが有名だと思います。

この話ははじめての三国志でも幾度も紹介しており、読者の方もこのエピソードをよくご存じでしょう。

そのため今回は趙雲が劉備へ忠誠を誓うことになったお話をここで紹介しましょう。

 

趙雲ははじめ劉備の学友・公孫瓚(こうそんさん)に仕え、この時はじめて劉備と知り合いになります。

劉備は趙雲を高く評価しており、いつも彼を気遣いながら付き合っていましたが、趙雲の兄貴が亡くなり、兄貴を弔うために

公孫瓚の元を離れることになります。

 

この時趙雲は

「私はあなたの徳に感銘を受けました。あなたを裏切ることは絶対にしません」と言って別れます。

その後趙雲は劉備が袁紹(えんしょう)を頼ってきた時、劉備の元を訪れて再会を果たします。

劉備は趙雲と再会したことがうれしく、自分の部屋に招いて一緒に寝るほどの親密さをもって接します。

趙雲は劉備の親密さに感激し彼に忠誠心をもって仕える事を心の中で誓ったのでしょう。

趙雲は劉備が行くところに常につき従っていき、生涯忠誠心を忘れなかったそうです。

 

趙雲の忠誠心の高さは公孫瓚との出会いから始まり、その後劉備を裏切らず、忠誠心をもってずっと支えていきますが、

太史慈はどれくらいの忠誠心を持っていたのでしょうか。

 

 

孫策の信頼に信義と忠誠心をもって報いる

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

太史慈孫策に敗北すると彼から絶大な信頼をかけられ、配下になったばかりにもかかわらず兵士を預けられ、官職を与えられます。

太史慈は孫策から信頼されたことに感激し、孫策へ

 

劉繇の軍勢は敗北したばかりでバラバラになって日がたっていません。

もしこのまま日が経過すれば、兵士たちを再度集めるのが困難になりましょう。

そこで私が今から劉繇の元兵士達を説得して集めてきましょう」と進言。

 

孫策は太史慈の進言を聞いて集合する日時を決めて、彼を解き放つことにします。

孫策の配下は「太史慈はこのまま戻ってきませんぞ」と孫策に苦言を呈しますが、孫策は彼らの言葉を信じず、無視していました。

太史慈は元劉繇軍の兵士を集めて、孫策との日時通りに戻ってきます。

 

孫策は太史慈が自分を裏切らずに戻ってきてくれたことを大いに喜んで彼のために宴会を開いてもてなすのでした。

太史慈も孫策にしっかりと忠誠心を見せつけているのが、上記のエピソードでお分かりになったと思います。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

どちらの忠誠心が上なのか結果発表!!

三国志ライター黒田レン

 

さて太史慈と趙雲どちらの忠誠心が上なのでしょうか。

黒田レンの独断と偏見による結果発表の時間です。

結果は・・・・趙雲の方が太史慈よりも忠誠心が高いと言えると思います。

 

趙雲の忠誠心の高さは三国志の中でも一番であり、今回のエピソードのほかにも長坂で劉禅を単騎で救ったことや

劉備に殺されるかもしれない場面でも劉備の事を思って臆することなく注意したエピソードもあります。

しかし太史慈には忠誠心をもって孫策に仕えていたエピソードが趙雲に比べてちょっと少なかったです。

そのため趙雲の忠誠心の方が太史慈よりも高いと判断させていただきました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

太史慈と趙雲の忠誠心の高さを今夜勝手に比べてみました。

武勇においてはたぶん甲乙つけがたい所がありますが、忠誠心においては頭一つだけ趙雲の方が勝っていると思いますが、

皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書・呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった?

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??
  2. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  3. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  4. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  5. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
  6. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  7. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  8. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操 三国志演義に登場する兵器

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅
  3. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 織田信長

おすすめ記事

  1. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  2. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  3. 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました
  5. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  6. 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント? 幕末 帝国議会

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 周瑜くやしい 呉

おすすめ記事

張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント? 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 龐統2 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 陸遜 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実 井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP