三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

織田信長



織田信長

 

戦国の風雲児織田信長(おだのぶなが)は、同時に戦国史上最も裏切られた大名だとも言えます。

それは、浅井長政(あざいながまさ)から始まり、武田信玄(たけだしんげん)上杉謙信(うえすぎけんしん)毛利元就(もうりもとなり)松永久秀(まつながひさひで)荒木村重(あらきむらしげ)明智光秀(あけちみつひで)の7名

しかも、松永久秀については複数回裏切られています。

幾ら下克上(げこくじょう)の戦国とはいえ、あまりに裏切られすぎではないでしょうか?

そこで、今回は織田信長を裏切った栄えある第一号、浅井長政について紹介します。

彼の場合、織田信長のジャイアンぶりが裏切りに影響したようです。

 

※この記事は河出書房出版 織田信長不器用すぎた天下人を参考に執筆しました。

 

全記事一覧:織田信長スペシャル

関連記事:戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった?

関連記事:織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた!

 

 

 

共通の敵六角氏と斎藤氏に対抗する為に同盟を結ぶ

 

画像:斎藤竜興wiki

画像:斎藤竜興wiki

 

浅井長政と織田信長は、当初、共通の敵である六角氏&斎藤氏に対抗する目的で同盟しました。

上洛前の信長は斎藤龍輿(さいとうたつおき)が当面の敵でしたが斎藤氏は六角氏と結んでいたのです。

一方の浅井氏は北近江守護の京極氏(きょうごくし)と南近江の六角氏(ろっかくし)の間を利害によって往来していましたが、浅井長政が当主になると、

六角氏の重臣から迎えた正室を離縁して京極氏に組みするようになりました。

 

こうして、六角氏を敵とするという一点で織田家と浅井家の利害は一致します。

信長は妹のお市の方を長政に与えて両者は姻戚関係になります。

ここまでは、共通の敵に対するという意味で対等同盟だったのです。

 

 

信長が上洛して立場が一変

浅井長政Wikipedia

画像:浅井長政Wikipedia

 

しかし、信長が美濃の斎藤氏を滅ぼして足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて京に入ると両者の関係に大きな変化が生じました。

すでに背後に斎藤氏を抱えなくなった織田氏にとって、浅井氏との同盟の価値が、相対的に低下したのです。

そんな信長の本音が見える書状が長政が裏切った後に毛利元就に宛てられ出されています。

 

彼らの儀、近年別して家来せしむるの条、深長に隔心なく(そうらば)

 

長政については、近年は特に近しい家来として扱っていて、深い関係で疎遠ではありませんでしたと書いています。

これは、長政には仰天の認識でしょう。

対等同盟と思っていたのが、いつの間にか深く信頼で結ばれた家来ですと格下げされているのです。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

徳川家康と比較しても軽い扱い・・

徳川家康

 

浅井長政が同盟者として軽い扱いだったのは、同じく信長と同盟関係だった徳川家康と対比してみると分かりやすいと思います。

永禄十三年(1570年)正月、長政が信長を裏切る数か月前、信長は禁裏御所の修理や室町幕府の御用の為に畿内及び、その周辺の大名に

上洛命令を発しています。

その時に上洛に応じた大名の名前が奈良の僧侶、二条宴乗(にじょうえんじょう)日記にあり、筆頭の伊勢、北畠氏の次に徳川三河守と同盟者徳川家康が上がっています。

一方、浅井長政はというと、京極殿の下に「同浅井備前(あざいびぜん)」と細字で書かれていました。

これは、当時の書法で、京極氏の家来という意味だったそうです。

 

信長の扱いでは、家康は対等な同盟者でも長政は自分と対等の京極氏の家来という陪臣(ばいしん)扱いだったのです。

 

お前には妹と北近江をやっただろ!信長のジャイアニズム

 

織田信長が浅井長政を軽く見ていた証拠として大きいのは、金ケ崎の引き口での浅井氏裏切るという第一報を受けた時の信長の反応です。

 

「浅井は歴然たる御縁者たるの上、あまつさえ江北一円に仰せ付らるるのあいだ、不足これあるべからずの条、虚説たるべし」

 

これは長政は親戚であり、おまけに北近江を与えてやったのだから、俺に不満があるわけがない裏切りはデマだという意味です。

 

長政が信長の言い分を聞いたら激怒するでしょう。

 

「北近江はあんたからもらったのではない!浅井氏の先祖代々が血と汗で掴んだものだ」

 

浅井氏が自力で守って来た北近江を俺がくれてやったと言い切る傲岸不遜(ごうがんふそん)、この態度こそ浅井長政を裏切らせたのです。

まさにお前のモノは俺のモノ、俺のモノも俺のモノという信長のジャイアニズムが長政を背かせたと言えないでしょうか?

 

戦国時代ライターkawauso編集長の独り言

 

信長には独善的という性格的な欠陥があったようです。

俺は善い事をしている、あいつには尽くしている、だから、不満なんてもたれる(はず)がないんだ

良い意味で言えば、相手に不信感を持たない善意から入る性格なのでしょう。

そうして、全く善い事をしたつもりで相手のプライドを傷つけるのですから不満をもつ側から見ると、たまったものではありません。

 

浅井長政は、明智光秀や豊臣秀吉(とよとみひでよし)と違い信長に所領を与えられて大名になった人ではなく、北近江は彼の先祖が苦労して掴んだ土地でしたから、

それを俺が与えてやったような顔をして家来扱いする信長に我慢が出来なかった、これこそが浅井の裏切りの真相ではないでしょうか?

 

全記事一覧:織田信長スペシャル

関連記事:織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。

関連記事:織田信長の妻は年上が多かった!意外に甘えん坊だった?信長

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとさ…
  2. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何?
  4. 衝撃!徳川家康の家臣団は学級崩壊していた?
  5. 黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?…
  6. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  7. 黒田官兵衛 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  8. 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅と孔明
  2. 関羽の一騎当千
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  5. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  6. 信長の野望・革新 with パワーアップキット

おすすめ記事

  1. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  3. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機 織田信長
  4. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった? お酒 三国志 曹操
  5. 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配
  6. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る

三國志雑学

  1. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. キングダム53巻
  3. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

おすすめ記事

夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに? 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP