キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの??



 

魏の五将軍として張遼(ちょうりょう)徐晃(じょこう)らと一緒に活躍した于禁(うきん)

彼は曹仁(そうじん)を助けるため龐徳(ほうとく)と一緒に樊城(はんじょう)へ救出に向かいます。

しかし于禁関羽に降伏してしまい、龐徳は降伏しないで討ち死に。

于禁龐徳にはどうして違いが生まれてしまったのでしょうか。

今回は二人のこの違いについて紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

 

 

龐徳討ち死に

 

関羽(かんう)は荊州北部の樊城へ向けて進軍を開始。

曹仁関羽が来ることを知ると樊城に籠城するための準備を行い関羽軍を待ち受けます。

曹操曹仁を救援するため龐徳と于禁を樊城へ向かわせます。

龐徳と于禁は曹仁を救出するため、関羽軍へ攻撃を仕掛けますが、樊城付近を流れる漢水が決壊し樊城が水没。

龐徳と于禁は漢水が氾濫を起こしたため、高台へ軍勢を避難させます。

関羽率いる蜀軍は樊城を船で包囲しながら、于禁や龐徳がいる高台に攻撃を行います。

于禁は関羽軍と戦いますが、勝つ見込みがないことを悟って、関羽へ降伏。

しかし龐徳は関羽軍の攻撃を受けても于禁の様に降伏することを拒んで、戦い続けます。

その結果龐徳は関羽に討ち取られてしまい、彼とともに戦っていた者たちは全て亡くなってしまうのでした。

どうして于禁と龐徳に違いが生じてしまったのでしょうか。

 

 

于禁が降伏した理由とは「レンの推測」

 

于禁はどうして降伏したのでしょうか。

正史三国志には于禁の気持ちが書いていないのでわかりませんが、推測することはできます。

ここからはレンの推測になります。

于禁が降伏した理由は2つあり、一つは曹操に甘えていたと考えることができます。

どうしてそのように推測するのか。

それは于禁が関羽に降伏した際、曹操に仕えて30年以上が経過していたそうです。

そのため于禁は一時的に敵に降ったとしても、曹操に長年仕えていた自分なら許してくれるであろうと考えていたのではないのでしょうか。

また第二の兵士を助けるために降伏した理由としては、

漢水が氾濫を起こし、樊城近辺全域が水没している状態で関羽の軍勢と戦っても勝つことができないと判断。

そのため于禁は無駄な戦いで兵士を損失するよりも降伏して、率いていた兵士たちの命を助けるほうがまだましだと考えていたのではないのでしょうか。

上記で于禁が降伏した理由を述べましたが、龐徳はどうして降伏しなかったのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

龐徳が降伏しなかった理由:蜀に知り合いがいたから

 

では龐徳が于禁の様に降伏しないで、討ち死にを選んだのはどうしてなのでしょう。

この点も正史三国志には記載がないため、推測するしかありません。

レンの推測では龐徳が降伏しなかった理由は、知り合いが蜀に大勢いたためだと考えられます。

龐徳は魏の諸将から「あいつは兄貴が劉備に仕えているし、元の君主・馬超(ばちょう)劉備に仕えている。いつ蜀に裏切るかわからないぞ」と噂されていたそう

です。

龐徳はこれらの噂を知っていたので、魏に忠誠を尽くしているぞと魏の諸将にアピールするためにも関羽に降伏するわけにはいかなったのでしょう。

そのため龐徳は関羽軍に無謀ともいえる戦いを挑み、討ち死にすることになったのだと考えるのですが、どうでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は于禁が関羽に降伏した理由と龐徳が降伏しなかった理由を紹介しました。

曹操は于禁が自分に仕えて30年以上も経つのに簡単に降伏してしまったのに、自分に仕えて数年の龐徳が関羽と戦い続けて、

討ち死にした事にびっくりしたでしょう。

しかし三国志や他の時代の歴史を読む際このような人間模様を知ることができるのも歴史を知る上での楽しみだと考えれば、

于禁と龐徳の関係も中々味があっていいなと思うのですが、皆さんはどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将

関連記事:龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  2. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件
  4. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  5. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  6. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  7. 袁術と孫策 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたか…
  8. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 夏侯惇
  3. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  2. 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男
  3. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  4. 函館戦争とは?戊辰戦争最後の戦争を分かりやすく解説 榎本武揚
  5. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ
  6. 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!

三國志雑学

  1. 劉封
  2. スピリチュアルにハマる光武帝
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・ 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教 北条早雲、漫画「新九郎奔る」の主人公はどんな武将だったの? 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は? 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザックリ紹介! kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP