コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

前漢

漢代の後宮ってどんな感じだったの?ドラマのようにドロドロだった?

小帝の妃




後宮にいる美女の階級事情

 

歴史を主体的に動かすのは男性であり、

女性は飽くまでわき役でしかないと思われがちですが、

女性がいたからこそ命が紡がれ

歴史が動いてきたということを忘れてはいけません。

 

特に、

皇帝の跡継ぎを生み出す役割を担っていた

後宮にいた女性たちは

歴史を動かすための大きな役目を果たしてきました。

 

後宮といえばいつの時代も

女同士のドロドロとした戦いが繰り広げられてきた

いわば女の戦場です。

 

特に漢代の後宮は

外戚や宦官の争いも相まって

とんでもないカオス状態でした。

 

今回は

そんな漢代の後宮事情について

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは

関連記事:後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語

 

 

漢王朝建国後間もなくドロドロの世界に

呂雉(りょち)

 

高祖・劉邦(りゅうほう)漢王朝を建国した際には

既に呂雉(りょち)という妻がおり、

後に恵帝(けいてい)となる劉盈(りゅうえい)魯元公主(ろげんこうしゅ)となる娘をもうけていました。

 

このように既に妻子があった劉邦ですが、

やはり皇帝になったということで後宮が設置されて

劉邦は別の女性との間にも愛を育むことになります。

 

呂雉は皇后となり

後宮の中で最も高い地位を得たのですが、

子どもたちの後継者争いに巻き込まれて

心をすり減らすことに。

 

復讐の鬼に変貌する呂雉

 

劉邦が崩御した後、

晴れて息子が恵帝となり、

自らも皇太后となったのですが、

やっぱり彼女の心は晴れなかったらしく

後継者争いでライバルとなった者たちの暗殺を企てます

 

目下の邪魔者は

斉王(せいおう)劉肥(りゅうひ)趙王(ちょうおう)劉如意(りゅうにょい)の2人。

恵帝の兄にあたる劉肥は正直なところ

大昔から目の上のたんこぶのような存在でした。

 

そんな劉肥は

恵帝が皇帝となったのにもかかわらず

相変わらず恵帝に対して兄貴風を吹かせ

宴席でも上座に座ります。

 

これを快く思わなかった

呂太后(りょたいこう)は劉肥の酒に毒を盛って暗殺しようと企みました。

ところが、

母の怪しい行動に気づいた

恵帝が機転を利かせて毒杯を手に取って飲もうとし

呂太后が慌てて止めたことで劉肥は命を救われます。

 

一方、劉如意はその母・戚夫人(せきふじん)と共に

熾烈に後継者争いを演じた

呂太后にとっての天敵です。

呂太后はやっぱり毒殺を企むのですが

重臣・周昌(しゅうしょう)や恵帝によって

何度もそれを阻止されます。

 

ところがある日

呂太后は彼らの隙をついて劉如意を呼び寄せて毒殺。

更に戚夫人も捕らえて奴隷の身分に落とし、

両手両足を切断して目玉をくり抜いて

毒を盛って耳と声を潰し

便所に住まわせて

「人彘(人豚)」と呼んで大爆笑していたそうな。

 

このように漢王朝建国後間もなく

後宮では血みどろの争いが繰り広げられていたのです…。

 

 

武帝の時代に美女のための新しい称号が増える

 

ドロドロの後宮でしたが

時代を経るごとに後宮の美女の数は

順調に増えていったようです。

 

後宮には秦代の制度を踏襲して

主に皇后・夫人・美人・良人・八子・七子・長使・少使

更には五官・順常・無涓・共和・娛霊・保林・良使・夜者

といった多くの称号が設けられていたのですが、

それでも前漢7代皇帝・武帝(ぶてい)の時代には

寵愛する美女に与える称号が足りない!

という事態に陥ってしまいます。

 

そこで武帝

新しく婕妤・娙娥・容華・充依の4つの称号を増やし

愛する美女に位を授けたのだそうです。

 

元帝の時代には3000人もの美女が集められる

 

武帝の頃もかなりの数の美女が

後宮でひしめき合っていたようですが、

更に時代が下って前漢10代皇帝・元帝(げんてい)の時代になると

3000人もの美女が後宮に集められていたのだそう

 

元帝は更に昭儀という称号を増やし

美女たちに愛を注いでいたようですが、

元帝の知らないところでは

女たちの熾烈な争いが

繰り広げられていたことでしょう…。

 

不細工に描かれた王昭君の悲劇

 

元帝の後宮の話として最も有名なのは

絶世の美女・王昭君(おうしょうくん)の悲劇です。

 

当時の宮女たちは元帝の気を引くために

画家に自分のことを美しく描いてもらおうと

多額の賄賂を贈っていたそう。

ところが、

王昭君だけは賄賂を贈らず

実物よりも不細工に描かれてしまいます

 

そんな折、

匈奴の王から漢の女性を妻にしたいとの

依頼が舞い込んできます。

そこで元帝は

後宮の美女の中でも

一番不細工で要らない女をくれてやれ。

と不細工に描かれていた王昭君を選ぶことに。

 

しかし、

実際に王昭君を目にした元帝はビックリ。

なぜなら、

後宮の中のどの女性よりも

王昭君が美しかったのですから。

 

しかし、

悔しがっても後の祭り。

王昭君は匈奴の王の元へと

嫁いでいったのでした

 

後漢代に光武帝が後宮の簡素化を実施

 

王莽(おうもう)の簒奪によって一度滅んだ漢王朝ですが、

後漢初代皇帝・光武帝(こうぶてい)の手腕によって

再び息を吹き返します。

 

その光武帝

歴代の皇帝たちによって更に複雑化してしまっていた

後宮の簡素化を強行

 

あれほどたくさんあった後宮の称号は

皇后・貴人・美人・宮人・采女だけになりました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

現代でも

女性だけが集まるところは怖いと言われますが、

後宮はその最たる例と言えるでしょう。

 

そんな事情を知ってか知らずか

後宮の称号を増やしたり減らしたりしていた

漢の皇帝たちは一体何を考えていたのでしょうかね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?

関連記事:一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 光武帝を解説する荀彧 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代に…
  2. 文帝(前漢) 元帝とはどんな人?儒教大好き!何度も廃されそうになった前漢の第1…
  3. 武帝は前漢の第7代皇帝 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった…
  4. はじめての三国志 画像準備中 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  5. 司馬遷(しばせん) 『史記』に託された司馬遷の激情とは
  6. 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  7. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫晧(孫皓)
  2. 徐晃
  3. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  4. ネズミで人生を変えた李斯
  5. 孫権と張昭
  6. 曹休
  7. 孔明のテントがある野外のシーン
  8. 鎌倉時代の侍

おすすめ記事

  1. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 徳川家康
  2. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達 カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  3. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  4. 卑弥呼の男弟・ツクヨミは消された?天武VS天智の呪縛 邪馬台国と卑弥呼軍
  5. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 曹操VS孫権 R2
  6. 何顒(かぎょう)とはどんな人?党錮の生き残りで袁術に嫉妬された人

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 孔明
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 斉王になる司馬攸


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布VS劉備三兄弟
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 曹操に憧れる荀彧
  4. 韓非子を読む劉禅

おすすめ記事

安土城 織田信長が作らせた城 【意外】戦国時代は城が玉砕するまで戦う事は少なかった 武田二十四将(馬場信春)をメイン 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 陳羣 陳羣は魏を支えた最強人事部長!司馬懿と一緒に働いて無傷だっただけで奇跡的 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言 孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 呂布VS劉備三兄弟 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 kawauso編集長 キングダム最新609話ネタバレ「中華のうねり」レビュー考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP