キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

前漢

元帝とはどんな人?儒教大好き!何度も廃されそうになった前漢の第10代皇帝

文帝(前漢)




文帝(前漢)

 

漢王朝には素晴らしい皇帝が

たくさん輩出されました。

 

高祖・劉邦(りゅうほう)はもちろんのこと、

文帝(ぶんてい)景帝(けいてい)武帝(ぶてい)宣帝(せんてい)…。

そうそうたる顔ぶれです。

 

しかし、

14人もいた前漢の皇帝の中には

歴史家たちによって微妙な評価が下された皇帝もチラホラ…。

 

中でも

不名誉な烙印を押されたことで有名なのが

元帝(げんてい)でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 

 

命を狙われた皇太子

 

元帝は宣帝の長男です。

宣帝がまだ庶民として暮らしていた頃、

糟糠の妻である許平君(きょへいくん)との間に生まれました。

 

元帝は宣帝が立ってしばらくしてから

皇太子の位についたのですが、

宣帝を押し立てた外戚勢力・(かく)氏に

疎ましがられてしまいます。

霍氏は後に皇后となる霍成君(かくせいくん)が生んだ子を

皇太子にしたいと考えたのです。

 

元帝が目障りで仕方が無かった霍一族は

ついに元帝と許平君の暗殺を計画。

元帝の暗殺については未遂で済んだものの、

母・許平君は毒殺されてしまいます

 

あまりのことに宣帝は怒髪天

長年連れ添った妻を殺され、

更に愛する息子を殺されかけたことで怒り狂った宣帝は

彼らの頭首とも言える霍光(かくこう)の死後

反乱を企てた霍一族を粛正し、

霍皇后も廃位してしまったのでした。

 

 

儒教が好きすぎてパパ・宣帝に廃嫡されかける

 

自身の後ろ盾ともいえる存在だった霍一族を

愛する息子・元帝のために粛正した宣帝でしたが、

息子のある一面を見て

やっぱりコイツ皇帝にできないかも…

と思い始めます。

 

実は、

元帝は儒教が大好きだったのです

それだけであれば問題は無いのですが、

元帝は儒教に心酔するあまり、

あまりにも現実離れした妄言を吐く一面がありました。

 

父・宣帝は

信賞必罰をモットーに

法家思想を取り入れて善政を行った皇帝。

また、

その生い立ちから

その当時としては類稀なるリアリストでした。

 

そんな父・宣帝は

夢見がちな息子・元帝が政治を動かすことについて

強い危機感を覚えたのです。

 

宣帝は元帝に跡継ぎが生まれていないことを理由に

本格的に廃嫡を検討。

ところが、

やはり最愛の妻・許平君の忘れ形見であることや

臣下たちの反対、

そして跡継ぎである成帝(せいてい)が生まれたことを理由に

結局宣帝は元帝の廃嫡を取り下げます。

 

リアリストである宣帝も

やはり愛する息子・元帝のことが

可愛くて仕方が無かったのでしょうね。

 

ようやく即位!やっぱり儒教が大事だもんね

 

宣帝が崩御し、

ついに元帝が即位。

しかし、

宣帝の心配をよそに

元帝は儒教に重きを置いた政治を展開します

 

財政を安定させるために倹約に励むなど

積極的に民草を安んずる政策を打ち出したのですが、

儒家の言葉を鵜呑みにし

おもむろに鉄や塩の専売制を廃止して混乱を招くなど

父・宣帝の頃のような治世を築くことはできず…。

 

それでも元帝は

現実を直視せずに儒家の語る甘い理想に耳を傾け続け、

国政を混乱させ続けたのでした

 

あれ…?なぜか宦官が台頭してきた

宦官VS外威 三国志

 

儒教を重んじた元帝でしたから、

元帝の時代には儒家たちが

中央で堂々とはびこっていたと思われがちですが、

そうとも言えなかったようです。

 

実は、

宣帝の側近であった宦官たちと

元帝が招き入れた儒家たちの間で

激しい権力争いが勃発

 

この争いを制したのは

なんと宣帝の側近であった宦官たち。

表向きは元帝相手に

ご機嫌取りをしていた宦官たちですが、

裏では自分の思うままに政治を動かそうと

邪魔者たちを押しのけて暗躍していたのでした。

 

その結果、

元帝の時代は宦官がのさばる時代となったと言われています。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

宦官の専横を許していたものの

やはり儒家を重んじていた元帝の治世は

正直滅茶苦茶だったようです。

 

後漢の歴史家である班彪(はんひょう)

そんな元帝の治世を

「優柔不断」と一刀両断しています。

 

理想主義が過ぎて現実が見えていなかった元帝のせいで、

後にインチキ儒者・王莽(おうもう)による簒奪事件が起こってしまった

なんていう声も多く上がっています…。

 

元帝がもう少し

父・宣帝の言葉に耳を傾けていれば

漢王朝が途中で途絶えることは無かったかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?

関連記事:三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  2. 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀?
  3. 劉邦をなだめる陳平と張良 なんで漢王朝の国号は「漢」になったの?劉邦の意地があった?
  4. 武帝は前漢の第7代皇帝 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった…
  5. 『史記』に託された司馬遷の激情とは
  6. 玄宗皇帝 宣帝とはどんな人?刑務所で育った前漢中興の祖の数奇な人生
  7. 紀霊 漢民族とはどんな人たち?そのルーツに迫る!
  8. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 最弱武将 張飛
  2. 船冒険する諸葛直 船

おすすめ記事

  1. キングダム六国の強さを勝手にランキング!
  2. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る
  3. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 袁紹の妃 劉氏
  4. 比叡山が焼かれたのは自業自得?高利貸しだった延暦寺 廃仏毀釈
  5. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性
  6. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編

三國志雑学

  1. 黄巾賊を撃退する太史慈
  2. 桃園の誓012
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫武(ゆるキャラ)
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. 曹操

おすすめ記事

李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 もう見てられない!王朗と諸葛亮の舌戦が学芸会レベル 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は? 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介 曹操&袁紹花嫁泥棒 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝

おすすめ記事

  1. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 そんろは 孫魯班
  2. 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した
  3. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  4. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 魯粛
  5. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  6. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  7. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから? 始皇帝 はじめての三国志
  8. 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転裁判】 古代エジプトのグライダー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP