元帝とはどんな人?儒教大好き!何度も廃されそうになった前漢の第10代皇帝


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

文帝(前漢)

 

前漢王朝には素晴らしい皇帝が

たくさん輩出されました。

 

高祖・劉邦(りゅうほう)はもちろんのこと、

文帝(ぶんてい)景帝(けいてい)武帝(ぶてい)宣帝(せんてい)…。

そうそうたる顔ぶれです。

 

しかし、

14人もいた前漢の皇帝の中には

歴史家たちによって微妙な評価が下された皇帝もチラホラ…。

 

中でも

不名誉な烙印を押されたことで有名なのが

元帝(げんてい)でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 

 

命を狙われた皇太子

 

元帝は宣帝の長男です。

宣帝がまだ庶民として暮らしていた頃、

糟糠の妻である許平君(きょへいくん)との間に生まれました。

 

元帝は宣帝が立ってしばらくしてから

皇太子の位についたのですが、

宣帝を押し立てた外戚勢力・(かく)氏に

疎ましがられてしまいます。

霍氏は後に皇后となる霍成君(かくせいくん)が生んだ子を

皇太子にしたいと考えたのです。

 

元帝が目障りで仕方が無かった霍一族は

ついに元帝と許平君の暗殺を計画。

元帝の暗殺については未遂で済んだものの、

母・許平君は毒殺されてしまいます

 

あまりのことに宣帝は怒髪天

長年連れ添った妻を殺され、

更に愛する息子を殺されかけたことで怒り狂った宣帝は

彼らの頭首とも言える霍光(かくこう)の死後

反乱を企てた霍一族を粛正し、

霍皇后も廃位してしまったのでした。

 

 

儒教が好きすぎてパパ・宣帝に廃嫡されかける

 

自身の後ろ盾ともいえる存在だった霍一族を

愛する息子・元帝のために粛正した宣帝でしたが、

息子のある一面を見て

やっぱりコイツ皇帝にできないかも…

と思い始めます。

 

実は、

元帝は儒教が大好きだったのです

それだけであれば問題は無いのですが、

元帝は儒教に心酔するあまり、

あまりにも現実離れした妄言を吐く一面がありました。

 

父・宣帝は

信賞必罰をモットーに

法家思想を取り入れて善政を行った皇帝。

また、

その生い立ちから

その当時としては類稀なるリアリストでした。

 

そんな父・宣帝は

夢見がちな息子・元帝が政治を動かすことについて

強い危機感を覚えたのです。

 

宣帝は元帝に跡継ぎが生まれていないことを理由に

本格的に廃嫡を検討。

ところが、

やはり最愛の妻・許平君の忘れ形見であることや

臣下たちの反対、

そして跡継ぎである成帝(せいてい)が生まれたことを理由に

結局宣帝は元帝の廃嫡を取り下げます。

 

リアリストである宣帝も

やはり愛する息子・元帝のことが

可愛くて仕方が無かったのでしょうね。


 

ようやく即位!やっぱり儒教が大事だもんね

 

宣帝が崩御し、

ついに元帝が即位。

しかし、

宣帝の心配をよそに

元帝は儒教に重きを置いた政治を展開します

 

財政を安定させるために倹約に励むなど

積極的に民草を安んずる政策を打ち出したのですが、

儒家の言葉を鵜呑みにし

おもむろに鉄や塩の専売制を廃止して混乱を招くなど

父・宣帝の頃のような治世を築くことはできず…。

 

それでも元帝は

現実を直視せずに儒家の語る甘い理想に耳を傾け続け、

国政を混乱させ続けたのでした


  

 

 

あれ…?なぜか宦官が台頭してきた

宦官VS外威 三国志

 

儒教を重んじた元帝でしたから、

元帝の時代には儒家たちが

中央で堂々とはびこっていたと思われがちですが、

そうとも言えなかったようです。

 

実は、

宣帝の側近であった宦官たちと

元帝が招き入れた儒家たちの間で

激しい権力争いが勃発

 

この争いを制したのは

なんと宣帝の側近であった宦官たち。

表向きは元帝相手に

ご機嫌取りをしていた宦官たちですが、

裏では自分の思うままに政治を動かそうと

邪魔者たちを押しのけて暗躍していたのでした。

 

その結果、

元帝の時代は宦官がのさばる時代となったと言われています。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

宦官の専横を許していたものの

やはり儒家を重んじていた元帝の治世は

正直滅茶苦茶だったようです。

 

後漢の歴史家である班彪(はんひょう)

そんな元帝の治世を

「優柔不断」と一刀両断しています。

 

理想主義が過ぎて現実が見えていなかった元帝のせいで、

後にインチキ儒者・王莽(おうもう)による簒奪事件が起こってしまった

なんていう声も多く上がっています…。

 

元帝がもう少し

父・宣帝の言葉に耳を傾けていれば

漢王朝が途中で途絶えることは無かったかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?

関連記事:三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争


 

関連記事

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 劉邦時代の農民
  3. 玄宗皇帝
  4. ヤンキー
  5. ヤンキー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP