ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の功績を「麒麟がくる」放送前におさらいしよう

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀 麒麟がくる

 

これまでに、当メディア「はじめての三国志」では、明智光秀(あけちみつひで)に関する記事を取り上げました。明智光秀について、織田信長(おだのぶなが)に出会う前の記録がなく謎の部分が多いといわれていますが、美濃国(みののくに)の身分の低い牢人として生まれであること、斎藤道三(さいとう どうさん)の家臣を経て、足利義輝(あしかが よしてる
)
足利義昭(あしかが よしあき
)
・織田信長の家臣となったことを取り上げてきました。

 

明智光秀の逸話に関する記事では、現在でもゆかりの地の人々から慕われていることを取り上げました。明智光秀の領地の人々の評価から光秀の人柄を知ることができます。

 

今回は2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の放送前に、明智光秀の功績について振り返ると同時に、これまで悪人や裏切り者とされてきた明智光秀の別の見方を取り上げます。

 

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

関連記事:明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

 


 

文化人としての明智光秀

 

明智光秀は文化・軍事・教養など様々な面で才能があったといわれています。ここでは文化人としての明智光秀について取り上げます。

明智光秀は牢人として生まれましたが、若くして斎藤道三に才能を認められ、家臣となりました。明智光秀の人脈は豪商から将軍家や朝廷まで幅広かったといわれています。斎藤道三は大山崎の油売りだったことから、斎藤道三の家臣となったことで商人との関係ができたと考えられます。

 

斎藤道三が息子の斎藤義龍(さいとう よしたつ
)
に殺害されると、足利義輝の家臣となりました。将軍家や朝廷とのつながりは、将軍足利家の家臣となったことで得た可能性が高いと思われます。朝廷のしきたりや和歌の才能を身につけました。最後は織田信長の専属の家臣となりますが、信長は光秀の教養の高さから将軍家や朝廷とのパイプ役として引き抜いたのかもしれません。

 


 

明智光秀の都市経営

 

明智光秀が織田信長の家臣になってから築城を始めたといわれています。ここでは明智光秀の城主となった場所の統治方法について取り上げます。

 

明智光秀の城主となった城の共通点として、平山城であることが挙げられます。戦国時代の城の多くは敵からの防御を目的として山の頂上に築かれました。一方で、平山城は小高い丘の上にあるため、常に領民の目線で政治を行うことができます。


 

明智光秀の人心掌握術

 

明智光秀の人心掌握術も優れていたといわれています。

戦国時代以前から日本の統治機構は領主・国人衆・領民の支配関係でした。国人衆は領内において領主と領民の間に立って、領民を支配してきました。

 

明智光秀は地元の土地をよく知る国人衆を家臣として取り立てることで、戦国時代以前から続いていた支配体制の無駄を省きました。信長の能力主義で家臣を取り立てましたが、光秀も信長と同様に能力主義で家臣を取り立てます。


  

 

 

明智光秀の戦功

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

明智光秀のこれまでの戦いで、山崎の戦いを除くとほとんどの戦いで勝利しています。光秀が参加して負けた戦いは、1570年の金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい
)
と1579年の黒井城の戦い(くろいじょうのたたかい)です。それら以外のすべての戦では負けたことがないといわれています。

 

最初に金ヶ崎の戦いについて取り上げます。織田信長が近江国の戦国大名・浅井長政(あざい ながまさ
)
とともに朝倉義景(あさくら よしかげ
)
を攻めようとしましたが、浅井長政の裏切りで撤退せざるを得ないという状態になりました。明智光秀は信長の撤退の際、羽柴秀吉(はしばひでよし)とともにしんがりを務めました。

 

次に、1579年の黒井城の戦いについて取り上げます。明智光秀の丹波平定の際、波多野秀治(はたの ひではる
)
は織田信長に従うことを表明していましたが、波多野秀治は信長を裏切ったため黒井城の戦いとなりました。光秀はこの戦いで苦戦を強いられますが、黒井城を落とすと丹波平定を一気に加速させました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の功績について振り返りました。この記事を通して、戦国武将としての評価はあまり高くないのですが、現在でも地元から慕われている人がいることを思い出しました。戦国武将として意外に評価の高い石田三成(いしだみつなり)や近江八幡市の街づくりで評価されている豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ)にも注目したいと思います。

 

関連記事:【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  2. セミナリオ(教会) 天下布武の安土城!織田信長はなぜ安土城を建てたのか?
  3. 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた!
  4. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  5. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  6. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 敵に塩を送ったから塩の日ができた?「敵に塩を送る」の由来と雑学
  7. 織田信長 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  8. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と袁紹の喧嘩
  2. 三国志 象兵
  3. 朝まで三国志 劉備
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. キングダム52巻
  6. 典韋にボコボコにされる成廉
  7. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰

おすすめ記事

  1. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 王政君お怒り!玉磁なげる
  2. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛
  3. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  4. 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選 呂布のラストウォー 呂布
  5. 朱異とはどんな人?上司に噛みつく肝っ玉の据わった孫呉の戦人 朱異
  6. 袁紹は凡将に非ず!袁紹の逸話から伝わってくる袁紹本初の評価 袁紹にお茶を渡す顔良

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 七星剣
  3. 痛い目にあう孫権
  4. 孫権
  5. 孟達を討伐する司馬懿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟達と曹丕
  2. 織田信長
  3. 韓信vs孔明
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 怒る孔明

おすすめ記事

袁燿(袁耀)えんよう 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 黄忠VS夏侯淵 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 北宋末の政治家・童貫(どうかん) 宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム? 饅頭を作る孔明 諸葛亮は料理や食用植物を発明・開発した古代中国のエジソンだった? 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの? 曹洪と曹操 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP