法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の愛刀「備前長船近景」とはどんな刀?

明智光秀が剣を持って戦っているシーン




明智光秀 麒麟がくる

 

今回は2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀(あけちみつひで)が愛用した刀について

取り上げます。

アニメ刀剣乱舞等の影響もあり、近年、再びブームになっている日本刀、

武士が常に手元から離さない、そのマストアイテムには不思議に持ち主である

武士の考え方や人生までが集約されていくように感じてしまいます。

一度は天下を取った男、明智光秀、彼の愛刀はどんなものだったのでしょうか?

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

 

明智光秀が愛用した備前長船近景(びぜんおさふねきんけい)とはどんな刀?

明智光秀が剣を持って戦っているシーン

 

明智光秀が愛用した刀は、備前長船近景と言います。

備前近景という人は、鎌倉時代中期に出現した長船派の巨匠、長船光忠・長光の直系で

鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍しました。

元々、岡山県は平安時代から現代にいたるまで日本刀の代表的な産地であり、

名だたる名工、名刀が多く出ている土地でもあります。

もちろん、戦国武将にも愛好者が多く長船は出来る戦国武将の所持刀として

ブランド化していました。

 

こちらの備前長船近景、光秀が活躍した戦国後期から考えても200年くらいは

経過していてかなりの骨董品です。

流石は明智光秀、刀剣を見る目も高いと言えるでしょう。

 

 

備前長船近景の特徴とは?

 

では、こちらの備前長船近景の刀の特徴を紹介します。

備前長船近景の地肌は、金属なのにまるで木目のような文様が出た板目肌です。

それも薄い木目ではなく濃く文様が出ていました。

日本刀の人を斬る部分を刃文と言いま、光秀の刀は直線的に刃文が入った

直刃ですが、やや刃文が乱れた丁子文になっています。

備前長船近景全体の刃文は波のようにうねっており、これを直足(のたれ)と言います。

刀身はやや磨りあがっているものの、全体としては身幅が広く、華麗さよりも、

実用に適しているのが備前近景の特徴と言えるでしょう。

華麗さを持ちつつ、実際にもかなり使える刀であるというのは、

室町文化の教養人でありながら戦争で敗走した事は一度しかない

名将、明智光秀らしいと思います。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

縁起悪っ!銘を削られた光秀の愛刀

 

明智光秀の愛刀、備前近景ですが、なぜかこの刀には

「備州長船近」という景が消された不完全な銘が残っています。

 

なぜ銘が不完全な状態なのでしょうか。

理由として、幕末期に備前近景を入手した庄内藩勘定奉行が、

明智日向守所持という所持銘が入っている事を嫌い削った事が考えられます。

 

つまり、本能寺で主君信長を討った逆賊の刀など縁起が悪いという事です。

そんなのは迷信と思うかも知れませんが、例えば徳川家の家臣では、

関ケ原の合戦以後、村正を持つ事がタブーだった事が知られています。

その理由は、徳川家康の祖父の松平清康が家臣阿部正豊の裏切りで殺された事件

(森山崩れ)で阿部が使った刀が丁子村正であった事に由来するそうです。

 

つまり、庄内藩の勘定奉行は逆臣の刀を持って主君に仇をなすつもりかと

難癖をつけられる事を恐れて銘を削ったのだろうと考えられます。

本能寺の変で主君を裏切った逆賊として明智光秀は語り継がれていることが分かりますね。

長船長光以外では、短刀で有名な粟田口吉光が挙げられます。

他に岡崎正宗も刀鍛冶として有名です。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回はこの記事の前半で明智光秀の刀について取り上げました。

明智光秀の刀については備前近景と伝えられていることを紹介しましたが、刀にある銘が削られていることが分かりました。明智光秀が逆賊であることから銘を削ったと考えられますが、300年以上経っても逆賊として語り継がれていたことが意外だと感じました。

 

一方で、桶狭間の戦いで今川義元を破った織田信長は、今川義元の銘がある短刀を持ち続けていたという逸話があります。織田信長の死後、豊臣秀吉・徳川家康へと受け継がれていたと伝えられています。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事: 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 織田信長 織田信長の好物は一体なに?どんな味を好んで食べていたの?
  2. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察
  3. 信長の野望・革新 with パワーアップキット 信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介
  4. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  5. 真田丸 武田信玄 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した…
  7. 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。
  8. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 費禕
  2. 劉備と関平たち
  3. 一条美賀子
  4. 姜維の地位を落とす文官
  5. 陸遜

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 水攻めをする兵士
  2. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  3. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3
  4. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 法正と劉備
  5. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  6. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!

三國志雑学

  1. 残忍な曹丕
  2. 蜀の魏延
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  2. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん
  3. 病死した郭嘉
  4. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  5. 顔良と関羽
  6. 餓えた農民(水滸伝)

おすすめ記事

石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 漢女って何?身体は女、心は漢?たまにネットの海で見かける漢女 玉璽 三国志 玉(ぎょく)が大好きな中国人 張良と始皇帝 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」 キングダム595話ネタバレ予想「羌瘣修羅場で信と急接近!」 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな? 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話 孫皓と張俊 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP