キングダム589話最新ネタバレ予想vol2「河了貂の戦術大予想」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

亜光(あこう)将軍が倒れ、王賁(おうほん)が倒れ、いよいよ秦軍右翼に人材がいなくなった中、とうとう臨時とはいえ、(しん)飛信隊(ひしんたい)が事実上の核として

軍団を率いる事態になりました。

そして、総大将の信をサポートするのは我らが娘軍師、河了貂(かりょうてん)

これまで、散々に王翦(おうせん)をdisってきたテンちゃんは、趙軍左翼に対していかなる戦術を立ててみせるのでしょうか?

ここで、いっちょ大予想してみましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム589話ネタバレ予想「王翦は鄴城に何を仕掛けた?」

関連記事:キングダム588話最新ネタバレ「右翼の本営」レビュー

 


 

キングダム589話最新ネタバレ予想 趙峩龍の思い込みを突け!

 

兵力的には趙軍左翼に劣る飛信軍ですが、相手の趙峩龍(ちょうがりゅう)も割とポンコツな所があり必ずしも不利という事はありません。

その最大の弱点は、趙峩龍もおそらく堯雲(ぎょううん)も、王賁は死んだと固く信じている事です。

首を獲ったわけでもないのに、王賁は死んだと早合点している辺りがアレですがいずれにせよ、そう信じているのですから、

これは利用するにしくはありません。

 

ここでは、羌瘣(きょうかい)の奇跡的な手腕によって、少なくとも馬に乗れる程度には回復した王賁が戦場に出現するという方法で決まりでしょう。

 


 

キングダム589話最新ネタバレ予想 焦った趙峩龍をノーマークな羌瘣が討つ

 

突如として出現した王賁に趙兵は動揺します。

とくに堯雲軍の動揺は激しいと思います、誰も逃れた事がない雷獄を切り抜けしかも、ピンピンしているという事ですからね。

 

ただ、そこは知恵の回る趙峩龍、このように考えます。

(生き残ったとはいえ、実際には立っているのがやっとに違いないのこのこ出てきたのが運の尽きだ)

こうして、自ら軍を率いて死に損ないの王賁を討ち取りに来ます。

どうして堯雲を差し向けないかというと、飛信隊に備えないといけないからです。

一気に王賁に突進する趙峩龍ですが、そこにひょいっと羌瘣が出現。

 

次の瞬間、飛び上がった羌瘣の緑穂(りょくすい)が趙峩龍の首をとばしました。

 

これまで全く、目立つ行動をしていない羌瘣を趙峩龍はまるでノーマーク対処する間もなくあっと言う間に斬られる事になります。

 

ここも河了貂の作戦です。

「趙峩龍は羌瘣を知らないから、そのまま玉鳳隊に紛れて、一気に首を狙えば、きっと油断して備えを怠るよ」

とか何とか言うと思います。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ


 

キングダム589話最新ネタバレ予想 後悔する堯雲軍を王賁が討つ

 

趙峩龍は趙軍左翼のコントロールタワーです。

それが討たれたという事は、馬南慈(ばなんじ)と堯雲はそれぞれ連携を欠きます。

本来ならば、それを補い余りある堯雲のパワーでしたが、すでに右腕をやられ回復出来ていない堯雲では持ちこたえがききません。

そこに、亜光、王賁、それに宮康(きゅうこう)の仇である堯雲軍ですから、玉鳳隊も、凄まじい馬力で押し込んできます。

 

ここも、河了貂の戦術です。

「玉鳳隊は、亜光、宮康、王賁と立て続けに堯雲にやられているからその恨みが骨髄まで達していると思う、、

明日は、これを利用しない手はないと思う」

とかなんとかいうのではないかと思います。

 

しかも今回は、飛信隊で長いブランクがある羌瘣が玉鳳隊にいます。

これまでまとまった活躍の場がない羌瘣は修羅の如き戦いを見せるでしょう。

王賁と羌瘣はなかなか息のあった戦いを見せそうです。

理由としては、河了貂と王賁が全く合わないから逆に王賁と羌瘣は息ピッタリではないかと思いますね。

 

そして、一気に堯雲の前まで突入、今回の堯雲は片腕を使えない上に王賁と堯雲の二人に攻められるわけですから、劣勢になります。

ちょっと卑怯だと思うかも知れませんが、コイツ、王賁一人に、十槍と数人がかりでしたからね。文句が言える筋合いは全くありません。

 

ここで堯雲、朱海平原に血だるまで倒れる自分の幻影が浮かびます。

次の瞬間、王賁の槍が堯雲の鎧を深々と貫き堯雲は絶命しました。

かくして、旧時代の遺物二人は、揃って藺相如の元へ旅立つのです。

 

ここまでの戦術プランを主にテンちゃんが立てます。

これまでのポンコツ罵詈雑言軍師ぶりを返上する大金星ですよ。


  

 

 

キングダム589話最新ネタバレ予想 桓騎が鄴城を落とす

 

趙峩龍、堯雲の二将を失い左翼崩壊の危機を感じ取った馬南慈は、力攻めを避けて李牧の本隊へ合流する決断をします。

ここで、ついに、趙軍の左翼は消滅し、飛信軍&王翦軍vs李牧中央軍の正面衝突が実現の運びになりました。

 

動揺する幕僚に対して李牧は落ち着き払っています。

 

「惑わされてはいけません。

すでに秦軍には兵糧がなくこちらは鄴城を完全に守っています。

崩壊するのは、秦軍の方なのです」

 

そうだ、さすがは李牧様、いちどは動揺した幕僚は落ち着きますが次の瞬間、李牧と幕僚たちは絶望に突き落とされます。

鄴が内部反乱により開城され桓騎軍によって落とされたと伝令がもたらされるのです。

 

ここで、王翦がアップになります。

 

王翦「わしは必ず勝てる戦にしか興味はない・・」

 

ここで細々と鄴陥落の様子にページを割く事はkawausoは無いと思います。

理由は、鄴に潜伏している兵士が全部モブで無名だからです。

橑陽(りょうよう)では、エンポ爺の伏線はだいぶ前から張られていたので納得できましたが、ここで唐突に鄴城でモブ兵士の活躍を描いて

どうやって、盛り上げるのでしょうか?

むしろ大ゴマで桓騎軍に殺戮されまくる鄴城内部を一枚絵で描くのがインパクトはあると思うなぁ・・

 

キングダム589話最新ネタバレ予想 オフ王急死 李牧撤退

 

鄴城が陥落した事により、李牧が王翦軍を攻撃する意味はなくなりました。

むしろ、鄴からの桓騎軍の攻撃、さらに橑陽(りょうよう)からの楊端和(ようたんわ)軍の攻撃という三方面攻撃に逆にさらされる事になっています。

 

ここで、さらなる悲報(吉報?)が李牧にもたらされます。

バカ王、悼襄王(とうじょうおう)の急死でした。

趙王が死ぬという事態に陥っては、もはや戦争どころではありません。

李牧は、すぐに王翦と和睦し鄴城や閼与を明け渡した上で邯鄲へと引き返す事になります。

 

李牧は王翦を睨みつけ、「この借りは必ず返す」と言います。

逆に王翦は無表情です。

「勝つべくして勝ったが何か?」という感じでした。

かくして鄴攻めは、かなり尻切れトンボで終ってしまうのです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

そうなると、山の中で吠えていた龐煖(ほうけん)はどうなるの?

ここがちょっと分からないんですよね。

しかし、今回のシリーズ余りに長すぎてテンポが悪くなりすぎです。

こんな食糧不足状態で、さらに閼与攻めとか言ってられないでしょう。

いかに漫画とはいえ、たった二日の描写にさらに10週とか時間をかけられるとは思えませんし、もうズバッと、

今回は、次なる本当の対決の前の前哨戦と割り切った方が、

多少割り切れない部分は残るとしてもスッキリするんじゃないでしょうか?

 

前回記事:キングダム589話ネタバレ予想「王翦は鄴城に何を仕掛けた?」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム588話雑学スペシャル「王賁は何を食べていた?」

関連記事:キングダム588話ネタバレ雑学「王賁の槍術って本当に存在するの?」

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. キングダム53巻
  3. キングダム
  4. キングダム52巻
  5. kawauso編集長
  6. 王翦


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP