ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の子孫はどんな人?本能寺の変後の子供から現代の子孫まで紹介

明智光秀と煕子(麒麟がくる)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嫉妬している明智光秀

 

今回は明智光秀(あけちみつひで)の子孫について取り上げます。明智光秀は本能寺の変(ほんのうじのへん)後の山崎の戦いで豊臣秀吉よとみひでよし)に敗れ、坂本城に逃げる途中で農民に殺害されました。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の放送に合わせて、明智光秀の子孫が気になります。この記事では明智光秀の子と末裔の2つのテーマに分けて取り上げます。

 

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

関連記事:明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

 


 

明智光秀の子は本能寺の変後どうなった?

燃える本能寺

 

明智光秀には2男4女いたといわれています。長女は荒木村重(あらき むらしげ
)
の嫡男に嫁ぎましたが、村重が謀反を起こしたことにより離縁されました。光秀のいとこにあたる明智秀満に嫁ぎましたが、山崎の戦いで敗れた後に自害したといわれています。

 

次女も光秀の親戚筋に当たる明智光忠に嫁ぎましたが、光秀が山崎の戦いで敗れると自害したといわれています。三女は玉で、後の細川ガラシャです。足利義昭(あしかが よしあき
)
の家臣だった細川藤孝(ほそかわ ふじたか)の嫡男の細川忠興に嫁ぎました。細川忠興(ほそかわ ただおき
)
の三男の忠利が肥後国熊本藩54万石の藩主となり、幕末まで続きました。

 

四女は織田信長の甥にあたる津田信澄(つだ のぶずみ
)
に嫁ぎました。本能寺の変後に津田信澄は討たれましたが、その子津田昌澄が豊臣秀吉・秀頼に仕え、2代江戸幕府将軍の徳川秀忠(とくがわ ひでただ
)
に旗本として取り立てられ、幕末まで続きました。

 

嫡男は明智光慶(あけち みつよし
)
です。山崎の戦い後に死亡しました。亀山城で病死した説や坂本城で自害した説があります。

次男は明智光泰(あけちみつやす)です。幼名が自然で、明智自然が有名です。山崎の戦いで光秀が敗れると、自害したといわれています。

 


 

明智光秀の現代の子孫はどんな人?

 

現代の子孫ではタレントのクリス・ペプラーさんが挙げられます。ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母を両親に持ちますが、母方の祖母が土岐氏の末裔だと伝えられています。

 

美濃守護大名に土岐頼芸がいました。頼芸の次男の土岐頼次の長男・土岐頼勝がいます。母方の祖母が頼勝の末裔だと伝えられています。明智秀満は頼勝の実子であるという説もあります。

 

明智秀満の子孫については肥後国熊本藩の細川忠興の末裔がいます。有名な人物では細川護熙(ほそかわ もりひろ)内閣総理大臣です。細川護熙氏は初代熊本藩主の細川忠利から数えて18代目の当主です。熊本県知事や参議院議員・衆議院議員を経て第79代内閣総理大臣に就任しました。

 

当時、細川護熙内閣は自民党による55年体制にピリオドを打った非自民による連立政権で話題になりました。読者の中には細川護熙氏の紹介では細川忠興の末裔として紹介されていたことを思い出した人がいると思います。

 

細川内閣は汚職事件によってわずか8ヶ月で辞職することになりました。1998年に60歳を区切りに政界を引退しました。引退後、執筆活動やラジオパーソナリティを務めていたことがあります。

 

明智光秀の子孫では歴史研究家の明智憲三郎氏がいます。本能寺の変の真相に関する記事において、明智憲三郎(あけち けんざぶろう
)
氏の著書は『本能寺の変431年目の真実』で、この本は累計40万部を突破するベストセラーとなったことを取り上げました。

 

後に『本能寺の変431年目の真実』は歴史漫画にもなり、戦国武将の意外な素顔が描かれています。歴史ファンにとって驚きの連続だといわれ、高く評価されています。


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の子孫について取り上げました。本能寺の変後の山崎の戦いで明智光秀が敗れ、農民に殺害されたことから子孫は残っていないと考えられがちですが、細川忠興に嫁いだ細川ガラシャの末裔として残っています。

 

明智光秀について、出生から織田信長に出会うまでと本能寺の変の動機など未だに解明されていないことが多いことで有名です。明智光秀と細川忠興の末裔が明智光秀に関する新史料が発見されれば、明智光秀に対する見方が変わるかもしれません。今後の研究にも注目したいと思います。

 

関連記事:【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 黒田官兵衛 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  2. 真田丸 武田信玄 武田信玄の魅力とは?なぜ歴史ファンは武田信玄に魅了されるのか?
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀はフリーメイソンの会員だった?戦国時代の都市伝説に迫る!…
  4. 長曾我部元親(長宗我部元親)鳥なき島のコウモリ 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかっ…
  5. 薩摩藩の島津義弘 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  6. 織田信長 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいで…
  7. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  8. 井伊直政 イケメン武将・井伊直政の逸話とは?戦いの傷が多かった?また評判は…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム55巻
  2. 王賁
  3. 曹植
  4. 蔡琰
  5. 曹植は軟弱ではなかった
  6. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備

おすすめ記事

  1. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  2. 董卓が幼き皇帝を救った!そのとき宮廷にいた何進は何をしていたの? 盧植と何進
  3. 孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ! 船冒険する諸葛直 船
  4. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 道具を輸送する民人
  5. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  6. 樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】 強くなる関羽

三國志雑学

  1. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  2. 魯粛
  3. 孔明のテントがある野外のシーン
  4. 李カク、献帝
  5. 敵対勢力を殺害する賈南風


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫策の人生に一辺の悔い無し
  2. キングダム
  3. 蜀の姜維
  4. 岳飛(南宋の軍人)
  5. 趙雲
  6. 呂布に仕える袁渙
  7. 親バカな諸葛孔明

おすすめ記事

藏覇(臧覇)と孫権 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 藺相如(りんしょうじょ) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 劉姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2 孔明のテントがある野外のシーン 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP