明智光秀の子孫はどんな人?本能寺の変後の子供から現代の子孫まで紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嫉妬している明智光秀

 

今回は明智光秀(あけちみつひで)の子孫について取り上げます。明智光秀は本能寺の変(ほんのうじのへん)後の山崎の戦いで豊臣秀吉よとみひでよし)に敗れ、坂本城に逃げる途中で農民に殺害されました。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の放送に合わせて、明智光秀の子孫が気になります。この記事では明智光秀の子と末裔の2つのテーマに分けて取り上げます。

 

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

関連記事:明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

 


 

明智光秀の子は本能寺の変後どうなった?

燃える本能寺

 

明智光秀には2男4女いたといわれています。長女は荒木村重(あらき むらしげ
)
の嫡男に嫁ぎましたが、村重が謀反を起こしたことにより離縁されました。光秀のいとこにあたる明智秀満に嫁ぎましたが、山崎の戦いで敗れた後に自害したといわれています。

 

次女も光秀の親戚筋に当たる明智光忠に嫁ぎましたが、光秀が山崎の戦いで敗れると自害したといわれています。三女は玉で、後の細川ガラシャです。足利義昭(あしかが よしあき
)
の家臣だった細川藤孝(ほそかわ ふじたか)の嫡男の細川忠興に嫁ぎました。細川忠興(ほそかわ ただおき
)
の三男の忠利が肥後国熊本藩54万石の藩主となり、幕末まで続きました。

 

四女は織田信長の甥にあたる津田信澄(つだ のぶずみ
)
に嫁ぎました。本能寺の変後に津田信澄は討たれましたが、その子津田昌澄が豊臣秀吉・秀頼に仕え、2代江戸幕府将軍の徳川秀忠(とくがわ ひでただ
)
に旗本として取り立てられ、幕末まで続きました。

 

嫡男は明智光慶(あけち みつよし
)
です。山崎の戦い後に死亡しました。亀山城で病死した説や坂本城で自害した説があります。

次男は明智光泰(あけちみつやす)です。幼名が自然で、明智自然が有名です。山崎の戦いで光秀が敗れると、自害したといわれています。

 


 

明智光秀の現代の子孫はどんな人?

 

現代の子孫ではタレントのクリス・ペプラーさんが挙げられます。ドイツ系アメリカ人の父と日本人の母を両親に持ちますが、母方の祖母が土岐氏の末裔だと伝えられています。

 

美濃守護大名に土岐頼芸がいました。頼芸の次男の土岐頼次の長男・土岐頼勝がいます。母方の祖母が頼勝の末裔だと伝えられています。明智秀満は頼勝の実子であるという説もあります。

 

明智秀満の子孫については肥後国熊本藩の細川忠興の末裔がいます。有名な人物では細川護熙(ほそかわ もりひろ)内閣総理大臣です。細川護熙氏は初代熊本藩主の細川忠利から数えて18代目の当主です。熊本県知事や参議院議員・衆議院議員を経て第79代内閣総理大臣に就任しました。

 

当時、細川護熙内閣は自民党による55年体制にピリオドを打った非自民による連立政権で話題になりました。読者の中には細川護熙氏の紹介では細川忠興の末裔として紹介されていたことを思い出した人がいると思います。

 

細川内閣は汚職事件によってわずか8ヶ月で辞職することになりました。1998年に60歳を区切りに政界を引退しました。引退後、執筆活動やラジオパーソナリティを務めていたことがあります。

 

明智光秀の子孫では歴史研究家の明智憲三郎氏がいます。本能寺の変の真相に関する記事において、明智憲三郎(あけち けんざぶろう
)
氏の著書は『本能寺の変431年目の真実』で、この本は累計40万部を突破するベストセラーとなったことを取り上げました。

 

後に『本能寺の変431年目の真実』は歴史漫画にもなり、戦国武将の意外な素顔が描かれています。歴史ファンにとって驚きの連続だといわれ、高く評価されています。


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の子孫について取り上げました。本能寺の変後の山崎の戦いで明智光秀が敗れ、農民に殺害されたことから子孫は残っていないと考えられがちですが、細川忠興に嫁いだ細川ガラシャの末裔として残っています。

 

明智光秀について、出生から織田信長に出会うまでと本能寺の変の動機など未だに解明されていないことが多いことで有名です。明智光秀と細川忠興の末裔が明智光秀に関する新史料が発見されれば、明智光秀に対する見方が変わるかもしれません。今後の研究にも注目したいと思います。

 

関連記事:【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

関連記事

  1. 武田信玄
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 若き頃の織田信長に敗れる今川義元
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. 上杉謙信
  6. キングダム45


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP