三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

南北宋

宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯

北宋末の政治家・童貫(どうかん)




西遊記 観音菩薩

 

宋代(960年~1279年)は、庶民の文化が発達した時代で有名です。

唐代(618年~907年)まで文化を独占していた貴族層が没落したので、庶民の文化が花開いたのです。

 

その中でもひと際目立つのが陶磁器です。

宋代は陶磁器の技術の黄金時代と言われています。

 

北宋(960年~1127年)の第6代皇帝神宗(しんそう)以後は学問・芸術が一般に普及して庶民の生活も豊かになりました。

そのため、陶磁器の技術も未曽有の発展を遂げました。

 

ところで、この陶磁器の技術はなぜ流行したのでしょうか。

今回は陶磁器の解説と骨董マニアの宦官童貫(どうかん)について解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1

関連記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1

 

 

陶磁器技術の開始

 

建隆元年(960年)に北宋は太祖(たいそ)により建国されました。

その後、北宋は第2代皇帝太宗(たいそう)の時に天下統一に成功します。

しかし北方の遼(916年~1125年)との戦いに2度も敗北して、景徳元年(1004年)に和議を結びました。

 

この和議により、遼と貿易が開始されます。

北宋が遼に輸出していたものの1つに茶がありました。

この当時、北宋ではすでに飲茶が流行していたのです。

 

茶を飲むには茶器が必要でした。

そのため、陶磁器がたくさん作られるようになったとされています。

もう1つの説として、北宋の銅禁政策により銅を使って勝手にものを作ることが出来なくなりました。

 

従来の銅器以外にとって代わったのが陶磁器と言われています。

陶磁器の中でもっとも美しいのが青磁と言われています。

青磁は殷(前14世紀ごろ)が起源とされています。

 

鉄を含んだ釉薬(ゆうやく)を表面に塗って焼くことで青い色にすることが出来ます。

南宋(1127年~1279年)が最盛期とされています。

 

北宋の第8代皇帝の徽宗(きそう)の時は首都の開封に窯があるぐらい青磁ブームだったと言われています。

現在の中国では宋代の青磁を再現しようと研究が進められています。

 

以前、筆者がNHKの番組を見ていた時に中国の陶器職人が宋代の青磁を再現しようと試みていました。

ところが難航しており、思った以上に成果が出ていません。

今後に期待しましょう。

 

 

骨董マニアの宦官童貫の生涯

北宋末の政治家・童貫(どうかん)

 

北宋第8代皇帝の徽宗の治世に骨董マニアの宦官がいました。

童貫(どうかん)と言います。

 

水滸伝(水滸伝)』という小説に登場する悪役で有名です。

また、軍事権を有していました。

 

北方謙三の小説『水滸伝』の影響で、童貫は軍隊を率いる異質な宦官という見方があるかもしれませんが、宋代の宦官が軍隊を率いるのは当たり前の話です。

実際に、童貫以外にもいくつも例は存在しています。

話が逸脱したので、元に戻します。

 

この童貫は、宦官なのに髭(ひげ)が生えていたと言われています。

男性ホルモンが多すぎたのか、もしかしたら偽宦官だったのかもしれません。

 

筆者は後者の可能性を考えています。

さて、童貫は骨董マニアでした。

 

童貫は徽宗が書画・骨董に興味があったことを知っていたので、自分の趣味を利用して徽宗に近づき出世しました。

なお、『水滸伝』に登場する悪徳宰相の蔡京(さいけい)が後年出世したのは、童貫と知り合いになり、骨董や書画を収集したからです。

 

当時の人は蔡京を公相(おやじ さいしょう)、童貫を媼相(ばばあ さいしょう)と呼んでいました。

童貫の有名な活躍は宣和2年(1120年)の方臘(ほうろう)の乱の鎮圧です。

 

主力部隊・残党を含めて、約3年間は戦闘を行いましたが、このために本来行うはずだった遼の征伐に遅れが出てしまいました。

最終的には遼の征伐も行って成功しますが、靖康元年(1126年)に金(1115年~1234年)に攻められた時に、今までの政治の失敗を追及されます。

 

この時に、蔡京と一緒に流刑にされました。

しかし童貫は護送の途中で死罪にされました。

首が太かったせいで、斬首はかなり苦労したとの話でした。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

宋代は陶磁器技術が発展したのは良かったのですが、それを悪用する連中もいました。

それが童貫や蔡京のような連中です。

余談ですけど、宦官=悪という図式は無いです。

 

宋代でもまともな宦官はいました。

童貫以外の宦官についてはいずれ、解説します。

また、お楽しみに。

 

関連記事:【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない

関連記事:だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 李元昊 西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹…
  2. 岳飛伝(一) amazon 田中芳樹の岳飛伝が人には推薦しづらい理由
  3. 韓侂冑 韓侂冑とはどんな人?科挙合格をしないで宰相になった韓侂冑
  4. 科挙とは何?中国の元祖公務員試験を知ろう
  5. 宋銭 お金と紙幣 貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説
  6. 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか?
  7. 水滸伝って何? 書類や本 宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説
  8. 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  3. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 読者の声(2018年11月29日〜12月4日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  4. 【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の礼 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 2020年東京五輪開催に向けてタクシーはどう変わる?補助金も出るらしい? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  6. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

三國志雑学

  1. 張角は歴史の表舞台に登場
  2. 蜀 武運を誇る馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 胡亥
  3. 曹操 孔明をチェック
  4. 殷の大様002

おすすめ記事

龐統 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君 光武帝を解説する荀彧 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった! お酒が強い篤姫 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者! 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は農民を大事にしていたのに○○された!? 生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/1】 まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP