ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

徐庶は正史三国志ではヒーローだった?剣術に長けていた軍師を徹底紹介

徐庶


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徐庶と出会う劉備

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)劉備(りゅうび)推挙(すいきょ)した人物・徐庶(じょ しょ
)
三国志を知っている方なら必ず知っている人物ですが、彼が若かりし頃どのような人物であったかを知っている人は少ないのではないのでしょうか。そこで今回は正史三国志を参考に徐庶の若い頃を紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

関連記事:【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル

 

 

そもそも徐庶って誰!?

徐庶

 

皆さんは諸葛孔明劉備に推挙した人物の名前を徐庶として認識している方が多いと思います。しかし彼の本当の名前は徐庶ではありません。

では本当の名前はなんと言うのでしょうか。徐庶の本当の名前は徐福(じょふく
)
と言います。

 

皆さんがもし徐庶と言っている三国志好きの方がいらしたら、「徐庶って本当の名前じゃないんだぜ」ってドヤ顔で教えてあげてください。でも徐福と徐庶の二つの名前を使うとこんがらがってややこしいので、ここでは徐庶の名前を使わせていただきます。

 


 

剣士徐庶!!

 

徐庶は諸葛孔明を推挙したことから、文官としてのイメージを持っている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。三国志漫画の金字塔・蒼天航路に登場する徐庶も文官のような格好をして登場します。しかし彼はもともと文官のようなイメージとはかけ離れている人物でした。

 

では文官じゃなくどのような人でだったのか。

 

幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

 

それは新撰組に登場するような剣士として活躍していた沖田総司(おきたそうじ)近藤勇(こんどういさみ)土方歳三(ひじかたとしぞう)のような人で、剣の扱いに関してはかなりの実力を持っていた人だったのです。そして剣士・徐庶は自分の欲のために力を行使するのではなく、他人のために力を行使するヒーローのような人物でした。

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組


 

ヒーロー徐庶参上!!

 

徐庶は若い頃、剣の技を磨きかなりの実力者として有名な人物でした。そんな彼は知り合いから敵討ちを頼まれます。

 

徐庶は義侠心の強い人物であったので、敵討ちを頼まれるとすんなりと請負い、知り合いの敵討ちを見事に果たし、徐庶の名前はヒーローと知られていくことになります。彼はこうして自らの義侠心を満足させ、知り合いの敵討ちを成功させるのですが、ここからが大変でした。


  

 

 

逃げ続ける徐庶しかし…

 

徐庶は敵討ちに成功しますが、殺人事件として政府の役人たちが犯人を逮捕するため捜索を開始。徐庶は役人から逃亡するため荷物をまとめて逃亡生活を行います。徐庶は顔に白い土を塗り、ぼろぼろの服を着て逃亡を行いますが、ついに役人に捕らえられてしまいます。

 

政府の役人は徐庶を捕らえると事情聴取を行い、本当に殺人を起こしたのか取調べを行っていきます。徐庶は役人の事情聴取を受けても自らの罪を認めませんでした。役人は徐庶が怪しいと思っており、徐庶を知っている人物を何人も連れてきて、彼が殺人事件の犯人であるのか証明しようとしますが、誰も徐庶の顔を見ても徐庶本人であると供述しませんでした。

 

こうして徐庶は牢屋にとらわれたまま何日も過ぎていきます。

 

仲間に救助される徐庶

 

徐庶は牢屋で何日も過ごしていくことになります。その間彼は頑なに犯人であると供述しませんでした。そんなある日彼の仲間たちが牢屋を襲撃し、徐庶を救助することに成功。こうして徐庶は牢屋での生活を終えて再び外の世界へと飛び出していくことになるのでした。

 

徐庶は外の世界に戻ると再び剣を握って人助けをすることをやめてしまいます。どうして徐庶は剣を握るのをやめたのか。正史三国志には徐庶の気持ちが書かれていないためわかりませんが、たぶんもう牢屋で生活するのが懲りたのでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

徐庶は若い頃上記のようにかなりの実力を持った剣士でした。しかし自分が捕まったことで剣士としての道を捨てて、学問に身を打ち込んでいくため、同郷の友人と一緒に荊州(けいしゅう)へ向かうことにします。

 

そしてこの地で諸葛孔明と出会い友達づきあいをしていくことがきっかけとなり、劉備に諸葛孔明を推挙することができるのです。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬懿 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  2. 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  3. 酔いつぶれる劉備玄徳 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
  4. 司馬懿 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件
  5. 司馬懿 司馬懿は孫子の兵法を戦いで用いたことある?
  6. 亡くなる周瑜 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  7. 陸遜 これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  8. 五虎大将軍の黄忠 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いて…

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 榎本武揚
  2. アンティキティラ島の機械
  3. キングダム54巻amazon
  4. 夏侯惇
  5. 張飛の男気人生
  6. 曹操 三国志 ゆるキャラ1
  7. 曹操
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 周瑜、陸遜 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン 織田信長 織田信長はなぜ尊敬されるのか? はじめての三国志 画像準備中 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 馬超の兜にフォーカス 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話 鎌倉時代の侍 アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 信(キングダム風) 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP