呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる




孔明と龐統の両軍師

 

孔明(こうめい)龐統(ほうとう)徐庶(じょしょ)の三人がいたら劉備(りゅうび)軍はどうなっていたの!?劉備には優れた軍師が二人いました。

 

一人は臥竜(がりょう)と呼ばれた孔明(こうめい)

二人目は鳳雛(ほうすう)と呼ばれた龐統

 

もしこの二人に加えて徐庶劉備軍に加わっていれば、どうなっていたのでしょうか。歴史に「もしも」は禁忌(きんき)ですが、ここではレンの妄想ワールド全開で紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

関連記事:もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く?

 

 

劉備軍に三人の軍師が揃う

ゆるキャラ龐統

 

劉備は赤壁の戦いが終わると孔明や徐庶に加えて、鳳雛こと龐統を仲間に加えることに成功。荊州の司馬徽門下の中でも優秀とうたわれた三人が劉備の元に集うことになります。

 

 

徐庶を手に入れた事で戦略の幅が広がる

三国志ライター黒田レン

 

劉備は孔明・龐統・徐庶の三軍師が揃うとどのような事が起きうるのでしょうか。レンは劉備が徐庶を手に入れた事で戦略の幅が広がるのではないのかなと思っています。史実では劉備が益州と漢中を手に入れた頃、文官には馬良劉巴董和など多くの人材がいましたが、軍師と呼ばれる人材は孔明だけしかいない状態でした。

 

しかし徐庶が加わることによって、益州攻略戦の時に戦死するはずであった龐統を死なせいないで済む可能性が生まれます。そして徐庶が加わり龐統が生き残れば、劉備軍の軍師の層が厚くなり、戦略の幅が広がったと考えることができます。

 

でもどうして龐統が死ななくて済むのでしょうか。それは劉備が益州攻略戦に龐統ではなく徐庶を連れて行くからです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記

 

龐統を益州攻略戦に連れて行かない理由

龐統

 

益州攻略戦に龐統を連れてかないで徐庶を連れていく理由は龐統よりも徐庶の方が知名度が低いからです。龐統は鳳雛と呼ばれて、臥竜・孔明と同じくらいの名声を持っていました。彼の名声は多分益州にも伝わっていた事でしょう。

 

しかし徐庶の名声はそれほど高くなく、彼を連れて行けば、劉璋の警戒心も薄まり、より簡単に益州を攻略することが出来た可能性があります。そのため龐統を益州攻略戦の軍師として連れて行かないで、徐庶を連れて行けば、龐統も死なずに済んだでしょう。

 

徐庶がいれば、関羽も死なず、荊州も失わずに済む!?

敗れる関羽雲長

 

孔明・龐統・徐庶の三軍師がいれば、関羽と荊州を失わずに済んだかもしれません。どうして関羽と荊州を失わずに済むのか。

 

レンの妄想ワールドによれば、劉備が荊州へ徐庶もしくは龐統を関羽の軍師として派遣するからです。レンは関羽が敗北した原因の一つとしてアドバイザーがいなかったせいだと思っています。史実では関羽が、民政に関することも一人で決め、荊州北部を攻略するときも総司令官として前線に出て戦わなくてはならない状態でした。

 

そのため関羽が荊州北部を攻略している最中、孫呉の軍勢の攻撃を受けて荊州を南部すべてを失い、関羽も孫呉の軍から攻撃を受けて亡くなってしまいます。しかし彼にアドバイザーとして徐庶もしくは龐統がいれば、荊州と関羽、両方を失わずに済んだと思われます。徐庶もしくは龐統が関羽の軍師として民政や戦略面のアドバイスをしっかりと行う事で、孫呉との関係もしっかりと築くことが出来でしょう。

 

孫呉との関係がうまくいっていれば、魏の領土である荊州北部を攻撃している最中に孫呉から攻撃を受けることもなかったでしょう。そして孫呉からの攻撃を受けなければ、荊州を失うこともなく、関羽も死なずに済んだのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

徐庶は魏の明帝・曹叡の時代にまで生きていたそうです。そのため(ここでもレンの妄想ワールドですが)蜀の北伐戦の時に徐庶が居れば、彼が孔明に戦術や戦略のアドバイスをすることになったでしょう。

 

徐庶が孔明に戦術・戦略のアドバイスを行っていれば、街亭の戦いの時に馬謖を起用することもなく、最初の北伐戦で大成功を収めていたかもしれません。このように三国志の世界を妄想してみると結構面白いので、時間が空いた時に妄想ワールドを広げてみるのもいいのかもしれませんね。

 

今回は最後の最後までレンの妄想ワールド全開に付き合っていただきありがとうございました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

関連記事:もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  2. カエサルの生涯が凄すぎる!古代ローマ版曹操【ドラゴンブレイド番外…
  3. 苦肉の策(笑) 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  4. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  5. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  6. 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  7. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  8. 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹モグラ作戦
  2. 許チョ(許褚)
  3. 上杉謙信
  4. 張角逝く
  5. 日本戦国時代の鎧
  6. キングダム53巻
  7. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  8. 諸葛一族
  9. キングダムの王騎

おすすめ記事

  1. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  2. 「壬申の乱」が古代日本のフェミニズム時代をもたらした?持統帝の存在感と影響力 コーノヒロ(はじめての三国志ライター)
  3. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 孔明
  4. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 魏から蜀に下る姜維
  5. 読者の声『右クリックができず困っている件』 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 三国志 象兵

三國志雑学

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 劉備に褒められる趙雲
  3. 袁紹
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 劉備 呂布 裏切り
  3. キングダム53巻
  4. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  5. 曹操VSかく
  6. 泣く子も張遼
  7. 毛沢東(もうたくとう)

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯 曹操 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 上杉謙信 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP