呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

南北宋

岳王廟は恐怖の心霊スポットなのか?岳飛廟を分かりやすく紹介

岳王廟 wikipedia




岳飛(南宋の軍人)

 

岳飛(がくひ)南宋(なんそう)(1127年~1279年)初期の武人です。北宋(ほくそう)(960年~1127年)が(きん)により滅亡させられたことにより、軍に入隊して頭角を現しました。一兵卒から軍の総司令官にまで成り上がりましたが、金(1115年~1234年)との和議を望む宰相秦檜(しんかい)や南宋初代皇帝高宗(こうそう)と対立をしました。

 

その結果、子の岳雲(がくうん)、部下の張憲(ちょうけん)と一緒に無実の罪で投獄されて紹興11年(1141年)に殺されました。金と死ぬまで戦ったことから、「中国史上最大の英雄」と称賛されています。一方、岳飛を謀殺した秦檜「中国史上最悪の奸臣」評価されています。

 

さて、岳飛は死後、各地に(びょう)が建設されました。「廟」とは簡単に言えば、祖先の霊を祀る宗教施設です。岳飛の廟は「岳王廟(がくおうびょう)」と呼ばれており、死後に各地に建設されました。墓は江蘇省(こうそしょう)杭州市(こうしゅうし)の西湖近くの岳王廟にあるのですが、中国は広くて簡単には行けません。

 

だから、みんな近くの岳王廟の参拝で済ませます。今回は岳王廟に関する解説を致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1

関連記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1

 

 

岳王廟第1号

岳王廟 wikipedia

岳王廟 / 引用 wikipedia

 

現在、有名な岳王廟は、前述した江蘇省杭州市の西湖近くの岳王廟です。これは岳飛の墓があるから有名なのです。ところが、最初に建設されたのは全く違う場所です。

 

紹興31年(1161年)に金が和睦を破り南宋に侵攻してきました。幸いにも戦いは南宋の勝利に終わりました。この時に岳飛に対しての復権運動が起きました。南宋第2代皇帝孝宗(こうそう)は、岳飛の官職を元に戻して、墓も改めて作り直しました。現在も存在している岳飛の墓は、この時のものです。

 

しかし、特に廟は建設されていません。時が流れて乾道5年(1169年)には武昌(湖北省武昌区)地元住民からある頼みがきました。

 

「岳飛を祀る廟を建設してください」

 

これが記念すべき岳王廟第1号です。

 

この時に「忠烈(ちゅうれつ)」という名をおくりました。残念ながら、この廟はすでに残っていません。日中戦争の時に、空爆により破壊されました。現在は痕跡が残っている程度です。

 

 

岳王廟の鉄像

 

岳王廟には有名なものが置いてあります。秦檜と彼の妻の(おう)氏、さらに岳飛謀殺に協力した張俊(ちょうしゅん)万俟卨(ぼくきせつ)の鉄像です。かつて、参詣者はこれらの鉄像に小便や唾をかけたと言われています。

 

秦檜(南宋の政治家)

 

現在は鉄像の近くに「唾をかけないでください」と立て札があります。歴史的側面から見れば秦檜の和議は正しかったと言われていますが、当時の中国人は許せなかったのです。最初は秦檜夫婦と万俟卨の鉄像だけでしたが、明(1368年~1644年)になり、張俊の鉄像が増えました。

 

清(1644年~1911年)になると、岳飛ばかり持ち上げて秦檜を貶めることに疑問も出ました。これは清を建国した民族が金と同じ女真族だったから、秦檜に同情的だったのです。そのため、鉄像撤去の計画も出ましたが実現はしませんでした。

 

岳飛の呪い?

 

岳王廟の鉄像には奇怪な話が残されています。清の康熙年間(1662年~1722年)のこと。役人の淮維珍(わいいちん)が西湖の岳王廟を礼拝した時に、人々が秦檜たちの鉄像をムチで叩いていました。

 

「年月が経過しているのに、まだこんなことをやっているのか」と淮維珍は思いました。

 

秦檜に同情した淮維珍は鉄像を撤去することを考えました。だがその瞬間、淮維珍は背中を何者かに叩かれました。淮維珍が周囲を見渡しても誰もいませんでした。ぞっとした淮維珍は戻りましたが、帰路で病気になり、すぐに亡くなりました。

 

鉄像の感謝

 

こんな話もあります。乾隆年間(1736年~1795年)のことです。役人の熊学鵬(ゆうがくほう)は秦檜たちの鉄像が壊れたので、修理してほしいと人々から要請がきました。

 

しかし熊学鵬は拒否しました。(訳は現代の人に分かりやすくしています)

 

「秦檜や岳飛も死んで随分と経過している。鉄像に感覚があるわけでもあるまい。修理する必要はない」熊学鵬の考えは、現実的でした。

 

ところがその夜に、熊学鵬の夢枕に秦檜たちが出現して、「ありがとう」とお礼を述べました。起き上がった熊学鵬は気持ち悪くなり結局、鉄像を修理しました。諦めが早いです。

 

諦めたらそこで試合終了ですよ、熊学鵬!

 

あっ、もう終わっていましたね・・・・・・

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

最後に私的なをしておきます。筆者は中国史は好きなのですが、1度も中国に行ったことがありません。いつも書籍や地図とにらめっこです。

いつかは、中国に行き岳王廟を参拝したいものです。

 

 

※参考文献

・外山軍治『岳飛と秦檜 主戦論と講和論』(冨山房 1938年)

 

関連記事:【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説

関連記事:宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって
  2. 三国志大学 曹操 科挙とは何?中国の元祖公務員試験を知ろう
  3. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期…
  4. 北宋末の政治家・童貫(どうかん) 宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯
  5. 岳雲 岳飛の子孫にはどんな人がいるの?子供や孫、子孫たち一覧
  6. 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか?
  7. 水月観音像(仏像) 宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった…
  8. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末
  2. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  3. 泣く子も張遼
  4. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  5. 幕末 大砲発射
  6. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  7. キングダム52巻
  8. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明

おすすめ記事

  1. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念 司馬遷(しばせん)
  2. 京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知られる京劇
  3. 袁紹の勢力拡大ペースがなかなかすごい件!もう少しで『四国志』になっていた? 美化された袁紹に羨む袁術
  4. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士 孫堅逝く
  5. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将 徐晃
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

三國志雑学

  1. 関羽の青銅像
  2. 陶謙
  3. 日本に目指さした孫権
  4. 朝まで三国志 袁紹
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 藏覇(臧覇)
  3. 三国志大学 曹操
  4. 呂不韋

おすすめ記事

魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 前方後円墳(古墳) なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった? 漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか? ブチ切れる曹操 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?- 西郷隆盛の政治思想はどんなもの? キングダム53巻 キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP