キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀は天海となって徳川幕府に参加していた!その理由とは?

徳川家康




燃える本能寺

 

本能寺の変で織田信長(おだのぶなが)を暗殺することに成功した明智光秀(あけちみつひで)。彼は織田信長を殺害した後、織田家の勢力を吸収して天下を手に入れます。

しかし明智光秀はライバル・羽柴秀吉(はしばひでよし)に山崎の戦いで秀吉に敗北。

 

その後光秀は本拠地へ逃亡を図ろうとしている所を落武者狩りをしている農民の攻撃によって討ち死にしてしまいます。しかし明智光秀が生き残っている伝説があるのをみなさまはご存知でしょうか。

 

明智光秀は落武者の攻撃で討ち死にしないで、生き残った伝説について紹介していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「明智光秀 天海」
「明智光秀 徳川幕府」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

関連記事:明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も?

 

 

農民の攻撃によって死す「通説」

明智光秀 麒麟がくる

 

明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北した後、どのようにして亡くなったのでしょうか。「太閤記」によれば明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北した後、落武者狩りをしていた農民の攻撃によって討ち死にしてしまいます。

 

その後明智光秀の首は秀吉のもとに届けられ、京の東山・粟田口あたりに晒されたそうです。こうして天下に明智光秀が討ち死にした事が示されることに。

 

しかし羽柴秀吉が京で晒した明智光秀の首は偽物で光秀が農民の攻撃によって討ち死にしないで、生き残っている伝説が残っているのです。

 

 

光秀伝説:天海大僧正として徳川三代に仕えた!?

 

伝説によれば、明智光秀は山崎の戦いで敗北した後、農民の攻撃を受けて討ち死にしないで、生存していたそうです。では明智光秀は生き残ってどうしていたのでしょうか。

 

徳川家康

 

それは明智光秀が天海大僧正として、徳川家康(とくがわいえやす)~徳川三代将軍・徳川家光(とくがわ いえみつ
)
まで仕えていたそうです。天海大僧正(てんかいだいそうじょう)とはどのような人物なのでしょう。

 

天海大僧正は徳川家康に仕え、主に京都の朝廷との交渉事に尽力したり、大坂の陣の原因となった方広寺事件にも関与していた人物です。このように徳川幕府で活躍した天海大僧正ですが、明智光秀が天海大僧正へ変身してもおかしくない根拠がいくつかあるので紹介しましょう。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

明智光秀が生き残って天海大僧正になった根拠:日光にある土地の名前に「明智平」と着けた

 

明智光秀が生き残って天海大僧正になった根拠その1としては日光に「明智平」と付けられた名前の土地があることです。この日光にある「明智平」と名前を付けたのは天海大僧正だそうです。

 

しかし天海大僧正が「明智平」と名付けた確定的な根拠があるわけではありません。でもそれを否定できるほどの強い根拠も今のところないそうです。

 

もし天海大僧正が命名したのであれば、明智光秀が生き残って天海大僧正として徳川家康に仕え、自分が生きた証を後世に残したかったのかもしれません。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は明智光秀=天海大僧正へ変身した伝説や伝説の根拠について紹介しました。でも天海大僧正=明智光秀の根拠がひとつだけだとちょっと物足りないのでもう一つ明智光秀が生き残って天海大僧正になった根拠の一つを紹介したいと思います。

 

それは天海大僧正の亡くなった時の年齢です。天海大僧正は100歳を超える長寿だったそうです。

 

明智光秀のが山崎の戦いの後で農民に殺された時、「明智軍記」によると55歳だったそうです。しかし最近の研究によれば、天文9年(1540年)だったの可能性が示唆されています。

 

 

もしこの天文9年(1540年)説が正しいとするならば、明智光秀が亡くなった時の年齢もかなり若くなります。そして光秀伝説が正しいと仮定するのであれば、天海大僧正になって徳川家康に仕え、三代将軍・家光の治世に亡くなったとしても辻褄が合うのではないのでしょうか。

 

もし光秀が生存していたと仮定し、天海に変身して家康へ仕えた場合、天海が亡くなるまでの年齢を考えると光秀=天海と考えることもあながち不可能ではないと思うのですが、みなさまはどのように思いますか。

 

・参考文献: 信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた (双葉新書)

 

関連記事:明智光秀は千利休として生き延びた?

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

【動画】明智光秀の素顔はイケメンだった?俳優で例えるとあの人

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  2. 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長はいつから種子島銃を戦で使ったの?種子島銃の出現から導入…
  3. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝…
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2 織田信長は秀吉を「猿」と本当に呼んでいた?
  6. 亡くなる上杉謙信 上杉謙信はもしかして暗殺されたのかもしれない?暗殺説を解説!
  7. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  8. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 邪馬台国と魏軍の兵士
  3. 王翦
  4. 呉の孫堅
  5. 真田丸
  6. 魏の文官・李孚(りふ)

おすすめ記事

  1. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  2. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!? はじめての三国志 画像準備中
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2 劉姫
  4. 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 公孫サン(公孫瓚)
  5. 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  6. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた? 蒋琬と姜維と王平

三國志雑学

  1. 黒田官兵衛
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 呉懿と魏延
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延と孔明
  2. キングダム54巻amazon
  3. 蒼天航路
  4. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  5. 子供時代の桃園三兄弟
  6. 張飛
  7. 軍師孔明
  8. 賈詡

おすすめ記事

袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 張飛が使う蛇矛 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 ネズミで人生を変えた李斯 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男 劉焉 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男 鱸魚を釣る左慈 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP