ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件

公孫サンは英雄劉備が真似した人物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

公孫瓚と劉備

 

演義(えんぎ)における公孫瓚(こうそんさん)は、弟分である劉備(りゅうび)を引き立てる「恩人(おんじん)」であり、自身も白馬を駆り戦場で名をはせた、「英傑(えいけつ)」としてカッコよく描かれています。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

しかし、それはかなり盛られた仮の姿でしかなく、正史三国志で描かれた彼は嫉妬に狂い、支離滅裂(しりめつれつ
)
なことばかりやらかした挙句、情けない最期を迎えた「クズ野郎」と呼ぶにふさわしい、残念な人物だったのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
公孫瓚 クズ」
公孫瓚 実像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった!

関連記事:公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった

 


 

義理堅かった青年時代の公孫瓚

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫サンは2千石(群太守・司隷校尉クラス)の有力豪族の子として、幽州(ゆうしゅう)遼西郡(りょうせいぐん)で誕生しました。

 

生母の出自が卑しいかったため、ろくな官職を与えられませんでしたが、遼西郡太守だった劉基(りゅうき)容姿端麗(ようしたんれい)な出で立ちと聡明さを認められ、娘である侯氏の婿となりその援助を受けて、盧植(ろしょく)門下で経書・兵学を劉備と共に学んでいます。

 

強い恩義を感じていたのか、劉基に法を犯したという嫌疑がかかり、廷吏に連行されたときは、法に触れる危険を顧みず御者として随行。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

かいがいしく身の回りの世話をしたという、義理堅さをうかがわせるエピソードも残っています。結局劉基は赦免となったため無事故郷に戻ることができた公孫瓚は、その後考廉に推挙され遼東郡属国の長史(地方都市の軍事統括官)に任命されます。

 


 

公孫瓚のクズ野郎伝説その1 「民衆を顧みない戦闘バカがやらかした鬼畜作戦」

公孫サン(公孫瓚)

 

涼州暴動(りょうしゅうぼうどう
)
張純(ちょうじゅん
)
の乱などで戦功をあげた公孫瓚は、騎都尉(きとい)(近衛騎兵隊長)へ昇進、見事自らの力で「二千石」を勝ち取ったのですが、立派だったのはここまで、クズの本性をあらわにしていきます。

 

初戦で張純を退けた公孫瓚でしたが、力押しに終始していたため、神出鬼没の反乱軍をなかなか壊滅できずにいました。

 

劉虞

 

見かねた朝廷は、かつて幽州刺史として善政を敷き、異民族からの信頼も厚い劉虞(りゅうぐ)を州牧として派遣、事態収拾を託します。

 

公孫瓚との長い戦いに疲弊していた鮮卑(せんぴ)は、

 

「え?劉虞様が戻ってきた?」と色めき立ち、族長たちがこぞって帰順の使者をへ送ったため、張純の反乱は一気に終息へ向かい始めます。

 

武闘派の公孫瓚からすれば、このまま政治的解決されてはカッコがつかない、

「よし、邪魔してしまえ!」とばかりに、鮮卑使者の暗殺計画を企てます。

 

この計画は鮮卑側に筒抜けで失敗し、軍勢を取り上げられてしまいますが、懲りない公孫瓚はなんやかんだ劉虞の懐柔策を妨害。鮮卑族に劉虞が与えていた恩賞を民衆を巻き込みブン捕っていたうえ、仮病を使い劉虞からの会見要請を拒否っていたところなんて、クズ以外の何物でもありません。

 

その後も、公孫瓚の執拗な武力行使によって民衆が疲弊の極みに達したため、ついに劉虞は193年10月、異民族を糾合して10万余りの大軍を動員、幽州にとって排除すべき悪党、公孫瓚の討伐に乗り出します。

 

その時公孫瓚が取った行動こそクズの極み、何と民衆を盾にして城に立てこもるという、「外道作戦」を繰り出してきたのです。

 

劉虞

 

慈愛に満ちた劉虞の性格を逆手に取る言語道断の作戦ですが、「公孫瓚だけを切ればよい、他を傷けないよう。」と思惑通りの指示を劉虞が発したため討伐軍は混乱、公孫瓚のゲリラ作戦によって切り崩され、劉虞は生け捕りになってしまいます。

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝


 

公孫瓚のクズ野郎伝説その2 「名君劉虞を貶める残虐性とその後の粛清ラッシュ」

公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった公孫瓚、劉虞

 

捕縛したとはいえ劉虞助命を嘆願する声が、あちこちで溢れかえっていたため、公孫瓚は民から人気のある劉虞を貶めるべく、皇位簒奪を測った極悪人と讒言(ざんげん
)

 

劉虞に6州を任せようと朝廷が派遣した使者・段訓(だんくん)を脅迫、まんまと劉虞を一族もろとも処刑することに成功したのです。目の上のタンコブを排除できた公孫瓚はご満悦、益々そのクズっぷりを発揮していきます。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

劉虞を殺したことで、民衆からそっぽを向かれているにもかかわらず、「俺は全知全能の人格者だ!」と、意味の分からない自信を抱いた彼は、幽州の支配者として贅をつくし、同時に劉虞の家臣を次々に粛清していきます。

 

公孫瓚を倒した袁紹

 

しかし、数人生き残った遺臣(いしん)たちと、袁紹(えんしょう)の元に逃れていた忘れ形見である劉和(りゅうわ)、さらに劉虞を慕う烏丸(うがん)・鮮卑との連合軍による、猛烈な反撃にタジタジ。そこにきて華北で覇権を争うライバル、袁紹がチャンスとばかりに援軍を送ったため、公孫瓚はなすすべもなく本拠である易京城に退き、籠城せざるを得なくなります。

 

関連記事:公孫瓚の易京城はどんな城?


  

 

 

公孫瓚のクズ野郎伝説その3 「クズ過ぎる考え方と当然の最後」

三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)

公孫瓚が立てこもった易京城は幾層もの城壁を備える堅城だったため、「貯えている10年分の兵糧を食べているうちに、何とかなるでしょ?」

となぜか自信満々。

 

事ここに至って公孫瓚の傲慢さはさらにひどくなり、袁紹の降伏勧告に返事すら書かず、自らは城の最深部に籠り側近を退け、妾達と遊楽三昧の日々を起こります。

ある時、全線で奮闘する将から援軍要請が来たものの、公孫瓚はそれを無視して見殺しに。

 

その理由について彼は、

「1人に援軍をを繰ると他の将も援軍を頼り必死に戦わなくなる」なんてイミフなことをのたまう始末、もうクズの末期症状が出始めています。

 

自力では袁紹軍を撃破できないし援軍も来ないとなれば、前線の公孫瓚軍の崩壊は当たり前。あっさり撃破されるか自滅したため、袁紹は楽勝で易京城の門前に到達します。

 

さすがに焦った公孫瓚は息子である公孫続(こうそんしょく
)
に密使を送り、派遣先であった張燕(ちょうえん
)
軍と連動し、内外から挟み撃ちする作戦を立てましたが、密使が袁紹の斥候に捕らえられ計画が漏れたため、出撃するもフルボッコ。

 

諦める公孫サン(公孫瓚)

 

自慢の易京城も袁紹の奇策、「地下道作戦」によって突き崩され、死を悟った公孫瓚は妻子を刺殺した後居城に火を放なって自決、199年のことでした。

 

三国志ライター 酒仙タヌキの独り言

酒仙タヌキ 三国志ライター free

 

不遇な身の上から立身出世し白馬将軍と称えられたにしては、あっけない最期を遂げた男、公孫サン。

 

苦笑いするしかなかった公孫サン(公孫瓚)

 

袁紹にこっぴどく敗れた息子公孫続も、正史ではその後フェードアウト。一説では公孫瓚を恨む異民族に惨殺されたといわれており、演義に至ってはその存在すら描かれていません、…合掌。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの?

関連記事:公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

酒仙タヌキ

酒仙タヌキ

投稿者の記事一覧

小学生のころから司馬遼太郎を読み漁ってきた筋金入り、高校在学中に中国にホームステイしたころから雄大なその魅力に憑りつかれ、いまや晩酌と歴史をこよなく愛する立派な「中年歴男」に。
戦国・幕末はじめ三国志はもちろん、最近では韓流歴史ドラマにドはまり中、朝鮮王朝ロマンに浸りながら嫁タヌキの作るおつまみをつまむのが人生最高の喜び。

好きな歴史人物:

徳川慶喜、上杉鷹山、程昱、荀攸など、どっちかと言うと脇役好き。

何か一言:

歴史はそのまま政治・経済学であり、そして何より人生を豊かにしてくれる「哲学」と考えています。

関連記事

  1. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  2. 曹丕 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  3. 諸葛恪の栄光と破滅 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  4. 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?
  5. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  6. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説
  7. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  8. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 于禁、曹操、青州兵
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 魏延からの提案を却下する孔明
  6. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧

おすすめ記事

  1. キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事 キングダム52巻
  2. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ 城の前を掃除する孔明
  3. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  4. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは? ツンデレ曹丕
  5. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 連幹の計 呂布 貂蝉
  6. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 曹仁

三國志雑学

  1. 英雄曹操とナポレオンを比較
  2. 陸遜
  3. 天下三分の計
  4. 苛ついている曹操
  5. 孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の馬超
  2. 漢の顔良(がんりょう)
  3. 曹丕と曹植
  4. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  5. 黄忠VS夏侯淵
  6. キングダム54巻amazon
  7. 呉蜀赤壁の戦い

おすすめ記事

病気がちな孔明 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか 曹彰 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 キングダム キングダム 530話 ネタバレ予想:端和の勇 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 董卓の略奪方法が意外と高効率?董卓の墓荒らしを考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP