呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

織田信長は天下統一までに何をしてきた?

南蛮胴を身に着けた織田信長




南蛮胴を身に着けた織田信長

 

日本の戦国大名の中で最大勢力を保有していた織田信長(おだのぶなが)

 

彼は天下統一を目標として邁進していましたが、織田信長は天下統一までに何をしたのでしょうか。

今回は織田信長が天下統一までにしたことを紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「織田信長 天下統一」
「天下統一までの道」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

織田信長が天下統一までにしたことその1:巧みな外交戦略

織田信長

織田信長

 

織田信長が天下統一までにしたことその1は巧みな外交戦略が挙げられるでしょう。

 

燃える本能寺

 

織田信長は本能寺の変(ほんのうじのへん)で亡くなる時には日本最大の戦力を保有していましたが、弱っちい小大名の時代もありました。織田信長は弱小大名の時、戦国最強の武田家と上杉家の両家と同盟を締結。

 

暗号を使う上杉謙信

 

織田信長は強敵の武田家と上杉家の両家と同盟を結びながらも彼らを怒らせないようにへりくだった態度をしていましたが、武田家と敵対するようになってしまいます。織田信長は上杉家に武田家を攻撃するように泣きついて、武田軍が織田家に攻撃を仕掛けないように努力しますが、この作戦は失敗に終わってしまいます。

 

織田信長はこの時の外交戦略の失敗を省みて、巧みな外交戦略を展開していきます。織田信長は上杉家と同盟が破綻し、敵対するようになると関東近辺の大名と同盟を結び上杉家の足を引っ張る作戦を展開。

 

織田信長は関東近辺の大名家だけでは心もとないと思ったのか、奥羽の大名とも同盟して上杉家の足を引っ張ります。織田信長の外交努力の結果、上杉家は手取川(てどりがわ
)
で織田軍を痛めつけた後、織田家の領土へ侵攻することなく、軍勢を引き上げてしまいます。

 

また中国の覇者・毛利家と敵対したときは九州の大名・大友家と手を結んで毛利家と戦いを繰り広げていきます。このように織田信長は天下統一までに北は奥羽。

 

南は九州の大名を味方につけながら、敵対する戦国大名と戦いを継続させていくのでした。

 

 

織田信長が天下統一までにしたことその2:古い権威を適宜に使用したこと

足利義昭

 

織田信長が天下統一までにしたことその2は古い権威を適宜に使用した所です。織田信長は古い権威が力を持っている事を知っていました。そのため織田信長は将軍・足利義昭(あしかが よしあき
)
を上手く利用。

 

織田信長は将軍・足利義昭と対立し始めると、将軍を見捨てて朝廷のトップ・天皇に接近していきます。織田信長は将軍・足利義昭を京都から追放した後、天皇に接近したことで「天下人」のお墨付きを貰います。

 

その後織田信長は天皇と持ちつ持たれつの関係を維持していくことになり、朝廷の協力を得ることにも成功します。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

織田信長が天下統一までにしたことその3:戦いの戦術にブレがない

馬に乗って戦う若き織田信長

 

織田信長が天下統一までにしたことその3は戦いの戦術にブレがない所です。

 

織田信長は戦に望むとき、敵の兵数よりも多くの兵士を持って常に敵のエリア(領土)へ侵入して戦いをしてきた武将で、本能寺の変で亡くなるまでこの戦い方を貫き通した武将です。

 

浅井長政(あざいながまさ)

 

ではここからは織田信長が上記のような戦術をとっていたのかどうかを代表的な合戦から紹介したいと思います。姉川の戦いは浅井・朝倉の連合軍よりも多くの兵士を引き連れて戦い、浅井・朝倉連合軍を打ち破っています。

 

また長篠の戦いでも織田信長は武田軍よりも多くの兵士を率いて戦に望んで、大勝利を得ています。ここから分かるように織田信長は常に敵よりも優勢な兵力を持って出陣し、敵のエリアで戦いを行ってきた戦国大名で、本能寺の変で亡くなるまでこの戦い方は変わりませんでした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は織田信長が天下統一までにしたことをいくつか紹介しました。

 

この他にも織田信長は天下統一までに行動を起こすスピードを重視したり、「楽市楽座(らくいちらくざ
)
」などの経済政策を行うことで経済の活性化を図ったりいろいろなことをしています。

 

上記で紹介した織田信長が天下統一までにしたことはあくまで一例ですので、みなさんの参考になればいいなと思っております。

 

■参考文献 信長の天下布武への道 (戦争の日本史)

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

【動画】織田信長がつけた抜群のセンスを感じる あだ名8選

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長 織田信長はなぜ尊敬されるのか?
  2. 薩摩藩の島津義弘 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決
  3. 本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺への…
  4. 斎藤道三 明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理…
  5. おんな城主 直虎 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見ど…
  6. 真田丸 武田信玄 これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…
  7. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀のたたき上げの人生とは?苦労人・明智光秀の生涯を3分で理…
  8. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維
  2. 呂布
  3. 甘寧に殺されかける料理人
  4. 羌瘣
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 楊彪を司空に任命させる董卓
  7. 陸遜
  8. 五虎大将軍の関羽
  9. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  10. 魯粛

おすすめ記事

  1. 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!? 張コウ 張郃
  2. 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ! 司馬懿と曹叡
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】
  4. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  5. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 鮮卑大人、育延
  6. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

三國志雑学

  1. 荀彧
  2. 孔明
  3. 袁紹を説得しようとする田豊
  4. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  5. 道具を輸送する民人


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. キングダム45
  3. 孟嘗君
  4. 朱然
  5. 西遊記 孫悟空

おすすめ記事

荀攸 荀攸の逸話がとってもすごい件 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 立見尚文とはどんな人?八甲田山の雪中行軍の悲劇も紹介 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣 キングダム52巻 キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!? 鄧艾 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP