法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【明智光秀 vs 豊臣秀吉】山崎の戦いのゆかりの地をめぐる

明智光秀が剣を持って戦っているシーン




嫉妬している明智光秀

 

これまでの記事において、山崎の戦い(やまざきのたたかい)について明智光秀(あけちみつひで)にとって想定外のことが多かったから負けたという内容でした。

 

明智光秀が剣を持って戦っているシーン

 

また、三日天下(みっかてんか)天王山(てんのうざん
)
など現代でも使われる言葉の由来になっていることも紹介しました。

 

しかし、これまでの記事では山崎の戦いのゆかり地を紹介した記事がありませんでした。

今回は山崎の戦いのゆかり地を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「明智光秀 豊臣秀吉」
「明智光秀 山崎の戦い」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:四字熟語「三日天下」とは?明智光秀の山崎の戦いが由来となった四字熟語を解説

関連記事:明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理由は?

 

 

天王山の由来になった場所とは?

燃える本能寺

 

1582年6月2日の未明に本能寺の変(ほんのうじのへん)が起こりました。

 

豊臣秀吉 戦国時代

 

本能寺の変で織田信長(おだのぶなが)が自害したことを知ると、豊臣秀吉(とよとみひでよし)は中国地方から京都へ引き返します。わずか2日間で引き返したことから中国大返しといいます。

 

6月13日に天王山の(ふもと)にある現在の小泉川(こいずみがわ)を挟んで対峙し、山崎の戦いの火蓋が切って落とされました。天王山は標高270mの山で、天下分け目を意味する言葉の由来となりました。

 

 

天王山へはJR山崎駅と阪急大山崎駅から徒歩60分で行くことができます。ハイキングコースとして整備されています。途中に陶板絵図があるため合戦の臨場感を味わいながらハイキングを楽しむことができます。

 

 

明智光秀はどこに陣を置いた?

明智光秀 麒麟がくる

 

山崎の戦いで豊臣秀吉は天王山の麓に陣を置きました。一方で、明智光秀は同じ山崎にある御坊塚(おんぼうづか )という場所に陣を置きました。

 

前方後円墳(古墳)

 

御坊塚とは古墳(こふん)のことで、となりの長岡京市の恵解山古墳(いげのやまこふん
)
であるという説が有力になっています。

 

近年の古墳の発掘調査において、古墳から火縄銃の鉄砲玉や曲輪の跡などが発見されました。山崎の戦いで損傷したと考えられ、光秀がこの地に陣を置いたと考えられます。

 

勝竜寺城

 

勝竜寺城(しょうりゅうじじょう
)
は長岡京市にあります。

 

細川藤孝

 

勝竜寺城はかつて細川藤孝(ほそかわ ふじたか)忠興(ただおき)親子の居城でした。明智光秀の娘・玉が細川忠興に嫁いだとき、勝竜寺城で新婚生活を送ったといわれています。

 

山崎の戦いで明智光秀が敗れると、この城に籠城しました。籠城したものの、豊臣秀吉の攻撃に耐えることができず、光秀は勝竜寺城を脱出して坂本城(さかもとじょう)に逃げようとしました。光秀は坂本城に逃げる途中で、農民に討たれました。

 

現在、勝竜寺城は城跡となり、勝竜寺城公園となっています。アクセスはJR長岡京駅から徒歩10分です。

 

宝積寺


山崎の戦いで、豊臣秀吉は宝積寺(ほうしゃくじ)に陣を置きました。宝積寺は724年(奈良時代)に行基によって開山されました。打出と小槌を祀っていることから商売繁盛のお寺として知られています。

 

山崎の戦いの後、清洲会議(きよすかいぎ)で秀吉は山城国(やましろのくに
)
を手に入れました。山城国を手に入れた秀吉は山崎城を築城し、宝積寺は城の一部となりました。山崎城は大阪城が完成するまで秀吉の居城となりましたが、大阪城が完成すると山崎城を廃城としました。

 

幕末になると、宝積寺は1864年に起こった禁門の変で、尊皇攘夷派(そんのうじょういは
)
真木保臣(まき やすおみ
)
らが陣を置きました。現在、宝積寺は天王山のハイキングコースの一部となっています。アクセスは阪急大山崎駅とJR山崎駅から徒歩15分です。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀と豊臣秀吉が直接対決をした山崎の戦いのゆかりの地を取り上げました。これまでの記事では、山崎の経過を中心に取り上げてきましたが、ゆかりの地を取り上げることはありませんでした。今後、2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の放送に合わせて訪問したい場合、この記事を参考にしていただけると幸いです。

 

明智光秀は山崎の戦いに敗れ、勝竜寺城から逃れて坂本城に逃げる途中で、農民に討たれたと伝えられています。大河ドラマ『麒麟がくる』の最終回で、山崎の戦いで秀吉に負けた後の明智光秀についてどのような演出をするのか注目したいと思います。

 

また、大河ドラマの放送の決定に合わせて、明智光秀に関する新しい発見があるかもしれません。今後の研究にも注目したいと思います。

 

関連記事:明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?

関連記事:明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

【動画】明智光秀が織田信長よりも年下だった理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?…
  2. 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  3. 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選
  4. 真田丸 武田信玄 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  5. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した!
  6. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介
  7. 餓えた農民(水滸伝) 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった?
  8. 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. 法正と張松
  5. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  2. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) はじめての三国志 画像準備中
  3. 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説 西郷従道 幕末
  4. 【11月の見どころ】11/19〜23日まで「三国志とお金」の特集 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. 魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説 蜀の魏延
  6. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 信(キングダム風)
  3. 関羽に無視される孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 孟嘗君
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 女真族は辮髪

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」 「魏」の旗を持った兵士 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた! 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの? 曹丕 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP