戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操

 

三国志(さんごくし)はゲームやマンガでも漢字が多く敬遠しがちです。

ここでは街亭の戦い(がいていのたたかい)を「ラーメン店」に置き換えてわかりやすく解説していきます。

耳慣れた用語が多いので、初めての人でも読みやすいでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました

関連記事:馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】

 

自称・皇帝
当記事は、
「馬謖 戦犯」
「馬謖 ラーメン」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


 

外資系企業・張郃チェーンが街亭に進出!

劉備

 

ラーメン店を展開する劉備(りゅうび)社長。

激戦地・街亭に外資系の張郃(ちょうこう)チェーンが出店するというニュースを聞き、大慌てです。

 

張郃チェーンは優秀な料理人を率いているとのこと。もしかしたら、街亭での売り上げが落ち込んでしまうかもしれない。何としても出店を阻止しなくては。

 

 

諸葛亮部長、 課長の馬謖を街亭へ

株式会社三国志で働く劉備と孔明

 

そこで部長の諸葛亮(しょかつりょう)馬謖(ばしょく)課長を派遣します。

どうにかして張郃チェーンをエリア外に追いやってほしいと…。

 

しかし、馬謖課長はイタリアン料理の出身。パスタやピザに詳しいですが、ラーメンは食べたこともなかったのです。

 

蜀の魏延

 

他の社員もチャーシューがうまいと評判の魏延課長を推します。しかも魏延課長は過去に出店経験があります。

ここは誰もが魏延課長が適任だと口にします。

 

王平は四龍将

 

しかし、諸葛亮部長は課長代理の王平(おうへい)を付けるからと馬謖課長を強引に派遣するのです。

 

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

これには社内でも不満が続出。

ブーイングを浴びながら馬謖課長は街亭へタクシーで向かいます。

 

一方、馬謖課長と会社を出たところでタクシーで行くか電車で行くか口論になった王平。新入社員の女の子を連れて、堅実に電車で街亭へと向かいます。

 

道すがら「絶対、電車の方が早いよな」と女性社員にグチをこぼします。

女性社員も「そうですよねー」と同意。意気投合して改札を通り抜けるのでした。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽


 

張郃チェーン、道路を封鎖

張コウ 張郃

 

ライバル社の馬謖が街亭の道路事情に疎いと直感した張郃チェーン。

 

警察と組んで、街亭へと続くブリッジを封鎖。賄賂をもらった警察は事故が起きたとウソをつきます。

 

馬謖、渋滞にハマる

山頂に陣を敷いた馬謖

 

困ったのは馬謖課長。

 

タクシーに閉じ込められ、にっちもさっちもいきません。目の前にある橋が事故で封鎖され、進むことも戻ることもできなくなってしまいました。

やがて、夜になりタクシーを降りるも周辺のコンビニはすべて閉店。同行した平社員は空腹のため牛丼屋を探す始末。

 

そこで、電車で迂回していた部下の王平にメッセージアプリで連絡します。

「先に街亭へ行っててくれ」

 

メッセージを送信すると馬謖課長は一人で橋のそばまで向かいます。

 

もちろん徒歩です。何かあれば連絡すると伝え、スマホの電源を切ってしまうのです。


  

 

 

課長代理の王平は電車で現地へ

 

馬謖課長から連絡を受けた王平は、もうすぐ街亭へ到着する頃でした。

 

「了解です」と返信する王平。顔には不満の色が浮かんでいます。

 

しかし、街亭に着くとすでに張郃チェーンが新しい店舗を建設していたのです。関係官庁への書類提出も済み、法的にも退去させることができなくなりました。

王平は飛行場でヘリコプターを借り、橋の上で右往左往している馬謖課長を拾って本社へと戻ります。

 

懲戒解雇

 

渋滞にはまる可能性がありながら、タクシーで現地に向かうとは言語道断。

 

馬謖課長は減給どころか、諸葛亮部長にクビを宣告されるのです。結局、ラーメンに詳しい魏延課長がライバル店の張郃チェーンに勝る新メニューを開発。

なんとか激戦地・街亭での売り上げを維持することができました。

 

しかし、禍根が残ります。諸葛亮部長は交通費の支給を渋ると思った魏延課長。

仕事の合間を縫って、転職活動を始めます。こうして魏延課長の心は徐々に起業、独立へと傾いていくのです。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

街亭の戦いをラーメン店の出店競争に例えてみました。

 

扱っている商品こそ違いますが、似たような状況が三国時代にも起こりました。ラーメン店の出店競争と領土争いは似たような側面があります。戦乱の世は殺し合いのイメージが強いですが、かなりの比率で心理戦が繰り広げられていたのは事実です。

 

外でラーメンを食べる機会があったら、1800年前の街亭の戦いに思いを馳せてみるのもいいでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった?

関連記事:馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

【動画】400年も続いた漢王朝が2回も滅んだ理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 袁術
  2. 犬猫に襲われる孔明
  3. 孫権と張昭
  4. 奮闘する黄蓋
  5. 晋の陳寿




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP