樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

樊城の戦い

 

樊城の戦い(はんじょうのたたかい)荊州(けいしゅう)で起こった戦いです。

荊州は中国でも内地ですが、この内地で「水攻め」という単語が出てきます。

 

五虎大将軍の関羽

 

これは精鋭である3万を率いてやってきた于禁(うきん)軍を関羽(かんう)軍が降伏させた戦い部分で語られますが、この水攻めには援軍陥落以上に大きな意味がありました。

今回はその部分に注目しながら、樊城の戦いを見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「樊城の戦い 水攻め」
「樊城の戦い 実際」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】

関連記事:樊城の戦いは魏の援軍が要だった!魏の援軍たちとその数を知る

 


 

樊城の曹仁、援軍の于禁軍が受けた関羽の水攻め

徐晃

 

樊城を包囲した関羽軍、籠城する曹仁(そうじん)たちを救うべく曹操(そうそう)は必死に兵士をかき集めて、5万という精鋭部隊を揃えました。そしてそれを率いさせたのは曹操と長い付き合いでもある、魏の五将軍とも呼ばれた名将・徐晃(じょこう)

 

曹仁と曹操

 

樊城を包囲している関羽軍としてはここで徐晃軍と樊城の曹仁を同時に相手をしなければいけないのはかなり大変だったことでしょう。

 

曹操、ホウ徳、于禁

 

しかし于禁の軍は壊滅し、関羽に降伏してしまいます。この時、なぜか急に大雨が起きて洪水が発生。

 

水攻めをする兵士

 

于禁軍は高台に避難した所を関羽軍の水軍によって攻撃され降伏。樊城も水没して多大なるダメージを受けることになりました。

 


 

水攻めは関羽の作戦だった?

関羽

 

この樊城の戦いでの水害を、演義では水攻めとして関羽が起こしたことになっています。ただ正史ではそういった記載はなく、あくまで長雨によって水害を受けて、それを好機と関羽軍が攻撃したことになっています。

 

関羽

 

また同じく演義では前述した水軍も関羽が作戦のために用意したことになっていましたが、流石に関羽と言えども長雨を呼び寄せる力はないと思いますので、樊城への水路を封鎖するために用意したものでしょう。

 

酔っ払う関羽

 

ちょっと盛り上がりに欠ける言い方をしてしまいましたが、この水害、水攻めのダメージは「関羽が起こした」よりも実は「偶然引き起こされた」と言う方がダメージが大きいのです。その理由も説明していきましょう。

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因


 

水攻めには重要な意味が潜んでいた

荒れる黄河

 

水攻めはされた方は悲惨です。まず生活基盤が全部崩れます。

 

寝る場所も飲食ままならなくなり、水に流されて建物は崩れ、流れに乗って木や泥やら流れてきますから怪我もします。

それに昔は水洗便所はありませんから…水が流れてきて溢れれば…お分かりですね?

 

病気で寝込む張嶷

 

そして汚れた水は病気を蔓延させ、破傷風(はしょうふう)を招き、諸々によって士気がだだ下がりします。更に今回の水攻めのダメージは、それだけではありません。現代であれば長雨や水害があってもそれは自然現象です。

 

関羽

 

関羽は幸運だった、于禁や曹仁は運が悪かっただけで済むかもしれませんが、当時の中国は違います。

 

この時代は「天命」、つまり「神様からの命令」が重要視されていました。長雨はただの偶然ではありません、神様が関羽を勝たせようと起こしたものです。

関羽を勝たせようとしているということは、つまり天命は劉備にあるのです。

 

この精神ダメージこそがこの樊城の戦いで起こった水攻めによる、一番大きなダメージであると筆者は考えています。


  

 

勢いに乗っていく関羽軍…

強くなる関羽

 

現代であっても、こんな不幸が重なれば心が折れそうになりますよね。そこに更に「天命」が、当時は一般的なものとして多くの人たちに考えられていたのです。

魏は落ち込み、そして関羽軍は天命我にありと勢い付きます。

 

おそらくこの瞬間が一番、関羽軍が士気高揚した瞬間ではないでしょうか。

 

敗れる関羽雲長

 

しかし皆さんご存知、関羽はこの後敗北するだけでなく、斬首になります。圧倒的に有利な状態で、天命さえも味方した状態で、関羽は敗北しました。樊城の戦いと言いますが、おそらく関羽にとって樊城は通過点であり、その後ろに魏こそが目的だったのでしょう。

 

しかしその樊城すら落とせないまま、関羽が落としたのは自分の首と命。後に神とまで言われる関羽は、荊州の地に散りました。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

結果だけ見れば関羽は敗北者です。

 

朱然によって捕まる関羽

 

ここまで揃っていても負けた、しかし歴史は結果からだけでは語れません。関羽は最期こそ敗北したけれど、確かに名将であったと思います。

 

そして樊城の戦いの水攻めには、当時の価値観というものがとても現れているのです。

 

郭嘉の本

 

歴史を見ているとどうしても今の価値観とずれていて分かりにくい箇所もあると思いますが、それをそのままにせずに「その時代の価値観」を知るきっかけにして、より深く歴史を読み込んでみて下さいね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?

関連記事:関羽が悪人扱いされない3つの理由

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

【動画】関羽雲長が同時代に尊敬していた敵将軍

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 麋竺と劉備
  2. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  3. 魯粛と袁術
  4. 姜維の地位を落とす文官




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP