関平の実の親って誰!?関羽?関定?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関帝廟 関羽

 

武神(ぶしん)関羽(かんう)の大ファンであればぜひ訪れたいのが関帝廟(かんていびょう)

 

横浜関帝廟

 

関帝廟には関羽だけではなくその息子である関平(かんぺい)も祀られています。

 

横浜関帝廟

 

父の最期まで付き従った関平ですから関羽と共に祀られるのは当然のことでしょう。

しかし、この関平の実の父親については様々な議論がなされています。

 

関羽と関索

 

関平と関羽は実の親子だったとか飽くまで養子に過ぎず、関羽と関平に血縁関係はなかったとか…。

実際のところはどうなっていのでしょうか?

 

今回は関平の実の親について調べてみました。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関平 親」
「関平 両親」
「関平 血統」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

関連記事:関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは

 


 

正史『三国志』と『三国志演義』とでパパが違う

幕末 魏呉蜀 書物

 

実は、関平の実の父親とされている人物は正史『三国志(さんごくし)』と『三国志演義(さんごくしえんぎ)』とで異なっています。

 

そのため、正史『三国志』だけを読んでいる人と『三国志演義』だけを読んでいる人とで関平の父親についての見解が異なるわけです。

 

では、それぞれの書物では関平の実の父親は誰だと書かれているのでしょうか?

以下よりご紹介してきます。

 


 

関平は正史『三国志』では関羽の実の息子

劉備と関平たち

 

正史『三国志』において関平の名が登場するのは関羽伝のみです。

 

樊城の戦い

 

それもほぼ終盤で、初登場は関羽が荊州(けいしゅう)曹操(そうそう)軍及び孫権(そんけん)軍と戦っていた時分。

「権遣将逆撃羽、斬羽及子平臨沮。

(権将を遣りて羽を逆撃し、羽及び子の平を臨沮に斬る。)」

 

朱然によって捕まる関羽

 

このように孫権が派遣した武将に破られ関羽と共に打ち首に処せられたことだけが記載されています。

 

ここでは単に「子の平」とだけ書かれているため正史『三国志』においては関平は関羽の実の息子とされていることが窺えます。

最後の最後に突如として現れた関羽の息子・関平…。

 

関平について裴松之も特に注を付していないため本当に謎に包まれた存在です。

一体いつ誰との間に関羽は息子・関平をもうけたのでしょうね。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの


 

『三国志演義』では関定の息子

西遊記巻物 書物

 

一方、『三国志演義』では関平は物語の序盤とも言える場面で出てきます。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

それは、劉備があまりにも調子に乗りすぎて曹操を怒らせ徐州を追われてしまった後、バラバラにはぐれてしまった劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の桃園3兄弟がようやく再会を果たした館でのことでした。関定という人物の屋敷で再会を喜ぶ3人。

 

その様子を見ていた関定は同じ苗字を持つ関羽に対し、同族であるという理由により自分の次男の関平を養子にして一緒に連れて行ってやってほしいと申し込みます。

 

桃園兄弟

 

最初は難色を示していた関羽ですが、劉備が「子どももいないしおめでたいことではないか」と2人の間をとりなしたため、関平は晴れて関羽の養子になることになりました。

 

このような経緯が明かされていることから『三国志演義』では関平の実の父親は関定であることがわかります。


  

 

 

なぜ正史『三国志』と『三国志演義』とで実の父が違うのか?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

ところで、なぜ正史『三国志』と『三国志演義』とで実の父親が違うのでしょうか。

 

『三国志演義』も正史『三国志』と同様に関羽と関平は血のつながりがあるという設定にしておいた方が何かと盛り上がるような気がしませんか?

しかし、関羽と関平は同時に命を散らしてしまう運命にあります。そのため、関羽と関平が実の親子関係にあると「血のつながりがあった息子まで死んでしまった…」と悲壮感が増してしまうことでしょう。

 

また、『三国志演義』には関羽と関平の死後に関羽の実子である関興が父の仇を討たんとおもむろに登場し、版本によっては関索という関羽の実子だと名乗る謎の人物まで登場しています。

 

羅漢中と関羽

 

このことからも、関羽の血を受け継ぐ人は生きていてほしいという『三国志演義』の編者や関羽ファンの強い思いが感じられませんか?

『三国志演義』において関平が関羽の実の息子として描かれなかったのは武神・関羽の死という悲劇を和らげるためだったのでしょう。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

関平については正史『三国志』を読んでも関羽の息子ということしかわかりません。

そのことがむしろ『三国志演義』の作者の想像力を掻き立て、関平はより魅力的なキャラクターになることができたのでしょう。

 

しかし、あまりにも魅力的になりすぎて、関羽の血を引く者として父と共に命を散らせるのはあまりにも酷だと考えられたのだと思われます。

そこで、関平を関羽の義理の息子という設定にし、読者のショックを和らげようとしたのでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事:関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

【動画】三国志演義が見下される理由


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 孔明
  2. 袁術
  3. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  4. 朝まで三国志 kawausoと曹操
  5. 合肥の戦いの地図
  6. 曹操は女性の敵なの?もじのみ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP