明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

2020年の大河ドラマは『麒麟がくる』で、主人公は明智光秀(あけちみつひで)です。

大河ドラマを通して、明智光秀に関するこれまでの定説とは異なる新しい発見が期待されています。

 

明智光秀 麒麟がくる

 

織田信長(おだのぶなが)家臣(かしん)になってからの明智光秀については史料に残されていますが、信長の家臣になる前の明智光秀については史料に残っておらず、不明な点が多いといわれています。信長の家臣になる前の明智光秀に関する新たな史料が発見されました。

 

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

今回は琵琶湖(びわこ)沿いにあった田中城(たなかじょう)を籠城していた明智光秀について紹介します。田中城城主を経て坂本城(さかもとじょう)城主になった経緯について取り上げます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「明智光秀 琵琶湖」
「琵琶湖 坂本城」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:【明智光秀 vs 豊臣秀吉】山崎の戦いのゆかりの地をめぐる

関連記事:明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理由は?

 


 

田中城に籠城していた明智光秀

 

まず、田中城の場所について紹介します。田中城は近江国(おうみのくに
)
にありました。現在の滋賀県高島市(しがけんたかしまし
)
安曇川(あどがわ)沿いにあったといわれています。田中城は琵琶湖に面した交通の要所で、重要な場所でした。

 

松永久秀

 

次に、1565年に13代将軍足利義輝(あしかが よしてる
)
三好義継(みよし よしつぐ
)
松永久秀(まつなが ひさひで
)
の連合軍が衝突します。この事件を「永禄の変(えいろくのへん
)
」といいます。永禄の変で、明智光秀が13代将軍足利義輝に命じられて田中城に籠城していたと書かれた史料が発見されました。

 

斎藤道三

 

明智光秀について織田信長の家臣になる前まで不明な点が多いとされていました。斎藤道三(さいとうどうさん)下剋上(げこくじょう
)
で倒されると、牢人生活をしていたと考えられていましたが、足利義輝に命令されて籠城していました。牢人のような身分の低い武士に交通の要所である田中城の籠城を命じることは考えられないことから、足利義輝に信頼されていて、高い身分だった可能性があります。

 

足利義昭

 

田中城を籠城した後、足利義輝は松永久秀に暗殺されました。後に15代将軍になる足利義昭が越前の朝倉義景(あさくら よしかげ
)
のもとで身を寄せるようになり、そのことがきっかけで明智光秀は朝倉義景の家臣となりました。

 


 

田中城城主から坂本城城主へ

浅井長政(あざいながまさ)

 

1570年に織田信長が朝倉義景の越前国を攻めたときに田中城に逗留したと伝えられています。この越前国に攻めたことに対して、同盟を結んでいた浅井長政(あさいながまさ)が織田信長を裏切ったため、信長は退却せざるを得ない状況になりました。

 

馬に乗って戦う若き織田信長

 

その後の姉川の戦い(あねがわのたたかい
)
で、織田信長・徳川家康(とくがわいえやす)の連合軍が浅井長政・朝倉義景の連合軍に勝利しました。田中城は浅井長政の支配下に置かれましたが、姉川の戦いで浅井長政の勢力がなくなったことにより明智光秀が田中城の城主となりました。

 

廃仏毀釈

 

1571年に織田信長は抵抗する仏教勢力を排斥するために比叡山(ひえいざん
)
を焼き討ちにしました。明智光秀は比叡山焼き討ちの翌年に坂本に城を築城するように織田信長に命令されました。この城は坂本城といいます。明智光秀が田中城から坂本城に異動する形で、坂本城の城主となりました。

 

坂本は比叡山延暦寺の門前町で、琵琶湖に面していることから交通の要所として栄えていました。坂本は京に近い場所にあることから、光秀は京都市政と丹波国の領国経営の拠点としました。

 

本能寺の変後、城主が何人か代わった後、浅野長政が坂本城から大津城に居城を移したことにより坂本城はなくなりました。現在は、城跡のみで明智光秀の功績を讃える銅像や石碑が残されています。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は、最初に田中城に籠城していた頃の明智光秀について取り上げました。この記事を通して、明智光秀は身分の低い武士ではなく、将軍足利義輝に信頼されていた身分の高い武士の可能性が高いことが分かりました。

 

この記事の後半では、田中城から坂本城の城主になる過程を取り上げました。田中城と坂本城の城主だった明智光秀について、琵琶湖沿いの交通の要所となっている城の城主になったことが分かりました。明智光秀の実力について大河ドラマを通して新しい見方ができるかもしれません。今後の研究に注目したいと思います。

 

関連記事:明智光秀の辞世の句とは?本能寺の変を正当化させるためだった?

関連記事:明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

【動画】明智光秀が織田信長よりも年下だった理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 


 

関連記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 織田信長
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 忙しくて過労で倒れる明智光秀
  6. 土岐頼芸


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP