キングダム599話ネタバレ予想「藺相如の二つ目の遺言を大予想」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

キングダム54巻amazon

 

キングダム598話では、粘りに粘っていた趙峩龍(ちょうがりゅう)がとうとう信に討ち取られました。

王騎(おうき)の矛が胴体を貫いており、もう死んだと断定していいと思います。

しかし、気になるのは死ぬ寸前まで趙峩龍を呪縛していた藺相如(りんそうじょ)の遺言です。

遺言は二つあり、一つは敵国に中華を統一する強力な剣が出現した場合には、全力を以てこれを殺せという過激なものでした。

ところが、趙峩龍は二つ目の遺言を実行する前に討たれてしまい、その実行を堯雲(ぎょううん)に託してしまったのです。

では、藺相如の二つ目の遺言とはどんなものでしょうか?

 

自称・皇帝
当記事は、
「キングダム 599話」
「藺相如 遺言」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」

関連記事:キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する

 


 

キングダム599話ネタバレ予想 もう一つの遺言の内容は?

西遊記巻物 書物

 

趙峩龍が実現できずに僚友の堯雲に託した藺相如の二つ目の遺言は何なのでしょう?

ネット界隈では、その二つ目の遺言の正体について、

「もし、敵国の剣を殺せなかったら、よろこんでその犠牲になれ」

ではないか?というような憶測が飛んでいるようです。

 

これ、趙峩龍が藺相如の予言が朱海平原で秦を滅ぼせではなく、実は、育ってくる若き獅子の前に立ちはだかり

討ち取られるのが使命ではないか?と疑い始めた事から推測された予想だと思いますが、だったら2人もいらなくないですか?

 

実際に趙峩龍は、全力で信を殺す為に逃げる事を止めてたちはだかり、押しとめる事が出来ずに討ち取られましたよね?これはつまり、

「もし、敵国の剣を殺せなかったら、よろこんでその犠牲になれ」を達成したのと同じだと思うのです。

 

ここでまた、堯雲が出現し、もう一回、信を殺してみせると立ち塞がると同じ事をもう1回やる事になり、まだるっこしくないですかね・・

仮にも中華の未来を知悉するような天才藺相如ですから、二つ目の遺言はもっと違う内容なのではないかと思うのです。

 


 

キングダム599話ネタバレ予想 和睦を実現し堯雲自害

敗れる関羽雲長

 

藺相如の二つ目の遺言、kawausoの予想は「両軍が撤退し和睦(わぼく)を結ぶ」ではないかと思います。

すでに、趙峩龍亡き今、朱海平原の戦いの命運を握るのは堯雲と雷雲隊(らいうんたい)です。

彼が戦う事を止めて和睦を提案すれば、余力のない飛信隊は応じざる得ません。

馬南慈(ばなんじ)が、それを拒絶しようにも堯雲軍の援護なしに玉鳳隊と亜光軍の挟撃を受けるのは分が悪すぎますから撤退するでしょう。

 

「主、藺相如は中華を統べる剣の存在を遺言しておったその第一の遺言は

剣を試し真に中華を統べるに値するか確かめる事、僚友、趙峩龍はそれを見定めて倒れた。

第二の遺言は、すでに飛信隊信が中華を統べる剣と判明した以上はこれ以上の兵の犠牲は無意味というものだ。

朱海平原の戦いには、俺の血を以て終止符を打つ」

 

こうして、堯雲は、李牧と王翦がにらみ合う戦場の真ん中に割って入り、左腕の矛で自分の首を吹き飛ばし和睦を提言するのです。

李牧(りぼく)王翦(おうせん)に衝撃が走りますが、右翼の戦場の戦いの帰趨が朱海平原全体の戦いの決着である以上、ここで李牧が和睦に応じないと

正面から王翦軍、右から飛信隊、亜光軍、王賁(おうほん)軍の攻撃を受けます。

一方の王翦は鄴が落ちればそれでいいわけで李牧が軍を引けば、特にデメリットはないわけです。

 

こうして、堯雲の自害という衝撃の展開で朱海平原の戦いは終結し泥沼の消耗戦に巻き込まれる筈の秦と趙は束の間の停戦を迎えます。

なんか盛り上がりに欠けますけど、これが現実的な気もします。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム599話ネタバレ予想 李牧に藺相如の遺言を伝える

亡くなる李牧

 

薄らボケていた堯雲が趙峩龍の死とともに藺相如の遺言を思い出し、これは李牧に伝えなければと李牧の本陣に向かうというオチです。

しかし、藺相如が中華統一を知悉(ちしつ)していたという事を李牧に伝えてどうなるのか?という問題があります。

逆に、堯雲が藺相如の遺言を信に伝えるという話もありますが、すでに中華統一を志している信に、藺相如の遺言を伝えたところで、

「だから、それをやってるし・・」と言われて終わりになります。

という事なので、紡ぐというキーワードから堯雲が李牧へあるいは信に伝える展開は意味不明な分、見込みが薄いと思います。

 

キングダム599話ネタバレ予想 堯雲が秦に降伏し加入

鄧禹と兵士

 

藺相如の遺言が一つ目と二つ目では正反対だとするなら、

「もし、敵国の剣を殺せなければ降伏しその配下になって中華統一に協力せよ」ですかね

いやいやいや、、いくらなんでもそれはないでしょう。

いかに藺相如が広い視野で中華を見る事が出来る人物だとしても、彼は趙に仕えて、趙の天下取りに命を燃やしていた人物です。

 

いかに、冗談だと受け止めていいと前置きしたとしても、「秦が中華統一できそうなら、降伏して手伝え」なんて言うでしょうか?

すでにアップアップの李牧を裏切り、逆に飛信隊と合流して馬南慈を挟撃して滅ぼし

「さあ、新しい時代の始まりだ」って、それは納得できませんよね。

 

でも、漫画としてはこれが意外性があり、一番盛り上がるんですよね。

キングダムは、明らかな敵(国内の敵除く)が途中で味方になった展開がないので堯雲が仲間になる展開は斬新と言えば斬新です。


  

 

 

キングダム599話ネタバレ予想 停戦は藺相如の願い

藺相如(りんしょうじょ)

 

藺相如としては、すでに敵である王騎(おうき)達に対しても同じ目的に向かう仲間として一定のシンパシーを感じ取っている気配があります。

もちろん、なかよしこよしで平和が維持できるなどと微塵も思っていませんが無益な戦いであたら前途ある将兵を殺す事には反対ではないでしょうか?

今回の戦い誰かが止めない限り、秦も趙も夥しい血が流れる事を予知した藺相如が中華を統べるのは秦という現実を認めた上で

この戦争に幕を下ろすのも、いかにも血が流れる事を嫌った藺相如らしい設定に思えます。

 

キングダム(春秋戦国時代ライター)kawausoの独り言

 

以上、藺相如の二つ目の遺言について色々考えてみました。

個人的には、堯雲が咬ませ犬として信に斬殺されるのは趙峩龍の二番煎じでペケ、ありうるのは趙と秦の兵力をこれ以上損耗させないための

命を張った和睦か驚天動地(きょうてんどうち)の堯雲が飛信隊に電撃加入が定石ではないかと思います。

はたして、今回の予想は当たるのでしょうか?それとも、あっと驚くどんでん返しの遺言が明かされるのか楽しみですね。

 

前回記事:キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. 献帝
  2. キングダム
  3. キングダム53巻
  4. kawauso
  5. 馬で高速移動する王翦
  6. 李牧




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP