樊城の戦いで活躍した満寵!稀代の孫呉キラーになった満寵を知っておこう


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

合肥の戦いの満寵

 

樊城の戦い(はんじょうのたたかい)で樊城を守り抜いた曹仁(そうじん)、その補佐をしたのが満寵(まんちょう)という人物です。

 

知っている人には知られている満寵(まんちょう)はこの樊城の戦いだけでなく、後に合肥(がっぴ)でも活躍していきます。

そこで今回は満寵がどのような活躍を樊城でしたか、それと共に満寵がどのような人物かも簡単に紹介しましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「樊城の戦い 満寵」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか?

関連記事:樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当?

 


 

満寵の人柄は正しく、嫌われず

 

最終的に合肥(がっぴ)の守護神になってしまう満寵ですが、その活躍の始まりは文官(ぶんかん)でした。行ってしまうと地方役人です。

 

曹操

 

しかし優秀な人材はどんな人物でも引き立てる曹操(そうそう)、満寵の評判を引いて自分の手元で働かせるようになります。そして満寵は更にその才能を発揮していくようになります。

 

「満寵は誰に対しても公明正大で法に厳しかった。しかし性格が傲慢ではなかったので人から疎まれることはなかった」

 

公明正大(こうめいせいだい)な人と言うのは他人から好かれません。しかし満寵という人物は人柄が良く、他の人物からも好印象を持たれる性格だったようです。

 


 

曹仁と共に樊城の守備を行う満寵

樊城の戦い

 

その満寵の活躍の場と言えば、やはり樊城です。関羽(かんう)が攻め上がってきた時、満寵は曹仁(そうじん)と共に樊城(はんじょう)の守備に当たっていました。

 

ホウ徳

 

破竹の勢いで攻めてくる関羽、追い風が吹いているかのように急に振り出した大雨。援軍としてやってきた精鋭は敗北、龐徳(ほうとく)は戦死、于禁(うきん)は降伏。

 

関羽

 

更に水攻めが行われ…流石にこの状況で、気楽に構えられるはずがありません。流石の曹仁(そうじん)も撤退を考え始めましたが、それを止めたのが満寵(まんちょう)です。

 

曹仁

 

満寵は樊城が高い所にあるため水攻めされてもそこまで被害は出ない、被害が出る前に水は引くだろうと進言して曹仁を思い留まらせ、励まされた曹仁は徹底防戦を行います。

 

徐晃

 

その後、満寵が以前説得して曹操の配下になった徐晃が援軍として駆けつけてくるというドラマティックな展開から関羽は撤退。樊城を見事に守り切った曹仁の活躍の陰でしっかり支えた満寵は、その後も活躍していくことになります。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑


 

張遼とはまた一味違った、合肥の守護神になった満寵

 

樊城の守備で更に名を挙げた満寵。彼は次にまた守備を任せられることになります。

 

呉の孫権

 

そしてその場所は合肥。そう、あのウルトラ超人武将である張遼(ちょうりょう)が呉軍と孫権にトラウマを刻みに刻んだあの土地です。張遼(ちょうりょう)の刻んだトラウマは大きかったのか張遼が病気になって動けなかった時でさえ、孫権(そんけん)は合肥に攻め込みませんでした。

 

呉の孫権

 

しかし孫権として合肥はやはり欲しかったのでしょう。孫権は合肥に攻め込みます。それも毎年。毎年攻め込むというのは当然ながら、毎年防衛されて追い返されているということです。

 

合肥の戦いの満寵と孫権

 

満寵の働きは張遼ほど荒々しく、トラウマを刻むようなものではありませんでした。ですが孫権があの手この手で攻め込んでくるのを、スマートかつシンプルに、それでいて的確に迎え撃って呉軍を撃退します。そうして五年間もの間、満寵は孫権から、呉軍から合肥の土地を守り続けます。

 

この功績から多くの三国志ファンから満寵は「孫呉キラー」と言われているとか、いないとか…は置いておくとしても、満寵は張遼とはまた違った合肥の守護神として名を馳せます。樊城の絶望的な防衛に比べれば、しっかりと準備もできる合肥の守備は満寵にとって容易いものだったのかもしれませんね。


  

 

実はこんな一面があった満寵

 

さてそんな満寵。

 

ここまでの印象を見ていくと公明正大ながら人に嫌われず、スマートな戦略眼を持った人物のイメージが付きそうな彼ですが、実はこんなエピソードも。彼は実は禰衡という人物に「お前は酒ではなく酒粕を食べていろ」と言われるエピソードがあります。

 

これだけだと意味が分からないですが、満寵は体格が良く大食いで、しかもお酒にめっぽう強かったとか。「世語」には「満寵は酒を一石飲んでも酔わなかった」という逸話が記載されています。

 

一石とは馴染みが薄いので分かりにくいですが、大体180ℓです。この凄い量のお酒を飲んでも平然としていた満寵、このため「どうせ酔わないんだから飲む酒がもったいない!」という意味でからかわれたのだと思いますが、これは何とも人間離れした…コホン、豪胆な新しい満寵のイメージが付きそうですね。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

樊城の戦いで絶望的な危機を、曹仁を支えて守り切った満寵。

 

張遼亡き後、合肥の守護を受け継いだ満寵。優秀な武将が多すぎるためまだまだクローズアップされていない彼ですが、その凄さは本物です。ぜひとも彼の活躍を追いつつ、三国志を楽しんで下さいね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった?

関連記事:樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

【動画】関羽雲長が同時代に尊敬していた敵将軍


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 曹操と機密保持
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 徐晃と許チョ
  4. 呂布


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP