呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム603話ネタバレ予想vol2「李牧逆転勝利?鍵は舜水樹が握る」

キングダム54巻amazon

 




 

キングダム54巻amazon

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、602話では李牧(りぼく)の耳に鄴城(ぎょうじょう)王翦(おうせん)の伏兵で兵糧を焼かれ陥落寸前である事実が遂に伝えられました。

これにより、秦軍の兵糧が尽きるのを待つという防衛戦術が取れなくなった李牧は初めて陣形を変化させて、正面の王翦(おうせん)軍を

撃破しようとするのですが、その前に、李牧にはもう一つの切り札がある事を当人は忘れています。

李牧の懐刀で橑陽(りょうよう)で敗れ9万もの兵力を連れて列尾(れつび)に陣取る舜水樹(しゅんすいじゅ)です。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム603話最新ネタバレ予想「無理ゲー?すでに李牧が詰んでる理由」

関連記事:キングダム最新602話ネタバレ「李牧の陣形」レビュー

 

 

キングダム603話ネタバレ予想vol2「橑陽から帰還した趙兵」

病気になった兵士

 

今では遥か遠い昔の事のようですが、長い紙面を割いた橑陽偏で、主に傷つき大損害を被ったのは、山の民と犬戎(けんじゅう)族でした。

騒乱を持ち込んできた舜水樹公孫龍(こうそんりゅう)が率いている趙兵は9万人もいて、ほぼ無傷だったのです。

もっとも、その9万人でも山の民&秦の別動隊1万を加えた5万人に猛然と押し込まれて、結局舜水樹楊端和を挑発する目的で

山の民を虐殺して曝し、橑陽に向かって、山の民と秦の連合軍を誘い込んだわけですが・・

つまり、舜水樹と公孫龍が率いる趙兵は、ほぼ無傷なまま終戦を迎えその後、山の民と同盟を結んだ犬戎に共闘を断られた上

そのまま朱海平原に加勢に向かうようなら追撃すると脅迫されたので右往左往(うおうさおう)した結果、舜水樹と公孫龍は列尾辺りまで下がったのです。

 

 

キングダム603話ネタバレ予想vol2「鄴を救援できる舜水樹」

 

列尾は鄴から離れているように見えて、王翦がお忍びで半日馬で駆ければ往復できるような至近距離にあるようです。

つまり、舜水樹と公孫龍は朱海平原にいる李牧なんかよりずーっと素早く鄴の救援に向かう事が出来ます。

 

それ以外にも、邯鄲(かんたん)には趙の近衛兵(このえへい)がいて、もっとも鄴から近いですがあの臆病で卑怯者のオフ王が出兵を許すとはとても思えません。

すると現実味があるのは列尾に陣取る舜水樹と公孫龍が率いる9万の趙兵だけが頼りです。

まさに李牧の立場から考えると、

「おら、動けよ舜水樹!お前が初めて俺の役に立つチャンスだろが」

という絶好のポイントにいると言えるでしょう。

本当に、あのミカン頭が有能なら今動かないでどうするの?というような絶好のチャンスです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム603話ネタバレ予想vol2「舜水樹が動かない理由」

罠を仕掛ける王翦

 

では、どうして舜水樹と公孫龍は列尾から動く様子がないのでしょう?

実は、舜水樹と公孫龍が列尾に駐屯しているのはちゃんと意味があります。

 

列尾は趙の国門で、王翦はここから趙の領内に進攻してきました。

また、咸陽から続く物資の補給ポイントでもあり、最悪、鄴攻略に失敗した場合に逃げ帰るポイントでもあります。

ここを舜水樹や公孫龍が抑えれば、少なくとも秦の補給を切断し王翦の軍勢の逃げ道を防ぐ効果はあると言えます。

 

しかし、それは、9万人もの趙兵を駆使してやる事でしょうか?

半分もあれば出来そうな事に9万人ものコストを掛けているなら舜水樹無能という事にしかならないでしょう。

もしそれが、鄴のピンチなのを知りながら舜水樹が動かない理由だとすればこれはもう軍法会議モノの職務怠慢でしょう。

 

キングダム603話ネタバレ予想vol2「鄴からの救援は列尾に届いていない」

 

或いは、鄴からの救援要請は最初から李牧のいる朱海平原にだけ向けられていて列尾には、救援要請は届いていないという事もあるかも知れません。

でも、趙では緊急伝令には伝書鳩を使っているので、救援要請は可能な限り広範囲に放たれていると考えた方が自然だと思います。

少しでも鄴の指導者に知恵があれば、李牧に援軍を送る余裕がない事を見通すくらいの推測は出来るでしょう。

それなら、列尾にも伝書鳩を飛ばすくらいの事はすると思います。

「列尾の舜水樹が鄴の陥落を知ったのは、陥落の数日後だった」みたいなナレ陥落は、ちょっと白々(しらじら)しいですよね?

 

キングダム603話ネタバレ予想vol2「大人の事情」

 

最期の理由は、漫画の都合という動かしようがない大人の事情です。実際、橑陽の戦いは秦の戦略上、全く不必要な戦でした。

楊端和は、王翦の命令通り、公孫龍と舜水樹の軍勢を朱海平原の北で殲滅させてしまえば、それで良かったのです。

それを舜水樹に山の民の同胞を虐殺された事に逆上し、誘われるがままに、橑陽城に誘導されて犬戎族と戦う羽目になったのは

全くの楊端和の落ち度でした。

 

これに乗らなければ、山の民は舜水樹と公孫龍の軍勢9万を殲滅させて、朱海平原に援軍として出現し、李牧の中央軍を背後から突いて

一気に趙軍を全滅に追い込めたでしょう。

個人的には、楊端和の失敗は、橑陽と犬戎族を手懐けた事を考慮しても大将軍に昇進させる事は出来ないほどの大きな失点だと思います。

 

ただ、それでは漫画が面白くならないので、作者は舜水樹の挑発に楊端和を乗らせたわけです。

ところが、そこからの展開も迷走しました。

舜水樹は山の民の食糧を焼き払いながら、以後は持久して山の民が兵糧切れで崩壊するのを待たずに、

敢えて総力を挙げて挑戦を受け続けてしまうという意味不明な事を繰り返したのです。

 

おまけに最初で趙兵を山の民に比較してかなり弱い設定にしたので、戦いの殆どが山の民vs犬戎族で推移してしまい

時間ばかりが掛かって、淡々とした展開になったのです。

つまり、作者にとって、舜水樹と公孫龍はチョイスを間違えたキャラで新章突入までは使いたくないのでしょう。

だからこそ、9万人もの兵数を温存させながら、舜水樹を極力漫画に登場させないように隠していると推測します。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

このような経緯(いきさつ)から、kawausoは列尾の舜水樹と公孫龍は、絶好のポイントにいながら、鄴の救援に向かう事はないと思います。

もう日数も区切った事ですし、さっさと龐煖を信に斬らせ李牧を敗北させ桓騎には鄴で虐殺の限りを尽くさせ新章までの伏線を張って

二年以上も続く長い、長い鄴攻略編を終わらせる為に動くと推測します。

ここからさらに舜水樹を関わらせたら、それこそ鄴攻略編は、残り1日の設定のまま、なお半年くらい伸びるでしょう。

それは、いくらなんでもというのが正直な所ではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム602話ネタバレ予想vol2「倉央と田里弥の実力は?」

関連記事:キングダム602話ネタバレ予想「鄴城で桓騎による虐殺が起きる!」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダムネタバレ】合併号予想愛の戦士バジオウ死す!?
  2. キングダム キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい…
  3. キングダム53巻 キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー
  4. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  5. キングダム52巻 キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー
  6. キングダム キングダム ネタバレ予想536話「右翼で大戦争勃発」
  7. キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー
  8. キングダム52巻 キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉夫人
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. キングダム53巻
  4. 読書する劉備
  5. 怒る曹操
  6. スピリチュアルにハマる光武帝
  7. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250

おすすめ記事

  1. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  2. 【北宋】徽宗皇帝ってどんな人?Mrノープラン国を滅ぼした第8代皇帝 徽宗は北宋の第8代皇帝
  3. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 孟嘗君
  4. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  5. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.1 はじめての三国志編集長 kawauso
  6. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!? 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪

三國志雑学

  1. 袁術と呂布
  2. 程昱(ていいく)
  3. 暴れまわる異民族に困る梁習
  4. 陸遜と孫権
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 雷怖くない 能ある劉備
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  3. 曹操を殴る孫権
  4. 玉璽
  5. 平野国臣
  6. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

狗奴国の王・卑弥弓呼 卑弥弓呼とはどんな人?狗奴国の王であり邪馬台国の抵抗勢力を解説 ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト 趙雲子龍 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 孟獲キャッチコピー 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP