ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

水滸伝

【水滸伝の時代背景】徽宗朝の混乱の原因となった新法党・旧法党の争いとは何?

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)


宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

水滸伝(すいこでん)』は(みん)(1368年~1644年)の時代に作られた小説です。中国では『三国志演義(さんごくしえんぎ)』に匹敵する人気を誇っております。

 

徽宗は北宋の第8代皇帝

 

モチーフは北宋(ほくそう)(960年~1127年)末期の小規模な反乱です。今回は『水滸伝』の時代背景である北宋第8代皇帝徽宗(きそう)朝の政治混乱の原因となった「王安石(おうあんせき)の新法」関して解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水滸伝 時代背景」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

 


 

名君 神宗と王安石

 

治平4年(1067年)に北宋第5代皇帝の英宗(えいそう)が亡くなりました。すぐに、子の趙頊(ちょうぎょく)が即位しました。

 

これが第6代皇帝の神宗です。神宗は18歳の若さで即位しましたが、即位当初から非常に政治に熱心な皇帝でした。日本で例えるのなら、徳川吉宗(とくがわよしむね)のような人です。

 

神宗は早速、地方によい人材はいないか探しました。その結果、王安石という男に目をつけました。王安石は以前から地方政治で実績を挙げており、また中央にも意見書を出していました。意見書に目を通した神宗は、王安石を宰相に登用する決意をしました。

 


 

次々と新しい法律を制定する

餓えた農民(水滸伝)

 

登用された王安石は、神宗や部下と一緒に色々と考えました。神宗と王安石が生きた時代は、中流階級が没落して「金持ち」と「貧民」の差が激しい時代でした。今の日本にそっくりな時代でした。

 

農民・商人・兵士・・・・・・王安石は身分を問わずに様々な人の保護を考えてあげるための新しい法律・・・・・・「新法」を制定することにしました。自分の利益ではなく、他人のためでした。詳細な法律は今回省きますが、完成した法律を施行した結果、民は喜んだので大成功でした。


 

廃止される新法

 

ところが、新法に反対したのが王安石より昔から務めている先輩官僚や大商人でした。彼らは新法が自分たちに不利な内容ばかりだったので、一斉に王安石を攻撃しました。しかし、王安石は負けておらず向かってくる相手は全て口で負かしました。

 

反対する人は文句を述べるだけで、対抗策が無かったのです。だが、王安石も次第に不利な状況に追い込まれました。自身の協力者のほとんどが、反対者に回ったのです。彼らは親族やパトロンから注意を受けると、ビビッて反対者に回ったのです。

 

その後、王安石は圧力に負けてしまい失脚しました。失脚後、王安石の新法は次々と廃止されました。


  

 

 

復活する新法

 

神宗と王安石の死後、政権はしばらくの間は王安石の反対者が握ります。王安石系の人々を「新法党」と呼び、反対していた人々を「旧法党」と呼びます。ところが、今度は旧法党で内部争いが始まりました。見てられないと思ったのが、北宋第7代皇帝哲宗(てっそう)でした。彼も父の神宗と一緒で名君でした。

 

すぐに新法を復活させました。こうして、新法党の人々が政権を握りますが、彼らには王安石のような政治理念はありません。どっちが、政権をとるかで必死なのです。1番迷惑だったのは民です。

 

政権が変わるたびに、すぐに法律を変えられていたので、もうコリゴリです。

 

そして徽宗朝へ

 

哲宗は元符2年(1099年)に亡くなり、徽宗が後を継ぎました。徽宗も当初は新法党と旧法党の調停に努力しました。しかし毎日のように目の前で、悪口の言い合いばかり見せられるので徽宗も嫌気がさしてきました。

 

蔡京(水滸伝)

 

とうとう、政治は宰相蔡京(さいけい)に任せました。蔡京は表向きは新法党ですが、自分への風当たりが悪くなると、すぐに旧法党に鞍替えすることを繰り返した調子のよい人間です。こんな人間がトップなので、政治が上手くいくはずがなく、北宋はとうとう滅亡への一歩を進みます。

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が『水滸伝』の時代背景である徽宗朝の混乱の原因である「新法党・旧法党」の争いでした。日本には多数の王安石研究が存在しており昭和の一時期は、ほとんどがそれで占めていたのです。

 

ただし、それのせいで南宋(1127年~1279年)の研究が遅れたことも事実です。

 

※参考文献

・佐伯冨『王安石』(初出1941年 後に中公文庫 1990年)

・東一夫『王安石 革新の先覚者』(講談社 1975年)

・東一夫『王安石と司馬光』(沖積舎 1980年)

・木田知生『司馬光とその時代』(白帝社 1994年)

・小林義廣『王安石 北宋の孤高の改革者』(山川出版社 2013年)

 

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

関連記事:宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 水滸伝の五虎大将軍とは誰なの?関勝・林冲・秦明・呼延灼・董平を紹…
  2. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 水滸伝をあらすじでざっくりと分かりやすく解説してみる【3分で理解…
  3. 宋江(水滸伝) 宋江はどんな最期を迎えたの?水滸伝の主人公・宋江の死に方
  4. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!
  5. 梁山泊 梁山泊とはどんな所?水滸伝の初代首領の王倫とは誰!?
  6. 戴宗 『水滸伝』の誰が好き?晃が独断と偏見で選ぶキャラクターを考察
  7. 水滸伝って何? 宋江 ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書…
  8. 史進(水滸伝) 【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気な…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  2. 司馬懿
  3. 周瑜と孫策
  4. 周倉
  5. 赤い汗をかいてお肌をつるつるになっているカバ(赤兎馬)
  6. 陸遜
  7. 徐庶と出会う劉備

おすすめ記事

  1. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 司馬懿
  2. 契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは? 耶律阿保機
  3. 諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか 孔明
  4. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法 曹洪と曹操
  5. 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった! 織田信長
  6. 三国夢幻演義 龍の少年 第11話「導きの先」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 暴れる関羽
  2. 剣を持って戦う徐庶
  3. 九品官人法を作った陳羣


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  3. 織田信長
  4. 織田信長
  5. 宋銭 お金と紙幣

おすすめ記事

赤兎馬にまたがる呂布 呂布はどんな性格だったの?天下無双の武将を考察 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る) 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり kawauso カルロス・ゴーンとはどんな人?日産を立て直した改革者の功罪 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 張飛が使う蛇矛 蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか? 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 張飛にお酒はだめだよ 【三国志酒盛り決戦】張郃VS張飛 勝つのはどっち? 曹操 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP