曹丕も感動した煮豆の詩とはどんな詩?


後継者争いをしている曹丕と曹植

 

七歩の才(しちほのさい)」ということわざがあります。作詩が早く優れていることの意味です。このことわざの元ネタは曹操(そうそう)の息子の曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)です。

 

曹植

 

今回は曹丕が感動した「煮豆の詩」に関して『三国志演義(さんごくしえんぎ)』を中心にご紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹丕 煮豆」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは?

関連記事:邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者

 


 

曹操の死と曹丕・曹植の不和

死期を悟る曹操

 

延康元年(220年)に曹操はこの世を去りました。

 

皇帝に就任した曹丕

 

遺言により曹丕が後を継ぎました。ところが、曹操の葬式にある人物が訪れませんでした。

 

後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植

 

弟の曹植です。曹植はその昔、曹丕と後継ぎの座を巡って争った人物でした。色々ありましたが最終的に曹操は曹丕を後継者に選びました。

 

曹植は軟弱ではなかった

 

ところが、曹植とその派閥の部下は曹丕のことを恨んでいました。そのため、毎日酒を飲んでは憂さ晴らしをしていました。

 


 

曹植逮捕!

酒におぼれてしまった曹植

 

曹操の葬式に来なかった曹植を尋問するために曹丕は使者を派遣しました。だが、酒に酔った勢いで曹植は無礼な態度をとりました。怒った曹丕は曹植を逮捕しました。

 

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

父に対する不孝の罪という事で曹丕は、曹植を処刑することにしました。

 

曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

 

ところが、ここで母の(べん)夫人がストップをかけました。

「お前たちは私が腹を痛めて生んだ子なのに、殺しあうなんて・・・・・・」

母親に言われると曹丕もギブアップです。

 

曹植は軟弱ではなかった曹植

 

でも、だからといって曹植のやったことは許せません。仕方ないので何かやらせて出来たら罪を許すことにしました。


 

煮豆の詩

曹植

 

曹丕は曹植の得意な詩をお題に出すことにしました。なぜなら、曹丕も詩は得意だからです。彼も『典論』という文学論を執筆するほど、詩に精通しているのです。曹丕は曹植に言いました。

 

「お前は詩が得意と聞くが、その内容については他人の盗作ではないかと私は疑っている。私がお題を出すから、七歩の間に吟じよ」まず最初に近くにあった掛け軸をお題に出します。

 

曹植

 

曹植はスラスラと答えました。見事だったが曹丕は曹植がゆっくり歩いたように見えました。そこで、もう1つお題を出すことにしました。

 

「曹植、お前と私は兄弟だ。兄弟に関する内容を吟じよ」

 

曹植はスラスラと再び答えました。それが有名な「煮豆」の詩でした。以下、次の通りです。

 

枝豆と煮豆 曹丕と曹植

 

豆を煮るに豆萁(ふりがな)を燃やし、豆は釜中に在りて泣く。本(もと)是(こ)れ同じ根より生ぜしに、相煎(い)ること、何ぞ太(はなは)だ急なる。簡単に翻訳すると、豆は収穫すると豆萁は薪代わりとなり豆を煮るが、豆そのものは煮て食べられる。

 

曹丕と曹植

 

豆萁も豆も同じ根から出来たものなのに何で煮たり、煮られたりするのだろうか要するに曹植は自分と曹丕の争いのことを言っているのです。曹丕は曹植の詩を聞くと涙を流しました。

 

曹植は軟弱ではなかった

 

こうして、曹植の罪は許されました。ただし、死刑を許されただけで曹操の葬式に来なかった親不孝の罪は許されずに、都から追放の処分にされました。


  

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が『三国志演義』における有名な「七歩の才」の話でした。今回、正史『三国志』ではなく、『三国志演義』を使用したのには理由があります。

 

曹植と曹丕に期待する曹操

 

実は「七歩の才」は正史『三国志』には記載が無いのです。この話は、劉宋(420年~479年)時代の劉義慶(りゅうぎけい)という人が執筆した『世説新語(せせつしんご
)
』という書物に記載されているのです。ただし内容が短いし時期も曹操の死の直後なのかはっきりとしないので、記事にするには難しいことから『三国志演義』の方を採用したのです。

 

竹林の七賢

 

『世説新語』の内容は「史実」というよりも「小説」に近いです。だから、「七歩の才」の真偽は実際のところ分からないのが真相です。余談ですが「小説」という言葉の本当の意味は「くだらない・つまらない話」です。

 

だから、昔は小説を書くことが一族の恥とされていたのです。小説家にペンネームが存在していたのも、これが理由です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?

関連記事:【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

関連記事

  1. 甄氏(しんし)
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 曹操様お守りします
  4. デザイン担当:よりぶりん

    三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

    江戸時代、戦乱のない平和な時間は人々の知識…


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP